BT

InfoQ ホームページ Agile in the Enterprise に関するすべてのコンテンツ

アーティクル

RSSフィード
  • アジャイルアンチパターン:システム思考アプローチ

    アジャイルアンチパターンは、「ソリューション」や「回避策」のように見せかけることがある。この記事では、システム思考アプローチを使用して新世代のアジャイルアンチパターンを認識および分類することの重要性について説明する。アジャイルチームとより幅広いビジネスの間でシステム思考の文化を築くための効果的な手段として、バリューストリームを使用して共有言語を作成および促進する方法を示す。

  • アジャイル作業のスケールアップアプローチはなぜ失敗するのか?

    多くの組織がアジリティの拡大に苦慮しています。組織はそれぞれ違いますが,大部分の組織が直面している主な課題には共通のパターンがあります。すなわち,組織デザインの問題,他のコピーをしようとする,”組織規模を問わない”スケールアップ,エンジニアリングプラクティスの軽視です。この記事では,その理由と取るべき手段を論じた上で,3つの主要なスケーリングフレームワークを比較します。

  • マネージャの視点からのアジャイルの実践

    “完璧は善の敵”、それならなぜうまくいっていることを変えるのだろうか? この記事はアジャイルの実践についての実話に基づいており、あなたは以下の質問に対する答えを見つけるだろう: なぜマネージャはウォーターフォールチームがアジャイルになることを恐れているのか? ウォーターフォールの環境で働くとき、あなたのマネージャはどんなジレンマを抱えるか?さて、変化するべきか、しないべきか?

  • あなたはイノベーションの障害か

    SOAやマイクロサービスを導入して将来を見越したインフラを維持していて、なぜ、イノベーションを起こすのに苦労するのでしょうか。技術の問題ではなく文化の問題です。Rob Zazueta氏は、最新のアーキテクチャのトレンドを導入するより、アジャイル文化に注力する方がメリットがあることを説明します。

  • カンバンはどのように動作するか

    ソフトウエア開発や継続的改善を管理するシンプルで効率的な方法として、カンバンにますます関心が集まっています。しかし、カンバンとはどのように動作するのでしょう。この記事では、待ち行列理論を使って、カンバンを深く掘り下げます。また、ケーススタディを通じて、カンバンの基本的な概念と示唆に富んだアイディアを明らかにします。

  • 自己組織化チームはなぜ必要か?

    私たちの世界では変化は日常であり,"ビジネス的アジリティ"が求められます。組織を運営する上で,古い地図はもはや役に立ちません。体系的思考に基づいた,新たな地図が必要です。優れた自己組織化チームについてのシリーズ記事の第2回目では,自己組織化チームが必要な理由について論じます。

  • 効果的なテストの文化を創る

    誰しも開発したソフトウエアに自信を持ちたいと思っています。テストが重要なのはわかっているのですが、さまざまなテスト方法を学習するときの障害を克服した上で、自分たちの仕事に自信を持つことを妨げているのは何なのでしょうか。

  • ソフトウェア開発プロセスから無駄を省くための7つの方法

    約2年間、ソフトウエアベンダでリーンソフトウエア開発を実践し、段階的に7つの大きな変化を生み出すことでR&D部門のソフトウェア開発プロセスから無駄を削除しました。

  • 自己組織化チームとは何か?

    自己組織化チームとは何か,どうすれば効果的にサポートできるか,といった情報はあまり多くはありません。今回の記事では,自己組織化チームについて学ぶシリーズの最初として,自己組織化チームとは何かを探求します。

  • 「Ameba流Scrum」を浸透させるために私たちが実践したこと

    現在、コミュニティサービスだけでも40以上のサービスが提供されている、サイバーエージェントの「Ameba」サービス群。ネットユーザーの嗜好をとらえたサービスを短期間で次々とリリースできる秘訣は、各開発チームが導入し実践するScrum開発手法にある。ScrumはAmebaにおいてどのように浸透していったのか。同社アメーバ事業本部 サービス部門 コミュニティ事業部の大﨑浩崇氏に推進の過程やコツを聞いた。

  • かんばんはただの常識か?

    私たちは、製品開発について考える時に、経験則の概念がどれほど強力かを見てきました。アジャイルマニフェストは、個々のアジャイルプロセスとプラクティスを使って、経験則をまとめたものだと考えられます。このかんばんシンキングモデルは、注目すべき重要な分野を含む5つのかんばんの経験則と、改善に関する3つの影響が含まれています。

  • 技術的負債を管理する

    技術的負債は、出来るだけすぐに返済すべき悪いことだと広く考えられていますが、うまく管理すれば、短期間の利益と長期間の生産性のバランスをとる戦略となります。この記事では、プロジェクトが技術的負債を返済できるさまざまな方法と、返済したほうがよいか、負債を転換するか、利息だけを支払うかを決めるために、熟考しなければならないことを説明します。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。