BT

InfoQ ホームページ Xen に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • セキュリティとARMサポート改良に重点を置いたXen Hypervisor 4.10

    Xenプロジェクトはハイパーバイザのバージョン4.10をリリースした。x86用アーキテクチャが改良され、ARMプロセッサハードウェアのアップデートがサポートされた他、スケジューラとユーザーインターフェイスが変更されている。

  • Xenのバグの影響でAmazonとRackspaceがサービスを再起動

    Amazon Web ServicesとRackspaceはXenのハイパーバイザにパッチを当てるため、サーバを再起動すると通知した。AWSがクラウドで計画的に再起動を行うのはこれが2回目だ。また、同社は弾性のあるアプリケーションを開発するためのガイダンスを公表している。

  • Xen Project,Mirage 0S 1.0をリリース

    Mirage OSは "クラウドオペレーティングシステム" である。セキュリティ上の脆弱性回避と,単一目的の仮想アプライアンスの開発容易化による普及を目標とする。アプリケーションは関数型プログラム言語OCamlで開発され,Xen ハイパーバイザ上で直接動作するスタンドアロンの "ユニカーネル" にコンパイルされる。

  • プライベートクラウドの総まとめ

    プライベートクラウド,すなわち適用範囲を企業内に限定したクラウドコンピューティングアプローチの人気が高まっている。既存サーバリソースの利用度の高さや管理性の良さ,ペイ・アズ・ユー・ゴー(利用度に応じた費用発生),セルフサービスなど,組織にとって魅力的なメリットが数多くあるのがその理由だ。今回のラウンドアップでは,プライベートソリューションを構成している主な要素をいくつか選び出して,その概要について解説する。

  • Citrixがベアメタル型のデスクトップ/ラップトップ向けハイパーバイザを提供

    CitrixがXenClientをリリースした。これはIntel vPro技術上に構築されたType 1ハイパーバイザであり、管理機能を備えた企業のデスクトップPC/ノートPCをターゲットとしている。

  • XenServerの無償提供により、Citrixが仮想化市場を変える

    1年半前に5億(US)ドルでXenSourceを買収した後、Citrixは「すべてのユーザに無償で無制限の製品の配置」が可能なXenServerの最終版を提供している。この動きは、クラウドコンピューティング時代における仮想化市場に大きな影響を与えそうである。

  • Article: 企業とSaaSの仮想化がもたらすのは、迅速性(アップ)だけではない

    この論文では、仮想化やクラウドサービスの複雑なメリットと実世界における応用を検討します。さらに重要なこととして、Contegixが複雑な問題の解決に仮想化を実装している方法や、仮想化を使うべきではないケースについて詳細を提供します。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。