BT

InfoQ ホームページ 設計/アーキテクチャ に関するすべてのコンテンツ

アーティクル

RSSフィード
  • サーバサイドJava開発者のためのKotlin入門

    Kotlinは、JVMの新しい言語の1つで、IntelliJを製作したJetBrains社が開発しました。これは、静的型付け言語であり、OOとFPのプログラミングスタイルを混ぜたものを提供することを目的としています。Kotlinコンパイラは、JVMと互換性のあるバイトコードを作成します。そのバイトコードは、JVM上で実行して既存のライブラリと同時に利用できます。この記事では、Java開発者にアピールする主な機能を紹介します。

  • リレーショナル NoSQLによる"バックトゥザフューチャー"

    この記事では、分散トランザクションを備えたNoSQLデータベースの一貫性に関するいくつかの問題を取り上げるとともに、FanuaDBがCalvinプロトコルと仮想クロックを使って、それらの問題をいかに解決しているかを紹介します。

  • サーバーレスによる大変革

    この記事では、サーバーレスが他のアプリケーションアーキテクチャとどう異なるのかを定義して説明する。次に、サーバーレスアプリケーションのアーキテクチャは(適切に用いれば)非サーバーレスアーキテクチャよりも優れていることを示す。最後に、アーキテクトや開発者がサーバーレスのメリットを実現するのに役立つ経験則で締めくくる。

  • The EconomistにおけるGoを用いたマイクロサービス構築のふりかえり

    Goで書かれたマイクロサービスは、The Economistの新システムの重要コンポーネントだ。これにより、スケーラブルでハイパフォーマンスなサービスを提供し、新プロダクトをすばやくイテレーションできるようになった。Goに組み込まれた並行処理とAPIサポート、および静的コンパイル型言語としての設計のおかげで、大規模にスケール可能な分散イベントシステムを実現できる。全体として、Goを用いたチームの体験はポジティブなものだった。

  • RSocketでRESTに安息(Rest)を

    REST(Representational State Transfer)は、マイクロサービス間の通信におけるデファクトスタンダードになっています。これは望ましいことではない、と著者は主張します。現代的なサービスを開発するには、現代的な素材でHTTPを置き換える必要があります。オープンソースのRSocketはサービスのために設計されました。アプリケーションレベルのフロー制御を組み込んだ、コネクション指向でメッセージ駆動のプロトコルです。

  • JavaScriptとWeb開発に関するInfoQトレンドレポート

    このInfoQトレンドレポートでは、JavaScript、HTML、CSS、およびWeb開発に関する現在のトレンドを取り上げ、採用がさらに進んでいるテクノロジとオプション、そして寿命が近づいているものについて説明する。新しいJavaScript、CSS、HTML、WebAssembly標準、ならびにフレームワークやその他Webテクノロジの普及は、引き続き大幅に加速している。

  • Apache Kafka: デプロイメントを最適化するための10のベストプラクティス

    筆者のBen Bromhead氏が、データストリーミングプラットフォームをより効率的に管理するための、開発者のKafkaのベストプラクティスとして、ログ設定、適切なハードウェア利用、ZooKeeper設定、レプリケーション係数、パーティション数などについて論じます。

  • MongoDBを始めた頃に知っていたら、と思う14のこと

    私は語るのも恥ずかしいほど長くデータベースに携わっていますが、MongoDBを扱い始めたのは最近のことです。MongoDBを始めた頃に知っていたら、と思うことがいくつかあります。一般的な経験として、データベースはどんなものなのか、何をするものなのか、という先入観は必ずあります。みなさんがMongoDBを簡単に使えれば、という思いで、よくある過ちをいくつか紹介しましょう。

  • スタートアップの視点から見たマイクロサービス

    マイクロサービスへの旅を始めると、何を考えるべきなのかを知って呆然とするかもしれません。簡単にあてはまる黄金律は存在しません。旅はすべて異なり、どの組織も別の状況に直面します。この記事では、スタートアップの視点から学んだこととチャレンジ、そして、次にマイクロサービスを導入する時にどのようにするかを共有します。

  • Kubernetes時代のマイクロサービス

    マイクロサービスアーキテクチャは現在もなお、分散システムにおける最もポピュラーな設計方法です。しかしながら、Kubernetesとクラウドネイティブのムーブメントは、アプリケーション設計と大規模開発をある面で再定義しようとしています。現代の開発者はビジネス機能を実装するためにプログラム言語に精通するだけでなく、クラウドネイティブテクノロジにも同じように習熟しなくてはなりません。

  • Javaの新JITコンパイラ、Graalを解説

    オラクルがGraalをリリースした。これはJava用の新しいJITコンパイラであり、次世代のpolyglot仮想マシン、GraalVMにおける主要なコンポーネントでもある。この取り組みは完全なpolyglot、つまり単一のVM内での複数言語技術を解放することだけでなく、スタートアップ時間の改善、Javaアプリケーションのフットプリント削減を目指している。初期リリースにはJVMとJSに加えベータとしてLLVM、Ruby、Rが含まれる。

  • ソフトウェアアーキテクチャのためのC4モデル

    ソフトウェアアーキテクチャ図は非常に便利なコミュニケーションツールではありますが、多くのチームが図を作成することを縮小しています。また��図を作成したとしても、しばしば混乱と不明瞭さを抱えています。C4モデルは、コンテキスト、コンテナ、コンポーネント、コードといった一連の階層的なソフトウェアアーキテクチャ図で構成されています。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。