BT
前の記事 rss
  • 人のフォロワー

    スタートアップの視点から見たマイクロサービス

    作者: Susanne Kaiser フォローする 2 人のフォロワー , 翻訳者 大田 緑 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年11月5日 午前4時43分

    マイクロサービスへの旅を始めると、何を考えるべきなのかを知って呆然とするかもしれません。簡単にあてはまる黄金律は存在しません。旅はすべて異なり、どの組織も別の状況に直面します。この記事では、スタートアップの視点から学んだこととチャレンジ、そして、次にマイクロサービスを導入する時にどのようにするかを共有します。

  • 人のフォロワー

    あなたはイノベーションの障害か

    作者: Robert Zazueta フォローする 1 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年9月26日 午前5時38分

    SOAやマイクロサービスを導入して将来を見越したインフラを維持していて、なぜ、イノベーションを起こすのに苦労するのでしょうか。技術の問題ではなく文化の問題です。Rob Zazueta氏は、最新のアーキテクチャのトレンドを導入するより、アジャイル文化に注力する方がメリットがあることを説明します。

  • 人のフォロワー

    すべての開発者が知っておくべき、ソフトウェアアーキテクチャに関する5つのこと

    作者: Simon Brown フォローする 34 人のフォロワー , 翻訳者 高橋 洸 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年1月28日 午後8時59分

    構築しようとしているソフトウェアの分散環境、そしてそれらを開発するチームの分散環境があるとすると、ソフトウェアアーキテクチャの基本を理解することは何よりも重要だ。このトピックの導入として、いくつかの通説の誤りを正すため、全ての開発者が知っておくべきソフトウェアアーキテクチャに関する5つの事項を述べる。

人のフォロワー

より良いチームを作るためのエクササイズ

作者 Justyna Wykowska フォローする 1 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2016年8月9日 午後7時50分

素晴らしい成果をあげるチームは人と成果に対する志向のバランスが完璧です。この記事では、チームの今の上地と完璧な状態を探るための方法を提案します。

人のフォロワー

プロジェクトインセプション - 協力体制を作るミーティングの方法

作者 James Bayer フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 大田 緑 - (株)チェンジビジョン フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2014年10月14日 午後7時57分

プロジェクトを始める前にチームの協力体制を築くことは、効率的、効果的であるために最も重要なことです。この記事では、大きくなったチームで協力体制を築くために、1日インセプションミーティングを実施する方法を説明します。

人のフォロワー

カンバンはどのように動作するか

作者 Amr Noaman Abdel-Hamid フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2014年9月7日 午後7時43分

の記事ではカンバンの力学を調査し、その動作原理を待ち行列理論で説明します。3つのケーススタディを調査し、カンバンの動作原理についてのアイディアを示します。

人のフォロワー

自己組織化チームはなぜ必要か?

作者 Sigi Kaltenecker フォローする 2 人のフォロワー , Peter Hundermark フォローする 2 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2014年8月31日 午前2時2分

優れた自己組織化チームについてのシリーズ記事の第2回目では,自己組織化チームが必要な理由について論じます。

人のフォロワー

効果的なテストの文化を創る

作者 Wes McClure フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2014年8月31日 午前1時54分

誰しも開発したソフトウエアに自信を持ちたいと思っています。テストが重要なのはわかっているのですが、どうやって効果的なテストの文化を創ればいいのでしょうか。

人のフォロワー

ソフトウェア開発プロセスから無駄を省くための7つの方法

作者 Cecil Dijoux フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2014年8月17日 午後8時53分

ソフトウエアベンダでリーンソフトウエア開発を実践し、7つの大きな変化を生み出すことでR&D部門の無駄を削除しました。

人のフォロワー

自己組織化チームとは何か?

作者 Sigi Kaltenecker フォローする 2 人のフォロワー , Peter Hundermark フォローする 2 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2014年8月7日 午前1時39分

自己組織化チームについて学ぶシリーズの最初として,この記事では,自己組織化チームとは何かを探求します。

人のフォロワー

「Ameba流Scrum」を浸透させるために私たちが実践したこと

作者 サイバーエージェント アメーバ事業本部 サービス部門 コミュニティ事業部 大﨑浩崇氏 フォローする 0 人のフォロワー , InfoQ編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日  2014年5月14日 午前1時33分

現在、コミュニティサービスだけでも40以上のサービスが提供されている、サイバーエージェントの「Ameba」サービス群。ネットユーザーの嗜好をとらえたサービスを短期間で次々とリリースできる秘訣は、各開発チームが導入し実践するScrum開発手法にある。ScrumはAmebaにおいてどのように浸透していったのか。同社アメーバ事業本部サービス部門コミュニティ事業部の大﨑浩崇氏に推進の過程やコツを聞いた。

人のフォロワー

アジャイル時代のモデリング: アジャイルチーム拡大のためにはコードの次に何を保つべきなのか

作者 Kenji Hiranabe フォローする 2 人のフォロワー , 翻訳者 鄭道鉉 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2013年11月19日 午後6時56分

アジャイル開発では動くコードが最古も重要なチームの成果物ですが、我々はあいかわらずモデリングが必要です。平鍋健児氏は開発のスケーリングにフォーカスを当て、適切なモデリングについて探求します。 1

BT