BT

InfoQ ホームページ アジャイル技術 に関するすべてのコンテンツ

  • Coinbaseがコンテナワークロードの運用にKubernetesを使わない理由

    Coinbaseは先頃、Kubernetesを自社のテクノロジスタックから除外した理由について記事に書いた。同社ではコンテナを採用しているが、運用はVM上で行っている。デプロイメントには、VM内でサービスを自動スケーリンググループとしてデプロイする、オープンソースソリューションのOdinを使用している。Kubenetesの採用は、現在運用しているデプロイメントパイプラインに対して不要な複雑性を追加することになるため、現時点では適切なツールではない、と同社は説明している。

  • インタラクティブなDevOpsトレーニングをオンラインで提供するDevOps Dojo

    DXC Technologyは先頃、同社のDecOps Dojoをオープンソースとして公開した。これは、DevOpsの技術面と文化面の両方をカバーする、学習モジュールのコレクションだ。それぞれのモジュールはKatacodaプラットフォーム上に構築され、GitHubにホストされている。

  • 壊れたコードがマージされることを防ぐGitHub Super Linter

    GitHub Super Linterは、GitHubリポジトリの設定プロセスを自動化して、プルリクエストが作成されるたびに適切な静的解析ツール(lint)を使用することを目的としている。

  • Microsoft Build 2020のハイライト

    Microsoftは先週、第10回のBuildを開催した。BuildはMicrosoftのテクノロジを使用する開発者を対象に、年次で開催されるカンファレンスである。このオンラインイベントでは、Blazor WebAssemblyの一般向け提供開始、間もなくリリースされる.NET 5の最新情報、Azure Static Web Apps、IoTや人工知能に関する新プロジェクトなど、重要な発表やリリースが目白押しだった。

  • スクリプト言語としてのGo

    ハイパフォーマンスなネットワークシステムや並列システムを開発するプログラム言語として、Goの採用が拡大していることから、開発者たちはこれをスクリプト言語として使用することに熱意を持ち始めている。ただし現在のGoは、そのままではbashやpythonの代用としては使えないため、これには多少の努力が必要だ。

  • AmazonがCLI v2をリリース、SSOとインタラクティブなユーザビリティ機能が使用可能に

    Amazonは先頃、ブログ記事でAWS CLI (Command Line Interface) v2の一般提供(GA)を開始すると発表した。今回のバージョンのCLIには、AWS Single Sign-On(SSO)、インタラクティブなウイザード、サーバ側情報の自動補完と自動プロンプトなどが含まれている。また、Pythonの事前インストールが前提条件でなくなり、Windows、Linux、macOSがサポート対象になった。

  • GitHub Actions APIがパブリックベータ版としてリリース

    GitHubは、Actions APIのパブリックベータ版��リリースを発表した。Actions APIを使えば、REST APIを通じてGitHub Actionsを管理することができる。APIの公開するエンドポイントで、アーティファクト、シークレット、ランナー、ワークフローの管理が可能だ。

  • WKSctl- GitOpsを採用したKubernetesクラスタ管理ツール

    WKSctlは、アドオンを含むKubernetesクラスタをSSH経由で立ち上げて管理するオープンソースプロジェクトだ。Cluster APII(CAPI)のプロバイダで、GitOpsアプローチを使用している。Kubernetesクラスタの設定はYAMLで定義するが、WKSctlは、Gitへのプッシュ毎にアップデートを実行することで、再現性のあるクラスタをオンデマンドで使用可能にする。

  • 継続的デリバリの今後10年を予想する

    Dave Farley、Jez Humble両氏が、これからの10年間で継続的デリバリ(CD/Continuous Delivery)に期待するものについて、DeliveryConfで講演した。CDを成功させるためには、技術、組織、文化という、相互に深く関連した3つのパフォーマンス面を注視する必要がある。DORAのレポートには、技術的プラクティスは変革を推進することが可能だが、それだけでは不十分であることが示されている。

  • 新しいGitHub CLIによってコマンドラインからのイシューとPRの操作が可能に

    GitHubは先頃、GitHub CLIをベータリリースした。コマンドラインからイシュー操作やプルリクエストの可能なオープンソースツールだ。Go言語で記述されており、Linux、macOS、Windowsにインストールすることができる。

  • Jenkinsの開発者が継続的リスクベーステストのMLスタートアップを立ち上げ

    Jenkinsの開発者であるKohsuke Kawaguchi氏が、マシンラーニングを使用したリスクベースのテストの識別を行うスタートアップであるLaunchableを創立した。テストに関する思想的リーダであるWayne Ariola氏も、継続的テストアプローチの必要性に関して、ターゲットを明確にしたリスクベースのテストが継続的デリバリに信頼性を与えると述べている。

  • Bazel 2.0がリリース、パフォーマンスと安定性が向上

    Googleの社内ビルドツールであるBlazeから生まれたビルドおよびテスト用ツールのBazelが先日、バージョン2.0をリリースした。今回のリリースでは、過去のバージョンと互換性のない変更がいくつか導入されると同時に、安定性およびパフォーマンスの面で多くの改善が行われている。

  • 依存性管理が大幅に改善されたGradle 6

    カスタマイズ可能なオープンソースのビルド自動化ツールであるGradleがバージョン6.0をリリースした。依存性管理の大幅な改善、javadocおよびソースjarのデフォルトサポート、JavaコードとGroovyコードのインクリメンタルコンパイルの高速化などを実現している。最新リリースである6.1.1では、リロケータブルな依存性キャッシュをサポートすることにより、エファメラル(ephemeral)CIビルドの高速化も図られている。

  • すべての機能ブランチをデプロイして迅速なプロダクトフィードバックを得る

    継続的デリバリの限界を押し広げれば、ソフトウェア開発における人々のコラボレーションの方法を根本的に変えることができる。Christian Uhl氏はDevOpsCon Munich 2019で、GitLabとKubernetesを使用してすべての機能ブランチをデプロイすることにより、プロダクトオーナとステークホルダからのフィードバックを迅速に得る方法について講演した。

  • HashiConf US 2019 - TerraformとConsulのアップデート、マルチ*対応ワークフロー、学ぶべきこと

    、SaaSベースのワークフロー管理プラットフォームTerraform Cloudのフルリリース、フルマネージドなConsul(サービスメッシュ)プラットフォームHashiCorp Consul Service on Azureのプライベートベータリリースなどを発表した。その他のイベントの主な内容は、次のようなものだった — ツーリングではなくワークフローを重視する。ソフトウェアデリバリの世界はマルチクラウド/プラットフォーム/サービス化している。開発者は運用チームに、運用チームは開発者に、それぞれ学ぶべきことはまだたくさんある。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。