BT

InfoQ ホームページ AIと機械学習、データエンジニアリング に関するすべてのコンテンツ

  • トラック発表! Qcon London 2019(2019年3月4〜8日)

    QConがシティに戻ってきた。第13回の年次ソフトウェアカンファレンスが2019年3月4~6日、ロンドンで開催される。今年にカンファレンスのトピックが発表された。アーキテクチャ、カオス、JavaScript、パフォーマンスなど、盛り沢山だ。

  • Keystone - Netflixのリアルタイムストリーム処理プラットフォーム

    Netflixは先日、自社の技術ブログで、同社のリアルタイムストリーム処理プラットフォームであるKeystoneについて、その設計思想と洞察を論じた記事を公開した。Keystoneは2015年12月から運用されている。Netflixの加入者数が過去3年間で6,500万件から13,000万件以上へと増えたのに伴って、Keynoteも年を追って成長してきた。本記事ではKeynoteプラットフォームの最新情報を取り上げる。

  • Confluent Platform 5.0がLDAP認証とIoTインテグレーション用のMQTT Proxyをサポート

    Confluent Platform 5.0は、Apache Kafka上に開発されたエンタープライズストリーミング用のプラットフォームである。LDAP認証、Kafkaトピックインスペクション、IoT(Internet of Things)統合用のConfluent MQTT Proxyなどをサポートする。

  • NoSQL データベースのアジャイルなデータモデリング

    Data Arachitecture Summit 2018 Conference にて Pascal Desmarets 氏が NoSQL データベースのためのアジャイルなモデリングとベ���トプラクティスについて語った。

  • インテリジェントオートメーションの爆発的成長と蔓延する組織的課題

    プロフェッショナルサービス企業のKPMGは先頃、インテリジェントオートメーションの急速な成長を実感させる調査報告書を公開した。報告書によると、この分野での総支出額は、現在の124億ドルに対して、2025年には232億ドルに達する見込みである。一方で、この成長予想には、ツールの成熟度や熟練した労働力、組織の変革管理など、数多くの課題もある。

  • MicrosoftがAzureの新サービスで高性能コンピューティング市場に参入

    Microsoftは、Azureで任意の規模のHPCクラスタを作成、管理、運用、最適化するツールであるAzure CycleCloudの一般供用を開始すると発表し、高性能コンピューティング(HPC)市場に参入した。合わせて同社は、NVIDIA GPU Cloud(NGC)のサポートも発表している。

  • カリフォルニア州が消費者プライバシ法を制定

    カリフォルニア州は、カリフォルニア州消費者プライバシ法(California Consumer Privacy Act of 2018 / CCPA)を、2020年1月1日より施行する。この法律により、企業が収集、保管、売買、共有する消費者情報に対して、消費者にいくつかの権利が与えられる。この種の法律としては、米国内で初めてのものとなる。

  • ROS (Robot Operating System) がWindowsに登場

    ロボット開発のためのメタオペレーティングシステム、ROS(Robot Operating System)がWindows 10で利用可能になった。Microsoftの最初の実験ビルドはROS1と名付けられ、Visual Studioと統合され、Core ROSおよび他の複数のモジュールの完全なポートを含んでいる。Microsoftによると、ROS on Windowsは今後も進化し、GPUベースの機械学習とAzure IoT Hubとのフル統合が含まれるという。

  • Android Smart Linkifyを支えるマシンラーニング

    Googleは先週、Android 9 - コードネームPieを発表した。Androidは人工知能に支えられた新たな機能セットをローンチしているが、その最も重要な機能のひとつがAndroid Smart Linkifyだ。今回の記事では、Androidスマートフォン上に表示される任意のテキストを対象に、コンテンツを文脈的に理解してスマートなリンクを生成する2つのデバイス内蔵ニューラルネットワークについて、それらを支えるアーキテクチャを明らかにする。

  • NATSにKafka風ログAPIを加えたLiftbridge

    ホットなイベント駆動テクノロジの世界に参入したLiftbridgeは、NATSメッセージングシステムを、スケーラブルなKafka風ログAPIで拡張したオープンソースプロジェクトだ。InfoQは作者のTyler Treat氏に、同プロジェクトの詳細や、データ統合の変化の動向について話を聞いた。

  • 新たなGit Submoduleの脆弱性に���ッチが当てられた

    Gitコミュニティは、cloneおよびsubmoduleコマンドに影響を及ぼすセキュリティ脆弱性を公開した。これは、脆弱性のあるマシンが悪意のあるリポジトリにアクセスした時、リモートコードの実行を可能にするというものだ。この脆弱性はMitreによってCVE–2018–17456にアサインされ、Git 2.19.1で修正された。

  • data Artisansがストリームデータ上の直列化可能なACIDトランザクション機能を発表

    data ArtisansがStreaming Ledgerの一般提供を開始すると発表した。Apache Flinkを拡張して、テーブル、キー、イベントストリーム間でシリアライズ可能なACIDトランザクションの実行を可能にする。同社独自のFlinkへのアドオンは特許出願中の技術であり、一度にひとつのキーでのみ一貫性のある操作が可能だという、現在の一般的な機能制限を越えた動作を可能にする。

  • Alexa Smart Home Skillは新しいAPIで柔軟性が向上

    Amazon Smart Home Skill APIの最新のアップデートは、プレビューとして利用でき、デバイスの設定や機能をモデル化するビルディングブロックとして使用できる新しい機能が導入されている。さらに、カスタムインテントの使用を有効にすることで、Smart Homeスキルの柔軟性が向上した。

  • 数値計算用の動的言語Julia 1.0がリリース

    テクニカルコンピューティング用のハイレベルでハイパフォーマンスな動的言語のJulia 1.0の最新バージョンには、言語APIの安定性と新たな組み込みパッケージマネージャが含まれる。Juliaコンピューティングチームは先週、ロンドンのJuliaCon 2018イベントで、Juliaバージョン1.0のリリースを発表した。

  • Saumitra Buragohain氏に聞く - Horronworks Data Platform 3.0の見所

    Hortonworksでプロダクトマネジメントを担当するシニアディレクタのSaumitra Buragohain氏に、Hadoop一般とHDP 3.0で注目すべき点について聞いた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。