BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Agile に関するすべてのコンテンツ

  • プロセス改善と組織が変化するためのデザイン思考ロードマップ

    組織と組織の人々が改善したい問題を理解し、問題の解決策を見つけ、長年の組織の運営方法を大きく変える実行可能で価値の高い推奨事項を提供する方法とは? この記事では、NASAでデザイン思考手法を使用して、組織の変化とプロセスの改善を推進し、組織に影響を与える方法を示します。

  • AIはDevOpsに取って代わるのか?

    AIツールは開発者の役割をゆっくりと - DevOpsがかって行ったように - 置き換えています。そして最終的には、DevOpsに完全に取って代わるでしょう。この予測の正しさを評価するのは難しいのですが、この記事では、AIが開発プロセスにもたらすものは何かを確認した上で、それが人間である開発者の作業を本当に引き継ぐことができるのか、数十年後のDevOpsがどのようなものになっているのかを見ていきます。

  • 多様性を活用したサイバーセキュリティの強化

    サイバーセキュリティに多様な考え方を適用するには、どうすればよいでしょうか? 非技術系の人たち、非伝統的なバックグラウンドを持つ人たちが参加して、意図的に群衆心理を回避することが必要です。私たちの業界がベストプラクティスとしてセキュリティの徹底を推奨するならば、それはとりもなおさず、多様性を徹底的に確保することで、あらゆるリスクを最も効果的に軽減する必要がある、ということでもあるのです。

  • 技術的負債は技術でない:技術的負債を減らすために企業ができること

    この記事では、3人の専門家が「技術的負債の状況2021」レポートの主な調査結果について説明します。その内容は、技術的負債がエンジニアリングチームに与える影響、メンテナンス作業を継続的に取り組むことの長所と短所、技術的負債の将来などです。そして、各エンジニアリングチームが、技術的負債への取り組みの重要性を企業のリーダーシップに伝えるためにできることも含みます。

  • マインドマップ駆動テストでテスト戦略を強化する

    マインドマップ駆動テストにより、テスタはテストアイデアの生成に集中でき、思考をあきらかにし、アイデアを効果的にブレインストーミングして整理することができます。この記事では、マインドマップに関するアイデアと知識を共有し、テストの計画、整理、記録、提示、およびレポートを行うためのリーンドキュメントとしてそれらを使用する方法を示します。

  • OKRはアジャイルを復活させるか?

    企業アジャイル(Coorporate agile)は多くの場合、かつての状況に比べれば進歩ではありますが、マネジメントの求めるハイパフォーマンスの提供や、開発者の夢見る高品質なエンジニアリング環境には遠く及びません。バックログは圧制の手段へと化しています。OKR(Objectives and Key Results)は、アジャイルのラジカルな面を取り戻せるでしょうか、それとも、指揮統制型マネジメントへの回帰に過ぎないのでしょうか?

  • The Flow System - 複雑な問題を解決するためのリーダシップ

    "The Flow System"では、複雑性思考、分散型リーダシップ、チームサイエンスをフローの3重らせん(Triple Helix of Flow)に組み合わせることで、複雑性の時代におけるリーン思考を向上し、組織がより革新性、適応性、回復性を持つために使用可能なものにしています。今回の2回目の記事では、この複雑性思考、分散型リーダシップ、チームサイエンスによる3重らせんを取り上げます。

  • コンパイルされ、型付けされ、RubyにインスパイアされたCrystal言語がプロダクションに対応 - Beta Ziliani氏とのQ&A

    Crystal言語は、開始から12年後にプロダクションに対応しました。Crystalはパフォーマンスのためにコンパイルされ、安全性のために型付けされ、生産性のためにRubyに似ています。強力な型推論により、開発者はスパース型注釈のみを必要とします。言語のトレードオフ、現在の機能、および言語のロードマップについて、Crystalチームの責任者にインタビューしました。

  • 2021年のDevopsとDevsecopsの普及を左右する9つのトレンド

    DevOpsとDevSecOpsの価値を理解することは重要ですが、しかしこれらは、あらゆる規模に適合するような、堅牢かつ不変のパラダイムという訳ではありません。この記事では、DevOpsとDevSecOpsにおける現在進行中の発展について見ていきます - その採用を推進し、影響を与える9つの重要なトレンドを探し出し、そのそれぞれについて、開発や管理に関わる数多くのアプローチとともに説明します。

  • Kubernetesでの分散システムの進化

    3月のQConで、RedHatのプロダクトマネージャであるBilgin Ibryam氏が、Kubernetesを使用した分散システムの進化について講演しました。あなたはそれに対する答えを持っているかもしれません、そしてIbryam氏もそれを持っています。記事の終わりに、あなたは彼の答えがどのようになるかを知るでしょう。

  • スクラムガイド 2020の変更点: Ken Schwaber氏とJeff Sutherland氏とのQ&A

    スクラムガイドは、より多くの読者に対応するために、より単純な言語を使用して、より指示的でないように更新されました。これらの変更は、スクラムを「複雑な問題に対応する適応型のソリューションを通じて、人々、チーム、組織 が価値を生み出すための軽量級フレームワーク」にするために行われました。ガイドの変更についてKen Schwaber氏とJeff Sutherland氏にインタビューしました。

  • 3つの一般的なエンジニアリングの神話を打ち破る

    この記事では、エンジニアを悩ませることが多く、特に現在または意欲的なエンジニアリングリーダである場合に、エンジニアが潜在能力を最大限に発揮できないようにする可能性のある3つの一般的な神話を明らかにします。 また、これらの限定的な信念から離れて自分の人生のシフトを開始するためにすぐに実現できるいくつかの実用的なアイデアを提供します。

BT