BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ 受け入れテスト に関するすべてのコンテンツ

  • ASP.NET MVCのテスト方法

    ASP.NET MVC 3のウェブアプリにはいくつかのコンポーネントがある。モデル、コントローラ、ルートハンドラ、ビュー、htmlヘルパー、クライアントサイドのコードなどだ。これらのほとんどは単体テストが実施でき、一部は結合テストが必要だ。この記事ではASP.NET MVC 3のテストをメンテナンスしやすく、動作不良が起き難くする方法を紹介したい。

  • 繰り返しタスクはアジャイルの臭い?

    ストーリーを水平方向のタスクに分割することは「アジャイルの臭い」か?これはスクラム/アジャイル計画会議によく見られ、チームの顧客価値へのフォーカスを損なう悪習なのか?代わりに提案されているのはどんなことなのか?

  • Jim Shore氏、自動受け入れテストは正しい手段ではないと語る

    一般的に認められたアジャイルの文献のほとんどが、ユーザのニーズをとらえる最善の方法は、受け入れテストにエンコードされたサンプル、すなわち「自動受け入れテスト」であると教えている。だが、思想的リーダーであるJim Shore氏はそうではないだろうと言う。その一方で、彼に異を唱える人たちもいる。

  • 安定化スプリント - 必要悪か、それとも純粋な無駄か?

    安定化スプリント("Stabilization Sprint")とは、製品をリリースする前、通常の開発サイクルの最後に付け加えられる付加的なスプリントである。名前が示している通り、このスプリントは通常プロダクトを最後にもう一度叩き、最後のバグを出すためのものである。これはアジャイルに属するものなのか?それとも「完了」すれば充分なのか?

  • メンテナンス可能な自動受け入れテスト

    自動テストはすぐに辻褄が合わなくなってしまい、メンテナンスするのが大変だ。従って企業もテストを自動化したがらない、とDale Emery氏は言う。氏は、最近公開したペーパーにテスト自動化に関わる共通の問題を回避するための実践的な方法を記している。これは、典型的な自動化コードから始めて、より強力でメンテナンスしやすいコードに育てていく方法だ。

  • システム/受け入れテストで日付型と時間型をテストする

    単体テストで日付と時間をでテストする方法はよく話題にあがるが、比較的簡単な解決策がある。もっと難しいのは、時間を受け入れ/システムテストでテストすることだ。どんな方法があるだろうか。

  • .NET 版 Cucumber について,Aslak Hellesøy 氏へのインタビュー

    Cucumber が先日 .NET をサポートしたことに��いて,InfoQ では作者である Aslak Hellesøy 氏にインタビューを行った。Cucumber はビヘイビア駆動開発(BDD)のための受入テストツールである。Agile 2009 の時,InfoQ の Mark Levison が機能テストツールワークショップのレポートとして,Matt Wynne,Richard Lawrence 両氏による Cucumber の .NETソリューション開発開始について伝えたことがある。これが後に Cuke4Nuke という名称になった。

  • 機能テストツールのワークショップ

    機能テスト自動化ツールのテスト技法を改善することに興味を持つ人々が、Agile 2009の前の日曜日に、年に1度のワークショップに集まった。そこでは以下のようなトピックが扱われた。様々なツールのライトニングトークデモ、 Cucumberの.NETへの移植、既存の機能テストツールの互換性についてスプレットシートを使った文書化、キャプチャ/プレイバックツールの限界。

  • 受入テストの自動化 - 理論にすぎないのか、それとも実践的なのか

    要件を受入テストとして記述し、それを自動化することに成功したという報告がこれまでも時折見られている。しかし、これを実践しているのはコミュニティの中の少数派でしかない。各イテレーションの最初に自動化された受入テストを書くという主張は理論的なものに過ぎず、適用事例が少ないということが非効率であることの証明になっているのだろうか。

  • .NET版Webアプリケーション用テスティングライブラリ

    WatiNは.NETによるWeb自動テストのためのオープンソースライブラリだ。WatiNは有名なRubyベースのWatirプロジェクトにインスパイアされたもので、ブラウザを通して行うWebアプリケーシ��ンの自動テストを促進させる。WatiNはC#で書かれているが、テストは.NET言語ならどれでも書くことができる。

  • 実例駆動受け入れテスト

    テストは、開発において不可欠な部分だと考えられる。コードとテストケースは、アジャイルプロジェクトの重要な成果物だ。しかしながら、多くのアジャイルチームにおいてユニットテストと統合テストが受け入れテストよりも注目を集めている。Gojko Adzic氏とLisa Crispin氏が、開発の一環として効率的に受け入れテストを含めるアプローチを提案する。

  • 職人のペアプログラミングツアー

    Corey Haines氏が、最近米国中部でとてもユニークな「ペアプログラミングツアー」に乗り出した。この革新的な旅を始めて三週間になり、Haines氏は数多くのユニークな洞察を明らかにするビデオインタビューを投稿している。

  • 第二回Functional Test Workshopの成果

    Agile Alliance Functional Test Workshopの2回目がアジャイル2008のプレコンファレンスとして開催された。それは一連のオープンスペースセッションとしてJeff Paton氏が中心となって実施された。このワークショップの第一の目的は、最先端の進歩について討論し、自動化機能テストツールの今後の可能性を思い描くことであった。

  • Agile Allianceの機能テストワークショップ

    第二回目のAgile Alliance 機能テストツールワークショップが、Agile 2008 (8月4日(月)) の前日に開催された。これは、今年開催される第二回目のワークショップで、「アジャイルチームが使う自動機能テストツールの水準を、自動的に顧客に対応するテストに高める」ことが目的である。

  • FIT/FitnesseのためのFixture Gallery 2.0リリース

    Fixture Galleryは、FIT/Fitnesseのフィクスチャの公開された手引書であり、Gojko Adzic氏によってバージョン2.0が最近リリースされている。ギャラリーのこのバージョンで追加されたのは、Pythonでウェブのプログラムを作成する人たちのためのPythonのコードサンプルである。

BT