BT

InfoQ ホームページ Apollo に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • Flexアプリケーション作成でよくある10の間違い

    AdobeのJames Ward氏がFlexに関するトップ10を教えてくれる。Flexはオープンソースのアプリケーション開発環境で、Flash Playerを使ったウェブのリッチインターネットアプリケーション(RIA)を作ることができ、またAdobe AIRを使えばデスクトップで動くアプリケーションも作れる。

  • Adobe AIR 1.0 - ネイティブOSインテグレーションの問題

    Adobe AIRプラットフォームに対してる良くある批判の一つは、デスクトップアプリケーションを構築する際に必要となるネイティブOS統合のためのサポートの欠如である。AIR 1.0のリリースと共にAdobeのMike Chambers氏はこの問題に対する対処法を実践したものを先週掲示した。

  • Flash Player 9 Runtimeのサポートに取り組むOpenLaszlo

    OpenLaszloはFlash Player 9 Runtimeのサポートに取り掛かっている。OpenLaszloはFlash Player Runtimeを狙いとした初めてのアプリケーション開発フレームワークの一つである。それ以来、Adobe Flexフレームワークは部分的にFlash Player 9用のサポートのために採用が増加した。

  • James Gosling氏がAdobe Flash・Flex・AIRを語る

    Redmond Developer NewsのKatleen Richards氏はJavaFXとRIA分野におけるその競合に関して論じた、Sun MicrosystmesのJames Gosling氏とのインタビュー記事を掲載した。Gosling氏はJava FXがFlash/Flexプラットフォームに匹敵するという重要な考えについて述べた。

  • AMF、BlazeDSまたはGraniteDSによる、Adobe FlexアプリケーションのRPC

    先日、AdobeがAMFの仕様やコードを含むLiveCycle Data Servicesの大部分を、BlazeDSプロジェクトとしてオープンソース化すると発表したことで、Adobe Flexプラットフォームは大きく変化した。この変化はFlexプラットフォームの採用を検討している人々から、最終的なコストやライセンシングの障壁を取り除くだろう。

  • Buzzword - Adobe FlexとAIRによるRIAワードプロセッサ

    Adobeは先ごろ、WebベースのワードプロセッサであるBuzzwordを開発する、Virtual Ubiquityを買収した。InfoQ.comはAdobe SystemsのDavid Coletta氏とTad Staley氏に、この開発にAdobe Flexを利用することのチャレンジとメリット、そして製品の将来について詳細を聞いた。

  • Buzzwordでのスペルチェッカー実装に注目

    9月に行われたBuzzwordのリリースにおいて、Adobe Flex Frameworkを使用して構築されたオンラインのワードプロセッサにスペルチェックサポートが追加された。今週BuzzwordチームのDavid Coletta氏が、彼のブログにおいてその実装におけるこの部分の詳細をブログ"Buzzword Spell Checking Internals"にて綴っている。

  • Adobe AIR: デスクトップ上で動作するアプリケーションは本当に必要だろうか?

    Adobe Integrated Runtime(AIR)はデベロッパ達がデスクトップ上のアプリケーションを構築するためにWebテクノロジーを使用するのを可能にするプラットフォームである。Danny-T氏は彼のブログ掲載上でAdobe AIRパラダイムに関して問うている。”ブラウザから抜け出すことは次のステップとして本当に正しいのだろうか?”

  • Javaデベロッパ用のActionScript Virtual Machineを理解する

    ActionScript Virtual Machine 2(AVM2)はActionScript 3.0(AS3)バイトコードをFlash Player 9ランタイム内で実行する。Action Script 3はオブジェクト指向のプログラミング言語で、Adobe FlexとAIR内でFlashベースのアプリケーションを構築する際に使用されている。

  • Adobe MAX Japan 2007: ケビン・リンチ氏が最新動向について語る

    日本時間の11月1日から2日にかけて、東京・お台場にてアドビシステムズ社主催の開発者向けカンファレンス「Adobe MAX Japan 2007」が開催されている。FlexやAIRなど開発者が気になる発表を立て続けに行っているアドビ社が、このカンファレンスの基調講演においていろいろな発表を行った。

  • Flexを使っているのは誰?

    新たなツールを考える際に、ソフトウェア業界の意思決定者達はそのツールを容認するかどうかにおいては採用率を選定基準のキーと考える。新しい機能を実装するためにたくさんの企業がFlexを使用している中で、AdobeのFlexフレームワークはこのサイクルにおいて要点を突いているように見える。それでは一体誰がFlexを使っているのだろうか?

  • Adobe Max 2007 North Americaが幕を閉じる

    2007 Adobe Max Conferenceにて最新の技術を披露したAdobeにとって、今週は大変多忙な週となった。Adobeは今後も開発者達に最善の技術を届けようと努力を続けていくようだ。

  • リッチインターネットアプリケーションにおける3つの勢力

    Ajaxに始まり、Silverlight、Apollo、AIR(Adobe Integrated Runtime)、Flex、Flash、JavaFX、OpenLaszloまで、リッチインターネットアプリケーションは、ここ最近、全ての人が話題にするようになったように思われる。各ベンダーは、注目を浴びようと競い合い、開発者は、RIA開発に「適した」技術を選択しようとしている。

  • XMLはUI開発の将来像か?

    もしくはJavaScriptだろうか?新しいデスクトップUIフレームワーク内で一般的なトレンドは、JavaScriptに対する何らかのサポートを添えたXMLベースのものである。AJAX、WPF/XAML、Flex/MXML、そしてFirefoxの最新バージョンGran Paradisoについて簡単に見ていくことにしよう。

  • Adobe AIR:2ヵ月後の今

    6月、AdobeはApollo開発プロジェクトをAdobe AIR(Adobe® Integrated Runtime)と命名し、新たなるベータ版を発表した。それから2ヶ月たった今をレポートする。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。