BT

InfoQ ホームページ Antipatterns に関するすべてのコンテンツ

  • QCon NY: Joe Emison氏のサーバレスパターン、アンチパターン

    Branch社のCTOであるJoe Emison氏は、QCon New York 2018 カンファレンスで、サーバレスアーキテクチャのデザインパターンとアンチパターンについて講演した。

  • microXchg BerlinでのStefan Tilkov氏の講演より - マイクロサービスのアンチパターンとパターン

    ベルリンで開催されたmicroXchg 2018で行った講演でStefan Tilkov氏は、自身の見解によるマイクロサービスプロジェクトのパターンとアンチパターンについて検討し、進化的アーキテクチャやデカップリングイリュージョン、分散型モノリス、エンティティサービスなどを取り上げるとともに、特に他の人々がアンチパターンとする中で氏がパターンであると考えるもの、あるいはその逆のものを指摘した。

  • 優れたエンジニアリングプラクティスによって"常に出荷可能な製品”を実現する

    優れたエンジニアリングプラクティス(Good Engineering Practice)は,アジャイルチームが出荷可能な製品を提供するためのツールだ。効果を証明されたエンジニアリングプラクティスはたくさんあるが,期待されるほど広くは活用されていないのが実情である。結果として,アイスクリームコーン型ソフトウェアテストなどアジャイルのアンチパターン,技術的負債の蓄積,機能的サイロが,リリース可能な製品の提供を妨げているのだ。

  • マイクロサービスのアンチパターン

    一枚岩のアプリケーションの主な問題はスケールし難いということだ。しかし、これはアプリケーションの観点だけではなく、チームがスケールし難くなることが重要だ。QCon LondonカンファレンスでTammer Saleh氏は、マイクロサービスの一般的なアンチパターンについて語り、マイクロサービスへ移行する主な理由はチームにある、と話した。

  • Goのプログラミングパターン

    QCon London 2016において、Peter Bourgon氏は「Successful Go Program Design, 6 Years On」というプレゼンを行い、Goでプログラミングするときに使うべきパターンと避けるべきパターンについて説明した。

  • Ilan Goldstein氏のScrum Myth Busterシリーズ

    この記事では,認定スクラムマスタであるIlan Goldstein氏による,スクラムの俗説(Myth)に関する説明を取り上げる。

  • アーキテクチャ、技術、そしてアンチパターン「溶岩流」

    アーキテクチャと技術を連続して変えながらアプリケーションを走らせると、脆弱で断片的なコードベースが生まれ、理解やメンテナンスが難しくなる。Mike Hadlow氏は溶岩流または溶岩層とこのアンチパターンを命名し、このアンチパターンが時折表れる理由について自身の経験を書いている。

  • 2012年、アジャイルの雲行きは?予想を振り返る

    2012年、アジャイルの雲行きが怪しいという予想がたくさん出ていた。これには、アジャイルの準備が十分できていない組織による導入、チームを横断したマネジメントインパクトを解決できないこと、チームにおけるエンジニアリングプラクティスなどが含まれる。この記事で引用したブログにはポジティブな予想もあったが、ここでは注意すべき予想に注目した。4か月ほどたったので、読者自身で判断を下せるだろう。予想は間違っていたとわかり、2012年はアジャイルにとって明るいのかもしれない。

  • 個人の生産性

    Tony Wong氏(プロジェクトマネジメントのブラックベルト)は個人の生産性にとって実践的なポイントをいくつか挙げている。この記事では、これらをいかにソフトウェア開発に適用するかを考え、彼のリストと他のリストを比べる。

  • アジャイル導入のよくある間違い

    たくさんの解説者がアジャイル導入のよくある誤りとアンチパターンについて書いてきた。ツールの過信から特定のプロセスへの執着まで、いろいろな要因が効果的なアジャイル導入を妨げるものとして広く認識されている。このリストは心の糧となり、アジャイルを実践するときに注意すべきことのアドバイスになる。

  • ODBMS.ORGが永続化パターンの��ソースを追加

    ODBMS.ORGは、教育者、学生、専門家とオープンソース開発者向けのリソース集に永続化パターンを加えた。この範疇の最初の論文として、3件のパターン集が、公開された。2009年5月29日前に、提出されたパターンは、ベスト永続化パターン賞の、候補になる。

  • 経営陣によるアジャイル導入へのサポートの三本柱

    ひとたび自分達のチームに対してアジャイルが正当だと説明し、トレーニングにお金をかけると、経営陣の仕事は終わらない。移行を成功させるためには、経営陣が持続的なサポートをする必要がある。Esther Derby氏は少し時間を取り、この継続的なサポートの、3つの最も重要な側面であると彼女が考えていることを述べている。

  • 分散アジャイルプロジェクトの早い段階での終焉を確実にする方法?

    分散モードで作業している場合、アジャイルを導入して、実行するのがますます難しくなる。分散アジャイルは、地理的分離、異なる時間帯、文化の違いの観点から、独自の課題を突きつける。

  • 何がRESTを良くするか?

    先ごろRoy Fieldingは、SocialSiteのREST APIに対して、RESTfulではないと批判した。Royは、RESTだと主張するシステムが、多くの場合にRESTから程遠いことの例として、SocialSiteのREST APIを取り上げた。

  • コードカバレッジには要注意

    Christian Gruber氏はコードのカバレッジをメトリクスとして使うことに対するTDDのスタンスを、時間をかけて明確にしようとしている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。