BT
rss
50:44
人のフォロワー

【QCon Tokyo 2011】クラウド パネル ディスカッション

作者 InfoQ Japan 編集部  投稿日  2011年8月4日 午後10時35分 作者 InfoQ Japan 編集部 フォローする 0 人のフォロワー  投稿日  2011年8月4日 午後10時35分

QConTokyo2011にて開催されましたクラウドパネルディスカッションです

49:48
人のフォロワー

【QCon Tokyo 2011】クラウドセッション 山下 克司 氏

作者 InfoQ Japan 編集部  投稿日  2011年7月26日 午後9時7分 作者 InfoQ Japan 編集部 フォローする 0 人のフォロワー  投稿日  2011年7月26日 午後9時7分

分散クラウド型プラットフォームを考える 企業システムにおいてクラウドコンピューティングは分散型の処理技術の採用へと進んでいくでしょう。この流れはSOAからの連続した流れの中で捉えていく必要があります。このセッションでは企業システムの発展の方向性のなかで分散型のクラウド技術の適用にかかわる方向性を示唆し、その発展を支えるスキル、人材像について語ります。

53:43
人のフォロワー

【QCon Tokyo 2011】クラウドセッション Adrian Cockcroft 氏

作者 InfoQ Japan 編集部  投稿日  2011年7月26日 午後9時4分 作者 InfoQ Japan 編集部 フォローする 0 人のフォロワー  投稿日  2011年7月26日 午後9時4分

Netflix はビデオやテレビ番組を楽しめる世界でも先進的なインターネット契約サービスです。ソフトとアーキテクチャをクラウドに適応させるために再設計しました。その目的には、ホリゾンタルスケール、高可用性、高度な開発者の生産性、そしてより早いエンドユーザーへのレスポンスです。

50:10
人のフォロワー

【QCon Tokyo 2011】クラウドセッション 萩原 正義 氏

作者 InfoQ Japan 編集部  投稿日  2011年7月26日 午後8時39分 作者 InfoQ Japan 編集部 フォローする 0 人のフォロワー  投稿日  2011年7月26日 午後8時39分

クラウドのデータアーキテクチャ―設計の原則 大規模システム設計におけるアーキテクチャー原則に則り、クラウドのデータアーキテクチャーでRDB、NoSQLなどのデータモデルと、オブジェクト指向や関数型などのパラダイムを組み合わせて設計する場合の問題点とその解決のためのヒントを与える。

57:07
人のフォロワー

【QCon Tokyo 2011】基調講演 伊藤 直也 氏

作者 InfoQ Japan 編集部  投稿日  2011年6月14日 午後11時49分 1 作者 InfoQ Japan 編集部 フォローする 0 人のフォロワー  投稿日  2011年6月14日 午後11時49分 1

Webアプリケーションエンジニアがみてきたこの10年 伊藤氏自身がエンジニアとしてどのような人生を歩んできたか、これまでのWEBの変遷と合わせて振り返り、WEBエンジニアの持つ可能性について語る。

53:20
人のフォロワー

【QCon Tokyo 2011】基調講演 Eric Evans氏

作者 InfoQ Japan 編集部  投稿日  2011年6月1日 午後9時32分 作者 InfoQ Japan 編集部 フォローする 0 人のフォロワー  投稿日  2011年6月1日 午後9時32分

QCon Tokyo 2011基調講演 ドメインモデルが真に役立ち、ソフトウェアがビジネスに高い価値を提供するようになるためには一体何が必要なのか。 また、どうしたらモデルを有用なものにでき、モデルを活用して動くソフトウェアをきちんと作りだすにはどのようにすればよいのか。 Eric Evans 氏が語る。

24:49
人のフォロワー

トヨタの新車開発 -Agile2008より-

作者 平鍋 健児  投稿日  2008年10月29日 午後9時3分 作者 平鍋 健児 フォローする 1 人のフォロワー  投稿日  2008年10月29日 午後9時3分

Agile 2008で行われたこのプレゼンテーションで、平鍋健児氏がトヨタの新車開発プロセスについて語った。 平鍋氏が、トヨタの元チーフエンジニア、片山信昭氏と出会った経験から得た知識と、彼から学んだ教訓を披露する。

04:24
人のフォロワー

"YUKATA"から始まるコミュニケーション(Agile2008 ライトニングトークより)

作者 串田 幸江  投稿日  2008年9月4日 午前2時31分 作者 串田 幸江 フォローする 0 人のフォロワー  投稿日  2008年9月4日 午前2時31分

私は「浴衣」を着てパーティーに参加したことで、たくさん声を掛けていただけました。 そこで感じたことは、このカンファレンスが人との繋がりを生み出し、また言葉の壁を越えて積極的に交流する場所であることです。民族衣装はそれらを助けてくれるものでした。きっとこの交流が、新たなムーブメントをアジア圏の仲間たちにも与えてくれると確信しています。

BT