BT

Ready for InfoQ 3.0? Try the new design and let us know what you think!

前の記事 rss
人のフォロワー

MesaグラフィクスライブラリのためのIntelの継続的インテグレーション

作者: Hrishikesh Barua フォローする 18 人のフォロワー , 翻訳者 sasai _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年11月20日 午前3時28分

Mesa CIは、Mesaグラフィックスライブラリのビルドおよびコンプライアンス・テストスイートを実行するためのIntelの継続的インテグレーションシステムだ。200を超えるシステムで動作し、1日に数千万のテストを実行している。

人のフォロワー

MicrosoftがAzure Pipelinesを発表、オープンソースにCI/CDを無償で提供

作者: Eldert Grootenboer フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年11月12日 午前8時27分

MicrosoftはAzure DevOpsプロダクトの一部として、CI/CDサービスのAzure Pipelinesを新たに発表した。ワークロードの構築、テスト、デプロイを可能にし、さまざまな言語やプロジェクトタイプ、プラットフォームと連携する。

人のフォロワー

Jenkinsが安定性、操作性、クラウドネイティブ対応性に注力

作者: Hrishikesh Barua フォローする 18 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする  人のフォロワー   投稿日  2018年11月2日 午前12時23分

Jenkinsプロジェクトチームは、安定性に関する問題と、Kubernetesなどプラットフォームの実行サポートの改善に活動の重点を分割することを決定した。前者が後方互換性のない変更の問題やリリースモデルの変更、事前構成されたインストールの拡充などを扱うのに対して、後者は既存のJenkins Xプロジェクトと同じラインで活動する予定である。

人のフォロワー

"GitOps": WeaveworksがCI/CD実践に使用する開発者モデルを公開

作者: Daniel Bryant フォローする 824 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年11月2日 午前12時18分

この1年間、Weaveworksの開発チームは、開発用ツールを運用と継続的デリバリの実現に使う、“GitOps”と名付けた彼らのプラクティスに対して、そのアイデアを洗練する作業を続けてきた。

人のフォロワー

GitHubが開発者向けのワークフローツールをリリース:Actions、Suggested Changes、.NET/Java向けのSecurity Alerts

作者: Sergio De Simone フォローする 21 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T _ フォローする  人のフォロワー   投稿日  2018年10月29日 午前9時7分

サンフランシスコで開催されたGitHub Universeで、GitHubは、開発者に対して、アクション、推奨される変更、.NETとJava向けのセキュリティアラートなどのワークフローをより効果的にするための、新しい多くのツールを発表した。

人のフォロワー

分散チームの同調を保つには

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年9月24日 午後11時13分

分散チームの最大の課題はコミュニケーションである。コミュニケーションは、コラボレーションの基本ルールを確立する上で不可欠なものだ。お互いの連絡に都合のよい勤務時間へのシフトやチームリエゾンは、コミュニケーションと作業同期を行なう上で有効な手段である。信頼と尊敬とオープン性に立脚したチームは、組織全体の人々を積極的に支援し、チーム間の同調を維持する文化を育む。

人のフォロワー

イベントソーシングを採用したeBayの継続的デリバリ実装

作者: Jan Stenberg フォローする 39 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年9月12日 午前2時49分

eBayのContinuous Deliveryチームはイベント中心のアプローチを使用して、ビルドパイプラインの処理量増加に対処可能なスケーラビリティを備えた、継続的デリバリのためのオーケストレータを構築した。John Long、Nataraj Sundar両氏は、イベントソーシングの全般的メリットとアプリケーション開発に関して、氏らが認めたアドバンテージを2つのブログ記事で説明している。

人のフォロワー

Jiraのエコシステムを拡大するAtlassian

作者: Diogo Carleto フォローする 46 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年9月9日 午後9時34分

Atlassianは、Jiraのエコシステムの拡大を発表した。BitbucketとJiraのよりしっかりとした統合、OpsGenieの買収、インシデント管理システムのプラットフォームであるJira Opsの発表などだ。

人のフォロワー

ShppableとPacketがネイティブArm CI/CDで協業

作者: Helen Beal フォローする 6 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年9月7日 午前12時2分

DevOps自動化プラットフォームのShippableと、ベアメタルクラウドプロバイダのPacketは、Arm®v8-Aアーキテクチャ用のソフトウェアアプリケーション開発者を対象とした、継続的インテグレーションとデリバリ(CI/CD)機能のホスト提供を共同で発表した。このソリューションにより、オープンソースと商用のソフトウェアプロジェクトは、PacketクラウドのArmベースのマシン上で、自身のソフトウェアを構築および評価できるようになる。

人のフォロワー

Netflixから“しなやかさ"を学ぶ - カオスエンジニアリングを論じたQCon NYでのHaley Tucker氏の講演より

作者: Daniel Bryant フォローする 824 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年9月3日 午前6時40分

QCon New YorkでHaley Tucker氏は、“UNBREAKABLE: Learning to Bend but Not Break at Netflix”と題して講演し、Netflixでのさまざまな役割を担当して学んだカオスエンジニアリングの経験について論じた。おもな内容は次のとおりだ - 障害分離のための機能シャーディング(functional sharding)の使用、RPC呼び出しの継続的なチューニング、小さなイテレーションでのカオス試験の実施、”カオスの原則”の適用。

人のフォロワー

Electric CloudがDevOps向けの予測分析機能をローンチ

作者: Helen Beal フォローする 6 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年8月19日 午後8時37分

ElectricFlow DevOps Foresightでは、リリースパイプラインのパターン識別にディープラーニングを導入して、ソフトウェアリリースの成功可能性を評価し、パイプラインのパフォーマンスとアプリケーション品質を漸進的に向上するためのレコメンデーションを生成している。

人のフォロワー

すべてのマネジメントをアジャイルに - Fin Goulding氏の講演より

作者: Helen Beal フォローする 6 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年8月16日 午後9時0分

AvivaのインターナショナルCIOであるFin Goulding氏が、先日のDevOps Enterprise Summit Londonで、組織全体のフロー原理(flow principles)によるアジャイル能力向上について講演した。講演で取り上げられた内容のいくつかについて、詳しい説明を氏に依頼した。

人のフォロワー

クラウドネイティブな継続的デリバリのためのパターンとプラクティス

作者: Manuel Pais フォローする 9 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年8月16日 午前4時29分

RIO — Volkswagenのトラックおよびバス部門 — のチーフアーキテクトであるChristian Deger氏が、先頃ロンドンで開催されたContinuous Lifecycle Conferenceで、クラウドネイティブな継続的デリバリを実装するためのパターンとプラクティスについて講演した。

人のフォロワー

専任チームによる継続的デリバリの実現

作者: Manuel Pais フォローする 9 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年8月5日 午後11時19分

Robin Weston氏が、先日のContinuous Lifecycle Londonで、独立した開発サポートチームの支援によって、変革への抵抗が強くサイロ化した企業への継続的デリバリプラクティスの導入に成功した、自らの経験を語っている。新たなテクノロジやツールの導入よりも、チームが重視したのは、共有とチームの教育だった。その対象となったプラクティスは、継続的インテグレーションからテストピラミッドの採用、あるいはムダの特定によるサイクルタイム短縮まで、広きにわたる。

人のフォロワー

観測可能な分散システムを構築する

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年7月19日 午後9時21分

今日のシステムはますます複雑化している。ネットワーク上に分散し、ダイナミックにスケーリングするマイクロサービスでは、さまざまな方法で障害が発生するため、その予測は必ずしも可能ではない。可観測性(observability)を重視することにより、それまでは考えたこともなかった、システムに対する疑問を持つことが可能になる。この目的に使用可能なツールとしては、メトリクス、トレース、構造化および相関化ログなどがある。

BT