BT

InfoQ ホームページ 設計/アーキテクチャ に関するすべてのコンテンツ

  • AWS Marketplace、機械学習アルゴリズムとモデルパッケージを提供

    Amazon Web Servicesは、機械学習アルゴリズムとモデルパッケージをAWS Marketplaceで提供することをAWS re:Invent Conferenceで発表した。

  • Facebook、PyTorch 1.0のプレビュー版をリリース

    サンフランシスコで開催されたPyTorchデベロッパーカンファレンスで、FacebookはPyTorch 1.0の開発者向けプレビュー版をリリースした。PyTorchはオープンソースのDeep Learningフレームワークで、研究プロジェクトをスムーズにプロダクションへ持っていくのに使われる。PyTorch人気の高まりから、今回のリリースでは、PyTorchエコシステムをよりサポートするために、パブリッククラウドおよびハードウェア企業が多くの投資をしている。

  • React Conf 2018でReact HooksとReact 16.7アルファ版が発表

    先日のReact Conf 2018では、React 16.7のアルファ版リリース、状態などのReact機能をクラスを記述する必要なく使用するためのHooksプロポーザル、その他いくつかの有望なサードパーティ製Reactパッケージが発表された。

  • MicrosoftがAzure IoT Centralの一般供与開始を発表

    MicrosoftがAzure IoT Centralの一般供与を開始すると発表した。IoT(モノのインターネット)のためのSaaS(Software-as-a-Service)だ。Azure IoT Centralによって、Microsoftは、IpTデバイスの設計、開発、構成、管理へのlow-codeアプローチを想定するとともに、セキュリティやスケーラビリティ、プロセスやアプリケーションとの統合をアウトオブボックスで提供する。

  • Alibaba Cloud、英国データセンターによりEMEA地域におけるプレゼンスを拡大

    Alibaba Groupのクラウドコンピューティング部門であるAlibaba Cloudは、英国で2つの新しいアベイラビリティゾーンの開設を発表した。これら追加により、AlibabaはEMEA地域におけるプレゼンスを高めることになる。

  • Smoke、AmazonによるSwiftの軽量サーバーサイドフレームワーク

    Amazon Smokeフレームワークは、Swiftで書かれたオープンソースの新しい軽量サーバーサイドフレームワークで、RESTライクもしくはRPCライクなサービスの構築を目指している。そのアーキテクチャは使いやすさを重視し、リクエストハンドラーに純粋関数型のプログラミングスタイルを好んでいる。

  • React Suspense、Reduxの代替手段を提供する

    React 16.6でSuspenseが導入された。これにより、レンダリングをサスペンドして、API呼び出しからデータなどを待つ間にローディングインジケータを表示することができる。

  • Google、機械学習のデプロイを簡単にするAI HubとKubeflow Pipelinesを発表

    Googleがプロプライエタリとオープンソースの2つの新しいツール、AI HubとKubeflow Pipelinesを立ち上げている。どちらも、データサイエンティストが機械学習アルゴリズムを設計、立ち上げ、追跡するのを支援するものだ。

  • コードレビューの実際

    コードレビューは、バグを見つけたり、他のチームメンバーからインプットを得たり、知識とオーナーシップを共有するのに最適な方法だ。最大の恩恵を受けるには、コードレビューを開発プロセスに統合して、レビューされていないコードが本番環境に投入されないようにしなくてはならない。レビューは、開発プロセスにおける解決を必要とする未解決問題を明らかにするのに役立つ。

  • Uberのビッグデータプラットフォームが100ペタバイト超の規模に至るまで

    Uberのエンジニアリングチームは、同社のビッグデータプラットフォームが、リレーショナルデータベースを使用した旧来のETLジョブから、HadoopとSparkをベースとするものへと発展した状況に関する記事を書いた。スケーラブルな取り込みモデル、標準転送フォーマット、インクリメンタルアップデートのためのカスタムライブラリが、同社プラットフォームの主要なコンポーネントである。

  • Javaの未来がここに - Code One(née JavaOne)基調講演より

    先日のJavaOneに続いて、第1回となるOracle CodeOne 2018が米国サンフ��ンシスコで開催された。“The Future of Java Is Today”と銘打った月曜日夜の基調講演では、新たなJava/JDKリリースケイデンスが順調に進んでいること、Oracle(とその他多数の組織)が今後もJavaのサポートを継続すること、などが発表された。

  • COMN(Concept and Object Modeling Notation)によるNoSQLデータベースのデータモデリング

    Ted Hills氏はData Architecture Summit 2018 Conferenceで、NoSQLデータベースとCOMNデータデータモデリング表記法に関するワークショップを開催した。

  • Ionic、Vue.jsインテグレーションのαリリースを発表

    VueConf Torontoにおいて、Ionicは@ionic/vueの最初のαリリースを発表した。これは任意のVue.jsプロジェクトにIonic 4を追加して、Vue.jsフレンドリーなやり方でIonicのAPIにアクセスできるようにする。

  • マイクロサービスの人間的側面

    マクロサービスアーキテクチャは、純粋に技術的なソリューションではなく、チームのコミュニケーションにとってのゲームチェンジャーだ。チーム間に安定した直接的なコミュニケーションチャンネルがない場合、彼らが作るソフトウェアはひどいものになるだろう。マイクロサービス実装を成功させるのに不可欠な5つの重要な特性は、ゼロコンフィグレーション、オートディスカバリ、高い冗長性、自己修復、フォールトトレランスだ。

  • アマゾン、Correttoをリリース; 無償サポート、マルチプラットフォーム対応のJava OpenJDK

    ベルギーのアントワープで開催されたDevoxx BEにて、アマゾンがAmazon Correttoのプレビューリリースを発表した。これは、"無償で、マルチプラットフォームに対応し、リリース可能なディストリビューション"であるOpenJDKのビルドで、Javaの参照実装である。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。