BT

InfoQ ホームページ 設計/アーキテクチャ に関するすべてのコンテンツ

  • Ionic Capacitor - JavaScriptによるネイティブアプリケーションの開発

    Capacitorは、Ionicが開発したハイブリッドアプリケーションのための新しい開発フレームワークである。2009年に初めてリリースされ、ソリューションとして定評のあるApache Cordovaの代替を提供する。

  • AWSユーザにMLを提供するAmazon Personalizeが一般利用可能に

    昨年11月のAWS re:Inventで初めて発表されたAmazon Personalizeが、すべてのAWSユーザを対象に一般公開された。このサービスを使用すれば、マシンラーニングの経験がなくても、パーソナライズされたプロダクトレコメンデーション、検索結果、ダイレクトマーケティングなどのモデルを含む、独自のマシンラーニングモデルをアプリケーションに加えられるようになる。

  • Service Mesh Interface(SMI) - MicrosoftのLachlan Evenson氏とのQ&A

    先日のKubeConで発表されたService Machine Interface(SMI)について、MicrosoftのプリンシパルプログラムマネージャであるLachlan Evenson氏から話を聞いた。氏との議論はさらに、Kubernetes上のサービスメッシュのエコシステムにまで及んだ。

  • JCPのディレクタHeather VanCura氏、JCP20周年をInfoQに語る

    Java Community Process(JCP)のディレクタでJCP Executive Committee(EC)の議長でもあるHeather VanCura氏は先日、ピッツバーグとニューヨーク市のBNY Mellonのキャンパスを訪れて、JCP20周年の記念講演を行った。このイベントには、NYJavaSIGとACGNJ Java Users Groupの2団体も協賛している。氏はInfoQに、JCPと20周年について話してくれた。

  • .NET Core - 過去、現在、そして未来

    先回のMicrosoft Buildで、同社.NETプログラムマネージャのScott Hunter氏が、.NET Coreが.NETの未来である(.NET Core is the future of .NET)と題した記事を発表した。

  • サーバレスアーキテクチャの特徴

    サーバーレスアーキテクチャを扱った最近の文献は、その多くがクラウドプロバイダによって書かれているため、メリットを強調し過ぎている — Wisen Tanasa氏は先日のブログ投稿で、このように書いた。新たなテクノロジが現れた時には、それを採用することの意味について理解することが重要である。Tanasa氏がサーバーレスアーキテクチャの特性について、より客観的な理解を提供しようとしているのは、そのような理由からだ。

  • Ceph Nautilus、EdgeFS、NFSオペレータのサポートを加えたRook v1.0

    KubernetesのストレージオーケストレータであるRookが、コンテナ内のファイル、ブロック、オブジェクトなどのストレージを使用する実稼働ワークロードを対象としたバージョン1.0をリリースした。Rook 1.0のハイライトのひとつは、Ceph Nautilus、EdgeFS、NFSといったオペ��ータによるストレージプロバイダのサポートである。例えば、PodからのNFSファイルシステムの要求に対してRookは、手作業による介入のないプロビジョニングが可能だ。

  • Javaのハイフン付きキーワード提案について、Brian Goetz氏が語る

    Java言語の生産性とパフォーマンスの追求を続ける、OracleのJava言語アーキテクトであるBrian Goetz氏は、同社でJava言語とJava Virtual Machineの仕様リーダを務めるAlex Buckley氏と共同で、新機能を追加して言語を進化させる手段として、ハイフン付きキーワードセットの提案を行った。そこで提案したハイフン付きキーワードについて、Goetz氏がInfoQに説明してくれた。

  • イベントとマイクロサービスによる実践的ドメイン駆動設計 - QCon New YorkでのIndu Alagarsamy氏の講演より

    コンテキスト境界やメッセージングテクノロジといったドメイン駆動設計(DDD)の概念を使用すれば、ビジネスの変化に合わせて拡張可能な、信頼性の高いシステムを構築することができる。Indu Alagarsamy氏は先日のQCon New York 2019 Conferenceで、明確に定義されたコンテキスト境界とイベントを組み合わせて使用することによって、ビジネスの変化に柔軟に対応可能な、自律的マイクロサービスの開発について講演した。

  • restQL V3がリリース

    マイクロサービスクエリ言語restQLの最新バージョンがリリースされた。コンテンツアグリゲーション、HTTPメソッドのサポート拡張、自己修復機能、node.jsアプリのバージョンアップなどの、注目すべき新機能が提供されている。全体的なパフォーマンス改善により、最新バージョンは、前バージョンに比較して最大2倍に速度が向上した。

  • イベントソーシングシステム開発時の間違いとリカバリ

    Nat Pryce氏とチームがイベントソースアーキテクチャに基づいたシステム構築に着手した時、氏らは重大な設計上のミスをいくつか犯したが、自分たちも驚くほど簡単にリカバリすることができた。氏はブログ記事で、氏らが犯した間違いと、アーキテクチャのリファクタリングによるリカバリを可能にした要因について説明している。

  • AmazonがPowerShell向けの新しいAWSツールのプレビューをリリース

    Amazonは最近のブログ投稿で、開発者と管理者がPowerShellスクリプト環境からAWSサービスを管理できるPowerShell向けのリファクタリングされたAWSツールのプレビューをリリースすると発表した。

  • Googleはベータ版でMicrosoft Active Directory(AD)のマネージドサービスをリリース

    Googleは最近のブログ投稿で、Microsoft Active Directory(AD)のマネージドサービスのベータリリースを発表した。クラウド内のこのサービスにより、GoogleはMicrosoft ADを必要とするすべての顧客のマネージドサービスプロバイダーとして機能し、MicrosoftのIDおよびアクセス管理サービスのパッチ適用とメンテナンスを行う。

  • Googleがクラウドプラットフォームでの継続的デリバリーを簡素化するSpinnakerを発表

    Spinnakerは、GoogleとNetflixが共同開発したオープンソースのマルチクラウド継続的デリバリプラットフォームである。Googleは最近のブログ投稿で、Google Cloud Platform(GCP)にSpinnakerをインストールして実行できるGoogle Cloud Platform用Spinnakerソリューションを導入した。

  • GoogleがクラウドAIプラットフォームに新たにWhat-Ifツールの統合を追加

    Googleは最近のブログ投稿で、What-Ifツールの新しい統合を発表した。これにより、データサイエンティストはAIプラットフォーム(コードベースのデータサイエンス開発環境)でモデルを分析できる。顧客は、AIプラットフォームにデプロイされたXGBoostおよびScikit Learnモデルに対してWhat-Ifツールを使用できるようになった。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。