BT

InfoQ ホームページ アジャイル技術 に関するすべてのコンテンツ

  • HashicorpのWaypointは、プラットフォーム間で一貫したビルド・デプロイワークフローを目標としている

    HashiCorpはWaypointを発表した。これは、Kubernetes, AWS ECS、Nomad、Google Cloud Run、Docker、Buildpacks、Azure Container Instancesなどのさまざまなプラットフォーム間で一貫したビルドとデプロイのワークフローを提供することを目的としたオープンソースプロジェクトである。

  • CircleCIがAPIバージョン2をリリースし、Insightsエンドポイントを改善

    CircleCIは、そのAPIのバージョン2リリースでインサイトエンドポイントの安定性が向上した。インサイトエンドポイントを使用すると、ジョブとワークフローのステータスを追跡し、ジョブの期間を監視し、リソース消費を最適化する可能性を調査できる。

  • GitHubコードスキャンはベータ版終了

    1年前、GitHubは、Semmle QLクエリ言語を備えたセマンティックコード分析エンジンのメーカーであるSemmleの買収を発表した。数か月のベータ版を経て、GitHubは現在、すべてのパブリックリポジトリとプライベートリポジトリで新しいCodeQLベースのコードスキャン機能が利用可能になったことを発表している。

  • サーバレスバックエンドでWebアプリ開発のイテレーションを迅速化する

    AWSは先頃、3編からなる技術記事シリーズを公開して、Webアプリの反復開発の頻度と製品要件変更への対応能力を向上する、サーバレスバックエンド構築のアドバンテージについて説明したこれらの開発方法論とアーキテクチャによって、開発のフレキシビリティが向上する反面、クラウドベンダサービスへの結合度は高くなる。

  • 社内プラットホームチームを効果的に管理する - Camille Fournier氏の講演より

    Two Sigmaでプラットフォームエンジニアリングの責任者を務めるマネージングディレクタのCamille Fournier氏が先頃、社内のプラットフォームチームエンジニアリングチームのマネジメント経験から自身が得た教訓について講演した。氏が指摘した2つの大きな課題は、カスタマベースが小規模であることと、カスタマがプロダクトをどのように使用しているかを理解することの問題だ。

  • GitHub CLIが1.0に到達、CI/CDワークフローのスクリプト作成を可能にする

    昨年2月にベータ版でリリースされたGitHub CLIがバージョン1.0になった。GitHubによると、問題からレビュー、リリースまでのワークフロー全体にGitHub CLIを使用できる。さらに、GitHub APIをスクリプト化して、使用可能なアクションを自動化できる。

  • Bryan Liles氏がCI/CDパイプライン���構成可能なブロックとして再考

    VMWareのシニアスタッフエンジニアであるBryan Liles氏は、CI/CDパイプラインを構築する際のパターンと推奨事項の考えについてDeliveryConfで語った。Liles氏は、単にJenkinsやSpinnakerを使用するような、実装ではなくパターンとしてCI/CDについて考えることを勧めている。交換可能なコンポーネントを備えたコンポーザブルブロックを備え、テクノロジースタックに依存しないプラットフォームを構築できる必要がある。

  • Maven 3.7はWrapperがデフォルトで含まれる

    Apache 3.7.0には新しいWrapperユーティリティが同梱され、既存のMavenインストールがなくてもプロジェクトを簡単に構築できる。

  • Jib で Java アプリケーションをコンテナ化

    Jib は、Java アプリケーションのためのスペース効率的で最適化された Docker と OCI イメージを構築するためのオープンソースツールだ。開発者や CI/CD の経験をさらに向上させるために、常に新しい新機能を追加している。目玉機能としては、Jib プラグイン拡張フレームワーク、人気のあるアプリケーションフレームワークのネイティブサポート、CI/CD パフォーマンスの向上、Skaffold を使用したローカル Kubernetes 上での開発体験の強化などが挙げられる。

  • Gojek devXチームがどのようにしてモバイルアプリのCIで課題に取り組んだか

    Gojekの開発者エクスペリエンス(devX)チームは最近、AndroidおよびiOSモバイルアプリの開発とインテグレーションのスケーリングに関する課題にどのように取り組んだかを説明した。彼らは、より速いフィードバックを提供するためにパイプラインを分離��ることの重要性を強調した。

  • Application ManagerがGitOpsをGoogle Kubernetes Engineにもたらす

    Googleは、アプリケーションの構成とライフサイクル管理を簡素化することを目的として、Kubernetes Application Managerを立ち上げた。これは、Anthosの一部でもあるGoogle Kubernetes Engine(GKE)のアドオンとして提供されるアプリケーション配信ソリューションである。Kubernetesはコンテナ化されたアプリケーションの管理に広く使用されているが、エンドツーエンドのKubernetesライフサイクル管理には課題がある。

  • Cloud Development KitでTypeScriptやPythonを使ったTerraformコンフィギュレーション生成が可能に

    AWS、HashiCorp、Terrastackの3社は共同で、CDK for Terraform、別名cdktfのプレビュー版をリリースした。インフラストラクチャ・アズ・コードの管理に、PythonやTypeScriptといったプログラミング言語を使用することができる。cdktfはJSONのTerraformコンフィギュレーションを生成する。Terraformレジストリにある既存のモジュールやプロバイダもサポートしており、AWSやAzure、Google Cloudにリソースをデプロイすることも可能だ。

  • OverOpsが第2回の年次DevOps調査結果をリリース

    継続的信頼性(continuous reliability)プラットフォームベンダのOverOpsは、先日実施した調査の結果から、DevOps向け投資活動の中において、企業が最も多くの投資を行っているのが、ソフトウェア開発の定常的フローの実現を目的としたものであることを確認した。調査では、エンジニアリングチームが最先端のテクノロジやプラクティスを支持する中で、特に自動コード分析の採用が増えていることも明らかになっている。

  • 脆弱性スキャナTrivyがDockerおよびHarbour内の統合オプションとして利用可能に

    Aqua Securityは、オープンソースの脆弱性スキャナであるTrivyが、多くのプラットフォームで統合オプションとして利用できるようになったことを発表した。Trivyは、オペレーティングシステム内の脆弱性と、多くの一般的なアプリケーションの依存関係をスキャンできる。

  • NGINXは、アプリケーションビューを統合するために大幅に再設計したController 3.0をリリース

    NGINXは、NGINXデータプレーンを管理するためのコントロールプレーンソリューションであるNGINX Controller 3.0のリリースを発表した。3.0リリースでは、Controllerの完全な再設計により、コントローラが「アプリ中心のエクスペリエンス」に移行し、アプリケーションレベルでインフラストラクチャとインタラクションできるようになる。3.0リリースには、完全な設定API、ロールベースのセルフサービスポータル、組み込みの証明書マネージャーが含まれる。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。