BT

InfoQ ホームページ AIと機械学習、データエンジニアリング に関するすべてのコンテンツ

  • MicrosoftがAzure FunctionsでのPythonサポートの公開プレビューを発表

    先日のConnect()イベントでMicrosoftは,Azure FunctionsのPythonサポートの公開プレビューを発表した。これにより,オープンソースのFunction 2.0ランタイムに基づいてPython 3.6で構築した関数のConsumption Planへのパブリッシュが可能になる。

  • ScyllaDBがNoSQLデータベースのメジャーリリースを発表,コンカレントOLTPとOLAPをサポート

    毎年開催されるScylla Summitカンファレンスにおいて、ScyllaDBが,同社のフラッグシッププロダクトであるScyllaDB Open Sourceのバージョン3.0をリリースした。新機能として,コンカレントOLTPおよびOLAP,マテリアライズドビュー,セカンダリインデックス,Cassandra 3.xファイルフォーマットとの互換性などがある。CEOのDor Laor氏が,今回の最新リリースについてインタビューに応じてくれた。

  • Amazonが分析のためにサステナビリティデータセットを提供

    Amazon Web Services Open Data (AWSOD) とAmazon Sustainability (AS)は、AWS Simple Storage Service (S3)でサステナビリティデータセットを利用できるようにするために協力して、最適な検索のためにデータセットを前処理することで一様に処理する重い処理を取り除く。持続可能なデータセットは一般に衛星、地質学的研究、気象レーダー、農業研究などからのものである。

  • KubeCon 2018 - SQLの復活

    多くのカンファレンスがそうであるように、KubeCon 2018にも多くの分散データベースベンダが参加していた。しかし今年のカンファレンスで特徴的だったのは、InfoQが話を聞いたベンダが揃ってSQLのサポートを強調していたことだ。

  • PinterestにおけるApache Kafkaのスケールアップ

    Pinterestでは、リアルタイムストリーミングアプリケーションのデータ転送やロギング、監視のためのメトリクスの可視化にApache Kafkaを採用している。AWSにホストされているPinterestのKafkaインストレーションでは、レプリケーションと高可用性のためにMirrorMakerとDoctorKafkaツールが使用されている。

  • MicrosoftがVS Codeで動作するTypeScriptおよびJavaScript用のAI支援IntelliCodeを発表

    開発者が恩恵を受けている一般的なIntelliSenseやコード補完を超越するものとして、Microsoftは今年初め、AI支援開発を提供する機能セットであるIntelliCodeを発表した。そしてVS Codeチームは今回、IntelliCodeをTypeScriptおよびJavaScriptユーザに提供する実験的エクステンションを新たに発表した。

  • TensorSpace.jsがニューラルネットワークの3D可視化フレームワークを提供

    TensorSpace.jsはオープンソースの、ブラウザベースのニューラルネットワークデータ可視化フレームワークだ。TensorFlow.js、Keras、またはTensorFlowで生成されたトレーニング済みモデルをサポートすることにより、拡大を続けるマシンラーニングの適用分野を補完する。

  • Baidu、オープンソースのエッジコンピューティングプラットフォームOpenEdgeを発表

    Baidu Inc.は、中国初のオープンソースのエッジコンピューティングプラットフォームOpenEdgeを発表した。これを使うことで、開発者は軽量でスケーラブルなエッジアプリケーションを構築できる。OpenEdgeプラットフォームは、スマート家電やウェアラブルといった「エッジデバイス」に処理能力をもたらすものだ。

  • AmazonがDynamoDBのトランザクションサポートを発表

    Amazonは、同社のDynamoDBデータベースサービスがTransactionsをサポートし、高度にスケーラブルなアプリ開発のための完全なACID(Atomicity、Consistency、Isolation、Durability)を提供することを発表した。この機能によって、複数項目の更新に対するトランザクションの保証を構築することが可能になり、高度にスケーラブルでビジネスクリティカルなアプリケーションを開発する際の競合やエラーの回避が容易になる。

  • AWS re:Invent 2018での発表を振り返る

    もしあなたが、Amazon Web Services(AWS)はローンチすべきサービスを使い果たしてしまったのではないかと心配していたのなら、今年のre:Inventがそれを安心に変えてくれただろう。先日終了したイベントで、AWSは、さまざまなカテゴリにわたる発表を立て続けに行なった。re:Inventの発表に“テーマ”があることはめったにないのだ。それでも大きな注目を集めたのは、マシンラーニングやデータベース、ハイブリッドクラウド、アカウント管理といったものだった。

  • Amazon、インテリジェントなロボットアプリケーション構築のためにAWS RoboMakerを発表

    AWS re:Invent 2018において、AmazonはAWS RoboMakerを発表した。これはインテリジェントなロボットアプリケーションの開発、テスト、デプロイを簡単にするサービスだ。RoboMakerにはROS(Robot Operating System)の拡張機能が含まれており、AWSへクラウド接続することで、機械学習、認識、監視、分析サービスが利用できるようになる。

  • GoogleがCloud Spannerを更新:クエリイントロスペクション、新しいリージョン、新しい複数リージョン設定

    最近のブログ記事で、GoogleはCloud Spanner(世界中に分散されたNewSQLデータベース)に対するいくつかの機能強化を発表した。顧客の要望に基づいて、Googleはサービスを更新し、クエリイントロスペクションが改善され、利用できるリージョンと、複数リージョン設定が新たに追加された。

  • AlexaフラッシュブリーフィングとしてInfoQ Headlinesが利用可能に

    InfoQは、InfoQ.comの最新技術ニュースを声に出して読むAlexaフラッシュブリーフィングをリリースした。このフラッシュブリーフィングスキルは、ソフトウェアの最新トレンドのアップデートを提供し、コンテンツを2分以内のブリーフィングにまとめてくれる。スキルは英語のAlexaスキルが提供されているところで利用できる。

  • Deno: Node.jsのオリジナルの作者によるセキュアなV8 TypeScriptランタイム

    Denoは、Node.jsのオリジ��ルの作者であるRyan Dahl氏が、Node.jsにおける彼の後悔と課題を解決するために、サーバーサイドJavaScriptランタイムを再考したものだ。

  • Microsoft、ニューラルネットワークによる音声合成機能をプレビュー

    最近のブログ記事で、MicrosoftはAzure Cognitive Servicesに含まれるニューラルネットワークによる音声合成機能のパブリックプレビューを発表した。今回のリリースで、生成された音声は実際の録音と区別がつかなくなる。この技術は、チャットボット、バーチャルアシスタント、電子書籍などデジタルテキストのオーディオブック変換に適用できる。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。