BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ 設計/アーキテクチャ に関するすべてのコンテンツ

  • LinkedInがGreykiteをオープンソースに

    LinkedInは、正確な将来予測を解釈可能な(interpretable)形式で提供するPythonライブラリのGreykiteを、オープンソースとして公開した。トレンドや季節性、その他の効果を視覚化することが可能になる。フレキシブルで直感的、さらに高速であることを目指して開発されたこのライブラリは、FBのprophetに比較して4倍の性能を持つと同時に、1日と7日の予測において、より正確な結果を提供する。

  • Microsoftは、Azure ND A100 V4クラウドGPUインスタンスの一般向け提供を発表

    最近、Microsoftは、NVIDIA A100 Tensor Core GPUを搭載したAzure ND A100 v4 Cloud GPUインスタンスの一般向け提供を発表した。この仮想マシン(VM)は、人工知能(AI)や機械学習(ML)の処理など、高いパフォーマンスが必要で処理負荷が大きい顧客を対象としている。

  • .NET MAUI Preview 5が目前に

    Microsoft Build and Preview 4の後の1か月、.NET MAUIチームは.NET Multi-platform App UIの改善を続け、Preview 5が目前にある。アニメーションとビュー変換がサポートされ、Xamarin.FormsのレンダラーアーキテクチャからUIコンポーネントのいくつか移植され、また、単一プロジェクトテンプレートの更新、改善された。

  • AWSはAWS Step Functionsに新しくWorkflow Studioを導入

    先頃、AWSはStep Functionsで提供される新しいWorkflow Studioを導入した。AWSマネジメントコンソールを介して、開発者はビジュアルビルダにアクセスしてStep Functionsワークフローを作成できるようになった。

  • AWS Key Management Serviceにマルチリージョンキーを導入

    AWSは先頃、暗号化されたデータをリージョン間で移動できるようにするクライアントサイドアプリケーションのための新機能であるKMSマルチリージョンキーが利用可能だと発表した。

  • Jakarta EE 9.1とJakarta EE 10への道

    Jakarta EE Working Groupは、Jakarta EE 9.1のプラットフォームおよびWeb Profile仕様のリリースを発表した。これは、開発者がJDK 11およびJDK 8でJakarta EE 9.1アプリケーションを開発およびデプロイできるJakarta EEの最初のインクリメンタルポイントリリースだ。開発ではすでにJakarta EE 10が開始されており、仕様の多くが更新されている。

  • Googleが人工知能の処理向けに新しいCloud TPU VMを発表

    最近、Googleは、新しいCloud TPU仮想マシン(VM)を発表した。このVMによって、TPUホストマシンへ直接アクセスできるようになる。このVMを使って、同社はTensorFlow、PyTorch、およびJAX on Cloud TPUを開発し、デプロイするためにユーザ体験を改善し、新たに提供する。

  • Next.js 11が新しいScriptとImage読み込み戦略でリリース

    Next.jsチームはNext.js 11を先頃リリースした。新しいバージョンは、開発者とエンドユーザの実際のパフォーマンスと認識されるパフォーマンスの向上に努めている (起動時間、サードパーティのスクリプトの読み込み、画像とプレースホルダーの読み込み)。Next.js v11は、Create React AppアプリケーションをNext.jsに移行する実験的なcodemodも提供する。

  • MicrosoftがAzure Arcで使用可能な新サービスのプレビュー版を発表

    Microsoftは先頃、毎年開催しているBuildカンファレンスで、Azure Arcで使用可能な新たなサービスセットをプレビュー版として発表した。Azure Arcマルチクラウドサービスの支援により、事実上、CNCF準拠のあらゆるKubernetesクラスタ上で実行することができる。Azure Arcを使うことで、クラウドからオンプレミスデータセンタまで、あらゆるコンテナクラスタを、クラウド内のひとつのサービスで管理することが可能になる。

  • Google CloudはBigtableのSLAを改善し、新しいセキュリティ機能を追加

    Google Cloudは最近、Bigtableインスタンスに対して可用性SLAを99.999%まで引き上げた。これは、FirestoreとCloud SpannerのSLAと一致する。データストレージシステムには、エンタープライズワークロード用の2つの新しいセキュリティ機能、顧客管理の暗号化キー(CMEK)とデータアクセス監査ログが導入された。

  • AWSがAWS Protonの提供開始を発表

    AWSは先頃、最新のコンテナおよびサーバレスアプリケーションの基盤を形成するマイクロサービスのプロビジョニング、デプロイ、監視を容易にする、 フルマネージドなアプリケーション配信サービスのAWS Protonを一般供与(GA)開始すると発表した。

  • Slackが新しいロール管理アーキテクチャを詳しく説明

    Slackは最近、新しい役割管理システムのソフトウェアアーキテクチャの詳細な説明を投稿した。Slackは、以前よりも柔軟なシステムを構築する必要があった。Slackは、カスタムコンテナ化されたGoベースのパーミッションサービスを開発した。これは、gRPCを介して既存のシステムと統合される。その結果、顧客の管理者は、ユーザが実行できることをきめ細かく制御できるようになった。

  • .NETニュースのまとめ: Project Reunion 0.8 RC、Uno Platform 3.8、JetBrains Rider 2021.2 Early Access

    先週は、Project Reunion 0.8 RC、Uno Platform 3.8、JetBrains Rider 2021.2 早期アクセスなどのリリースが注目された。InfoQは、2021年6月7日の週から、これらと.NETエコシステムのいくつかの小さなストーリーを調査した。

  • AWSがAmazon ECS Anywhereの一般向け提供を発表

    最近、AWSはAmazon ECS Anywhereの一般向け提供を発表した。これは、仮想マシン(VM)、ベアメタルサーバ、その他の顧客が管理するインフラなどのコンテナベースのアプリケーションをオンプレミスで素早く実行し、管理できるようにするAmazon ECSの新機能である。

  • Amazon Location Serviceがルーティングと衛星画像の機能を備えて一般向け利用可能に

    AWSは最近、Amazon Location Serviceの一般向け提供を発表した。これは、アプリケーションにロケーション機能を追加するように設計されたマネージドソリューションである。このサービスは、EsriやHEREなどのロケーションプロバイダーに依存しており、ルーティングと衛星画像機能をサポートするようになった。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。