BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ アジャイル技術 に関するすべてのコンテンツ

  • Litmus 2.0リリースでマルチテナンシー、カオスワークフロー、GitOps、可観測性を提供

    先月、Litmus 2.0が一般向けとしてリリースされた。カオスエンジニアリングを簡素化することを目的としており、カオスセンター、カオスワークフロー、カオス用GitOps、マルチテナンシー、可観測性、プライベートカオスハブなどの新機能を追加している。InfoQは、ChaosNativeのCEOであり、Litmusエンジニアリングプラットフォームの共同作成者および保守担当者のUmasankar Mukkara氏にインタビューした。

  • Travis CIの脆弱性が顧客の秘密を漏洩した可能性

    人気の継続的インテグレーションおよびデリバリーサービスであるTravis CIは、署名キー、アクセスクレデンシャル、APIトークンなどのセキュアな環境変数を漏洩する可能性のある脆弱性を明らかにした。この欠陥は9月10日にすぐに修正されたが、開発者コミュニティはこの問題のTravis CIの対応が不十分であることに気づいた。

  • テスト戦略によってデプロイメント作業の完成度とプロダクト品質を向上する

    テスト戦略の実践は、運用環境への"プッシュ・アンド・プレイ(push and pray)"デプロイメントから、継続的かつ確信を持って行うデプロイメントへの移行を支援する。さまざまなイネーブラ(enabler)を備えたフレームワークにマッピングすることにより、テストという強力なセーフティネットの下で、運用への移行に先立ってプロダクト全体の品質メトリクスを調整することが可能になるのだ。

  • MLOps: 機械学習システムの継続的デリバリー

    機械学習モデルの開発、導入、生産性の維持は、多くの困難を伴う複雑で反復的なプロセスだ。MLOpsとは、MLモデル、特にMLシステムの開発にシステムの運用を組み合わせることを意味する。MLOpsを機能させるには、データサイエンスの反復と探索コンポーネントと、より線形のソフトウェアエンジニアリングコンポーネントとのバランスをとる必要がある。

  • 外部ITプロバイダがDevOpsプラクティスを採用するには

    ITサプライヤは、プロダクト開発に実験的アプローチを採用して、小さなプロダクト増分を運用環境で検証するという、小規模バッチで作業することにより、"you build it, you run it"というマントラに従うことができる。サプライヤはクライアントの目標が何であるかを見つけなければならない。そして、コラボレーション開発を行うためには、それをサプライヤ自身の目標にしなくてはならないのだ。

  • DevOpsの4つのキーメトリクスの計測から学んだこと - 改善すべき領域の特定

    ITの4つのキーメトリクスの計測は、企業のソフトウェアデリバリプロセスのパフォーマンスを評価するための手段である。これらのメトリクスを継続的に監視することが、投資対象を判断する上での一助となり、パフォーマンス改善への指標になる。

  • GitLabがFalcoベースのツールで、悪意のあるコードを検出するためのPackage Hunterをオープンソース化

    GitLabは、新しいオープンソースツールPackage Hunterをリリースした。このツールの目的は、サンドボックス内でプロジェクトの依存関係を実行することで悪意のあるコードを検出することである。Package Hunterは、Falcoを利用して、実行時に予期しないアプリケーションの動作を検出する。

  • 分散型DevOpsチーム:ノンストップデリバリーの実現

    連絡を取り合い、分散したチームとして団結することは、多くの人が直面する課題だ。共有バックログからストーリーを割り当てることで、分散チームがノンストップデリバリを行うことができるようになる。そして、チームのすべてのメンバーに、必要に応じてコードを本番環境に昇格させたり、昇格を取り消したりする権限を与えた。同じような、あるいは重複するマイクロサービスが作成されないように、アーキテクチャに注意する必要がある。

  • InfoQ Live 8月17日:クラウドネイティブ、CI/CD、サービスメッシュなどを深掘り

    実用において、すべての開発チームが、クラウドコンピューティングデリバリモデルの利点を利用するアプリケーションの構築・実行においてメリットを受けるであろう。今年の8月17日、InfoQ Liveのソフトウェアリーダーは、サービスメッシュ、CI/CD、クラウドネイティブのベストプラクティスと落とし穴などのトピックを深掘りする。参加しましょう。19.95ドルで今すぐ予約を。

  • InfoQ Live 7月20日: DevOpsのソフトウェアサプライチェーン、フィーチャーフラグによる負債の削減

    最新のDevOpsプラクティスは、品質の問題なしにソフトウェアのデリバリーをどのように加速できるのでしょうか? 自動化、継続的テスト、およびサプライマネージメントの手法によって、ソフトウェアの品質とデリバリー速度がどのように向上するかを学びます。7月20日のInfoQ Liveで、世界クラスのドメインエキスパートから貴重なインサイトを入手してください。

  • GitLab 14でエピックボードの導入、パイプラインエディタやKubernetes Agentなどを改善

    GitLab 14により、GitLabは開発チームが必要とするすべてのツールと技術スタックを統合した統合DevOpsプラットフォームの見方を再確認している。プラットフォームの最新リリースには、開発速度、アプリケーションセキュリティ、および分析を改善することを目的とした多くの新機能が含まれている。

  • AWSがAWS Protonの提供開始を発表

    AWSは先頃、最新のコンテナおよびサーバレスアプリケーションの基盤を形成するマイクロサービスのプロビジョニング、デプロイ、監視を容易にする、 フルマネージドなアプリケーション配信サービスのAWS Protonを一般供与(GA)開始すると発表した。

  • チームのコミュニケーションと心理的安全性を向上するには

    チームの特徴的なコミュニケーションスタイルをマッピングすることによって、コミュニケーションの改善や心理的安全性の向上、チーム内の軋轢の軽減が可能になり、意見の対立はより生産的なものになる。我々がどのようにコミュニケーションを取っているのか、どのように取りたいと思っているのかを理解すれば、自分自身だけでなく、他の人たちのことをもっとよく理解できるようになる。それによって、お互いの強みを発揮することが可能になるのだ。

  • Xcode CloudによりiOSアプリ開発でCI/CD可能に

    WWDC21で、AppleはXcode Cloudを発表した。これは、開発者がiOSアプリを構築、テスト、配布するのに役立つ継続的インテグレーションおよびデリバリー(CI/CD)のシステムである。まだベータ版であるが、Xcode Cloudは、TestFlightへのリリースとApp Storeでのリリースの両方をサポートする。

  • AWS CloudFormation Guardに、タイプブロック、フィルタリング、再利用可能なルールが追加

    AWSは、CloudFormation Guardのバージョン2をリリースした。これはCloudFormationテンプレートを検証するためのオープンソースツールである。このリリースでは、タイプブロック、連言標準形のサポート、フィルター、名前付きルールなど、多数の新機能が導入されている。Guardを使うと、ポリシーをコードとして記述できる。そして、このポリシーを使って、どのような形式のJSONファイルまたはYAMLファイルでも検証できる。

BT