BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Architecture に関するすべてのコンテンツ

  • MicrosoftがAzure Arcで使用可能な新サービスのプレビュー版を発表

    Microsoftは先頃、毎年開催しているBuildカンファレンスで、Azure Arcで使用可能な新たなサービスセットをプレビュー版として発表した。Azure Arcマルチクラウドサービスの支援により、事実上、CNCF準拠のあらゆるKubernetesクラスタ上で実行することができる。Azure Arcを使うことで、クラウドからオンプレミスデータセンタまで、あらゆるコンテナクラスタを、クラウド内のひとつのサービスで管理することが可能になる。

  • Google CloudはBigtableのSLAを改善し、新しいセキュリティ機能を追加

    Google Cloudは最近、Bigtableインスタンスに対して可用性SLAを99.999%まで引き上げた。これは、FirestoreとCloud SpannerのSLAと一致する。データストレージシステムには、エンタープライズワークロード用の2つの新しいセキュリティ機能、顧客管理の暗号化キー(CMEK)とデータアクセス監査ログが導入された。

  • Slackが新しいロール管理アーキテクチャを詳しく説明

    Slackは最近、新しい役割管理システムのソフトウェアアーキテクチャの詳細な説明を投稿した。Slackは、以前よりも柔軟なシステムを構築する必要があった。Slackは、カスタムコンテナ化されたGoベースのパーミッションサービスを開発した。これは、gRPCを介して既存のシステムと統合される。その結果、顧客の管理者は、ユーザが実行できることをきめ細かく制御できるようになった。

  • レジリエントな企業がより多くのインシデントを求める理由

    John Egan氏によると、インシデント管理プロセスは単なるインシデントへの対応だけではない。根本原因を報告して、社内プロセスと業界全体のプラクティスを更新するサイクルなのだ。インシデント報告のバリアを低くし、非難を伴わない事後分析を使った効果的なインシデントレビュー会議を実施して、分析結果をすべての人に公開すべきだ、というのが氏のアドバイスである。

  • AceSQL、オープンソースのJDBC-over-HTTPドライバをリリース

    AceQLがHTTP上で動作するJDBCドライバをリリースした。プロジェクトの中心はオープンソースだが、エンタープライズバージョンも用意されている。

  • MicrosoftがEvent Hubs Premiumのプレビューを発表

    Azure Event Hubsは、クラウドでの要求の厳しいビッグデータのストリーミングやイベント収集のニーズに対応すべく設計された、Microsoftのリアルタイムイベント収集マネージドサービスである。そのMicrosoftが毎年開催するBuildカンファレンスの期間中に、弾性と高いパフォーマンス、予測可能なレイテンシを必要とする、ハイエンドなイベントストリーミングシナリオに最適な新しいプロダクトSKUとして、Event Hubs Premiumの公開プレビューが発表された。

  • UberがAPIゲートウェイのアーキテクチャを公開

    Uberは最近、自社で構築したAPIゲートウェイのアーキテクチャについて詳しく説明した。そこでは、独立したレイヤー化されたコンポーネントがゲートウェイで各リクエストをどのように処理するかを説明されており、各レイヤーはリクエストライフサイクルの異なる面を担当する。YAMLとApache Thriftの組み合わせがゲートウェイ構成を定義し、Goでコード生成されたアーティファクトがゲートウェイ実装を構成する。

  • MicrosoftがAzureブロックチェーンを廃止

    Microsoftは最近、Azure Blockchainが9月10日に廃止されることを発表した。Microsoftは、Azure Blockchainのマーケティングを中止する主な理由として、業界の変化と製品への関心の低下を挙げた。MicrosoftはConsenSysと提携して、既存の顧客に移行パスを提供する。ConsenSysのQuorum Blockchain Serviceは、Azure Blockchainと完全に互換性があると言っている。

  • Amazon SNS、Amazon Kinesis Data Firehose経由でのメッセージのアーカイブと分析が可能に

    Amazon Web Services(AWS)は先頃、Amazon SNSがAmazon Kinesis Data Firehoseサブスクリプションをサポートし、"カスタムコードを書く必要なく[...]データレイク(data lake)、データストア、およびアナリティクスサービス"へのメッセージ送信を可能にすると発表した。新たなイベント送信先が加わることで、サードパーティサービスプロバイダのインテグレーションも容易になる。

  • Quarkus 2.0への道: 継続的テスト

    Quarkusは、実行時間、リソース、開始時間と終了時間、そして現在はアプリケーション開発の両方の観点から、Javaエンタープライズアプリケーションを可能な限り効率的にする努力を続けている。Quarkus 2.0は、継続的テスト機能で開発モードを充実させている。これに取り組んでいるシニアプリンシパルエンジニアのStuart Douglas氏が、概要を説明する。

  • 根本的な不確実性が人々に与える影響

    人間は確実性を求める。それは安心感を与えるためである。パンデミックが人々を混乱させたため、突然完全にチームが分散してしまった。Kara Langford氏によると、根本的な不確実性により、人々は危険にさらされていると思い込み、健康問題につながる可能性がある。人々は異なる反応をする。不確実性は、新鮮なアイデア、革新、社会的利益につながることも示されている。

  • Jolie - 分散アプリケーションのためのサービス指向プログラミング言語

    Jolieプログラミング言語は最近、Hacker News で開発者の注目を集めた。Jolieは、開発者が分散ソフトウェアを構成可能なサービスとしてモデル化することを促進するサービス指向言語であり、オーケストレーションは通信プロトコル (SOAP、HTTP、XML-RPC) およびデプロイメントアーキテクチャとは別に記述される。Jolie は、第一級のコンセプトとしてサービスを採用している。

  • Relay Hooksがリリースされ、データプリフェッチのユーザエクスペリエンスが向上

    FacebookのソフトウェアエンジニアであるRobert Balicki氏とJuan Tejada氏は最近、GraphQLデ���タをフェッチし、管理するための新しいAPIの集合であるRelay Hooksをリリースした。Relay HooksはFacebook.comの書き換えでバトルテストが行われており、FacebookでRelayを使用するための推奨されている方法である。

  • eBayは非同期API契約としてAsyncAPIを採用

    eBayは最近、外部の非同期API契約としてAsyncAPIを採用したことを発表した。2021年3月、eBayは、新しいビジネスイベント通知機能のための最初のAsyncAPIベースの契約を開始した。

  • IBMがタスク自動化のためのWatson Orchestrateを発表

    最近のThink会議で、IBMはWatson Orchestrateと呼ばれるAIを活用した自動化ツールを紹介した。現在、IBM Cloud Paks for Automationでプレビューされており、2021年後半にSaaS製品として一般向けに提供される予定である。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。