BT

InfoQ ホームページ 設計/アーキテクチャ に関するすべてのコンテンツ

インタビュー

RSSフィード
  • 丸山不二夫氏が語る― Android ”Cloud to Device Messaging Framework” 概要

    Android2.2 Froyoで導入された”Cloud to Device Messaging (C2DM) Framework”は、Androidの利用スタイルに大きな変化をもたらす可能性があります。そこで、日本Androidの会 丸山不二夫会長による、「C2DMの概要」についての講演の模様を紹介します。

    丸山不二夫氏が語る― Android ”Cloud to Device Messaging Framework” 概要
    Icon
    20:17
  • Erich GammaによるJazz、Eclipse、JUnit、そしてデザインパターンに関する議論

    このインタビューはQCon ロンドン 2008 でErich Gamma氏と様々なテーマについて議論したものです。議論したテーマは「Jazzプロジェクト」、「Eclipseがなぜ成功しているか」、「Eclipseの厳格なリリーススケジュール」、「JUnit」、「デザインパターン」、「どのようにデザインパターンを見つけるのか」、「デザインパターンとDRY原則について」、「デザインパターンコミュニティ」、「依存性の注入はデザインパターンか、そうではないか」です。(翻訳:近藤 寛喜 - (株)チェンジビジョン)

    Erich GammaによるJazz、Eclipse、JUnit、そしてデザインパターンに関する議論
    Icon
    22:51
  • Kent Beck氏 Implementation Patternsを語る

    OOPSLA 2007の会場にて我々InfoQ取材班はKent Beck氏へのインタビューを行った。その中で氏は、彼の新しい本「Implementation Patterns」についてや、その中に登場するパターンとXPとの関わり、そしてアジャイルを適用する際の問題やデザインパターンの現在の状況について語ってくれた。(翻訳:畠山 貴 - (株)永和システムマネジメント)

    Kent Beck氏 Implementation Patternsを語る
    Icon
    30:15
  • 平鍋氏のGordon Pask Award受賞スピーチ

    Agile2008において、Gordon Pask Awardの授与式が行われ、その一人として、チェンジビジョンの平鍋氏が受賞しました。本賞は、毎年、アジャイルコミュニティで定評のあるリーダーだけではなく、新たなリーダーになる可能性のある者に贈られるものです。InfoQでは、授与式のスピーチを動画にてお送りします。

    平鍋氏のGordon Pask Award受賞スピーチ
    Icon
    03:58
  • 日立ソフト中村氏が仮想化技術の活用事例を語る

    現在、ハードウェアの高性能化に伴い、仮想化技術が非常に身近なものになってきました。今回のインタビューでは、この仮想化技術を開発現場にいち早く取り入れ、ビジネスとして展開している日立ソフトの中村氏に、仮想化技術の実例の紹介をしていただきました。

    日立ソフト中村氏が仮想化技術の活用事例を語る
    Icon
    17:13
  • 丸山先生がAndroidを語る

    丸山先生レクチャーシリーズ等で最新の技術を常に探求し、情報発信をし続けている丸山先生に、現在Googleが開発を進めているAndroidについての話を伺いました。

    丸山先生がAndroidを語る
    Icon
    12:48
  • Eric EvansがDDD(ドメイン駆動設計)を語る

    2004 年に『Domain-Driven Design(ドメイン駆動設計)』を執筆して以来、Eric Evans はドメインのモデル化と設計コンセプトの進展に大きな影響を与えてきました。今回の Floyd Marinescu とのインタビューでは、『Domain-Driven Design』における最近のいくつかの改良点やこの分野の現在の進展状況について話を伺いました。

    Eric EvansがDDD(ドメイン駆動設計)を語る
    Icon
    13:50
BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。