BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ 応用研究 に関するすべてのコンテンツ

  • Agile 2015:発表者を募集中

    Agile Allianceは年次のカンファレンスのセッションを受け付けている。受付は2月22日まで。発表者は早めに申し込みをするほうがいいようだ。

  • チームの否定的感情に対処する

    アジャイルチームで働くとき、必ずさまざまな感情が生まれる。肯定的な感情はチームの働きを強化し、否定的な感情はチームの協力と生産性に影響を与える可能性がある。Noel Radley氏はチームのムードがプロジェクトマネジメントに与える影響についてペーパーを公開した。InfoQは氏にインタビューし、職場で否定的な感情が生まれる理由、アジャイルチームがどのようにその感情に対処するべきかについて話を聞いた。

  • コードの品質のためにアジャイルとウォーターフォールを組み合わせる

    2014年のCAST Research on Application Software Health (CRASH)のレポートは、アジャイルとウォーターフォールを混ぜた手法で開発した企業向けソフトウエアはどちらか一方の手法だけで開発されたものよりも強靭で安全であると報告している。InfoQはBill Curtis氏に今回の調査について、また構造的品質要因について、アジャイルとウォーターフォールを混ぜることについて話を聞いた。

  • AyasdiがClouderaと業務提携

    Ayasdiは昨月、Apache Hadoopの最大のディストリビュータであるClouderaとの業務提携を発表した。 この業務提携は、Cloudera Enterprise 5(Apache HadoopをベースとするClouderaのビッグデータプラットフォームの最新版) に対する、Ayasdiのソリューションの対応を保証するものだ。

  • アジャイルのガバナンスにおけるマネジメントの役割

    複数のアジャイルチームを管理するにはどうすればいいだろうか。アムステルダムで開催されたAgile GovernanceカンファレンスでChristoph Johann Stettina氏がアジャイルのガバナンスとマネジメントの役割について発表した。

  • モバイルHTML5の問題は?

    最近のリサーチによると、HTML5の主な問題は一般的に信じられているパフォーマンスではなく、むしろプロファイルやデバッグのためのツール不足と確かなAPIの欠如にあるようだ。

  • Google従業員の20%タイムの使い方

    この記事にはGoogleのエンジニアが20%の時間をどのように使っているかについての、当人たちのコメントを紹介する。

  • ベテランプログラマほど知識豊富なのだろうか

    プログラマの知識は年齢と関係するのだろうか,ベテランプログラマは知識が豊富なのだろうか,新しい知識を求めているのだろうか – このような疑問に対して,Stack Overflow のデータに基づく回答を与えようとする調査が先日行われた。

  • .NETツールとプラクティス調査の考察

    我々が公開したコミュニティ調査項目、.NETツールとプラクティスには、650以上を投票がありちょっと面白い結果になった。我々は知見を引き出そうとしている。

  • InfoQ リサーチの最新情報

    ご存じかも知れないが InfoQ では,企業のソフトウェア開発に影響を与える業界動向に関する,最新かつ偏見のないコミュニティベースの見解の提供を目標とする新サービスをテストしている。運用を開始して数週間を経た今,我々のユーザコミュニティである読者のみなさんにこのプロジェクトの状況に関する最新状況,さらにはプロジェクトの将来計画に関する詳細をお伝えしたいと思う。

  • 「なぜ成功する言語と失敗する言語があるのか?」疑問を解明する試み

    UC Berkeleyの研究者2人がプログラミング言語の選択を社会学的観点から研究している。この記事では研究を簡単に紹介するとともに、彼らとのインタビューをお届けする。

  • 美しいものは使いやすい、それとも使いやすいものは美しい?

    ヨーロッパのふたつの大学の研究者グループが「美しいものは使いやすい」という命題が正しいかどうかを評価したところ、「使いやすいものは美しい」という結論に至った。

  • 未来の電気自動車のためのソフトウェアアーキテクチャ

    最近のニュースリリースによると、Siemens AGは未来の電気自動車において新しい情報通信技術がいかに重要になるかを研究している。ドイツ政府はこうした電気自動車にふさわしいソフトウェアアーキテクチャに関する研究プロジェクトに資金提供している。

  • 天文学的なBig Dataを扱うIBMのソフトウェアアーキテクチャ

    IBMは、最近巨大なデータフローを処理することができるソフトウェアアーキテクチャのプロトタイプを作成した。IBMのソフトウェアは、SKA (Square Kilometre Array) 望遠鏡用に作られ、自動的に天体オブジェクトを分類することができる。ニュージランドWellington にあるVictoria大学で、ラジオ波天文学者 の Melanie Johnston-Hollitt氏は、IBMと協働でこのシステムを開発している。

  • European Space Agency と Leroの提携

    2011年8月18日にアナウンスされたように、Irish Software Engineering Research Center (Lero)は、European Space Agency (ESA)と研究プロジェクトために、30万ユーロの契約を結んだ。研究活動の目標は、将来の宇宙飛行のためのソリューション フレームワークを提供することである。

BT