BT

InfoQ ホームページ トランザクション処理 に関するすべてのコンテンツ

  • MongoDB 4.0がマルチドキュメントトランザクションをサポート

    MongoDBがWiredTigerとそのリレーショナルデータベースストレージエンジンを買収したので、技術者はMongoDBがマルチドキュメントトランザクションをサポートする時を推測してきた。今週の発表で、MongoDB 4.0の一部として、この夏に準備が完了する予定である。

  • 現実世界におけるデータ一貫性を語る: Uwe Friedrichsen氏による学術論文へのご招待

    ドイツのベルリンで開催されたmicroXchg 2016 コンファレンスでのUwe Friedrichsen氏のプレゼンテーションは「現実世界におけるデータ一貫性」についての深い見識を示すものであった。Friedrichsen氏はいくつかの学術論文を引合にACID対BASE等の話題に触れ、多くの開発者は典型的なSQLデータベースが保証するデータ一貫性についての正しい知識を持っていないのではないかという見解やデータ一貫性とマイクロサービスの関わりについて語った。

  • FoundationDBのNoSQLデータベースがACIDトランザクションをサポート

    FoundationDBデータベースプラットフォームは、 NoSQLのスケーラビリティとデータベース内の全データ間のACIDトランザクションを重ね備えている。FoundationDBチームは、彼らの新しいNoSQLデータベースプラットフォームが入手できることを先月発表した。

  • RavenDBのファンダが.NETとNoSQLのACIDを語る

    いくつかの新しい機能を搭載したRavenDB 2.0がリリースされた。InfoQはRavenDBの創設者でありプロジェクトリードであるOren Eini氏 (Ayende Rahien)に独占インタビューを行い、プロジェクトの背後で下されたさまざまな意思決定の根拠や今後の計画について話を聞いた。

  • FoundationDBの共同創立者Nick Lavezzo氏へのインタビュー

    FoundationDBはACIDを保証しながらNoSQL並の可用性と性能を提供するデータベースだ。InfoQはこのプロジェクトの創立者のひとりであるNick Lavezzo氏へ独占インタビューを行い、詳しい話を聞いた。

  • Hekaton:SQL Serverに統合されたインメモリのトランザクション処理

    PASS Summit 2012、SQL Serverの専門家向けの技術カンファレンスで、Microsoftは、Hekatonをアナウンスした。これはトランザクション処理(TP)の作業負荷を対象にしたインメモリによる、行ベースのデータ管理システムである。TP速度が古いアプリでは最高10倍、そして新しく最適化されたアプリでは最高50倍の速度増加する、という宣伝に加えて、Microsoftは、 Hekatonが完全に SQL Serverに統合されている、と売り込んでいる。

  • Java EE から .NET へのトランザクションブリッジ

    Bill Heinzman 氏が先日の JavaOne カンファレンスで,エンタープライズ Java と .NET アプリケーションを結ぶプラットフォーム間のトランザクションブリッジについて講演を行った。氏はまた,プラットフォーム間のトランザクションを提供する技術として WS-Atomic Transaction や WS-Coordination などの標準を用いる方法と,共有メモリを使用して Java 仮想マシン(JVM) - CLR 間の直接ブリッジを実装す方法との相違点についても説明している。

  • Percolator: 大規模データ用の逐次更新処理システム

    Google の Daniel Peng,Frank Dabek の両氏は "分散トランザクションと通知を用いた大規模逐次処理 (Large-scale Incremental Processing Using Distributed Transactions and Notifications)" という論文を発表した。この中で両氏は,Google のインデックスシステムのような,数十ペタバイトのデータを数千台のマシンを用いて1日当たり数十億回更新するようなシステムに求められるストレージあるいはスループット要件に対しては,データベースが適切な選択ではないことを論証している。

  • Neo4j: Java ベースの非 SQL グラフデータベース

    NeoTechnology が数年にわたって開発を続けてきた Neo4j の バージョン 1.0 がリリースされた。Neo4j は プロパティグラフ (property graph) データモデルを指向する Java ベースの グラフデータベース (graph database) である。InfoQ では NeoTechnology の COO である Peter Neubauer 氏に,今回の Neo4J リリースの詳細と,開発者に提供される内容について話を聞いた。

  • JNBridgeでJavaと.NETコード間の分散トランザクションを実現する

    JNBridgeは、Javaと.NETのコードがクロスコンパイラに頼ることなくオブジェクトを共有できる技術だ。このスキーマのもと、JVMとCLRは別々のマシン、同じマシンの別々のプロセス、または、同じプロセスでさえも実行できる。JNBridge 5.0では、各プラットフォームのネイティブトランザクションをサポートするように、これらの機能を拡張している。

  • Reservationパターンを使ったSOAトランザクション

    分散コンピューティングの信頼性と管理性を保証するためにトランザクション処理は重要であり、なおかつWS-*標準が存在するにも関わらず、SOAにおけるトランザクション処理に関する実装は、依然としてきわめて稀である。Acron Rotem-Gal-Oz氏の新しい投稿のなかで述べられているReservationパターンは、この問題に対する一つの解決案を提供している。

  • .NET 4 Beta 1、ソフトウエアトランザクショナルメモリをサポート

    マイクロソフトはNET 4.0 Beta 1の新しいバージョンをリリースした。これには、STM.NETと呼ばれるソフトウエアトランザクショナルメモリ機構が組み込まれている。並列処理の共有メモリに対するアクセスをロックを用いて制御する方法の代替になるのがSTMだ。

  • RESTとトランザクション?

    分散トランザクションとRESTでのその位置づけに関する話題は、昨今たびたび取り上げられている。多くの人は、この組合わせを使おうと考えているか、もう既に使っていると述べている。一方、Fielding氏を含む人々は、この2つの組合わせは単純には組み合わさらないと信じている。

  • .NET 4のキャンセルフレームワーク

    .NET 4には、キャンセルに対応したアプリケーションやライブラリの構築を支援する新しい型が含まれる予定である。CancellationToken、 CancellationTokenSource、そしてキャンセル例外という新しい型は、協調的なキャンセルフレームワークを提供する。

  • Javaトランザクションモデルをベースにしたトランザクション戦略

    トランザクションモデルとトランザクション戦略を混同するのは、よくあることである。Mark Richards氏はJava Platform (Local Transaction、Programmatic TransactionおよびDeclarative Transaction)で支持される3つのトランザクションモデルについて、およびこうしたモデルに基づいた4つのトランザクション戦略(Client Orchestration、API Layer、High ConcurrencyおよびHigh Speed Processing)について議論している。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。