BT

InfoQ ホームページ Artificial Intelligence に関するすべてのコンテンツ

  • AWSがAIサービスの機能強化を発表

    Amazon Web Services(AWS)は3つのAIサービス(Amazon Comprehend、Amazon Rekognition、およびAmazon Transcribe)の新機能をリリースした。

  • FacebookがNLPモデリングフレームワークPyTextをオープンソース化

    Facebook AI Researchは、ビデオ通話デバイスのPortalやFacebook Messengerの M Suggestionsで使用されている自然言語処理(NLP)モデリングフレームワークであるPyTextをオープンソースとして公開した。

  • Grady Booch、AIの未来を語る

    Grady Booch氏によると,昨今のAIシステムは,その大部分がエッジにおける信号のパターンマッチングと帰納的推論(Inductive Reasoning)に関わるものであって,真の人工知能(Artificial Intelligence)ではない。2018 QCon San Franciscoの2日目に行った基調講演 "Building the Enchanted Land" で氏は,現在のAIとは"AIコンポーネントを備えたシステムエンジニアリングの問題"である,という持論を展開した。

  • 人工知能をそれ自身から守るには

    人工知能を用いたアプリケーションは、悪意のあるサンプルによって騙されたり、モデルの判断に混乱をきたすことがある。事実とは思われない入力がモデルに提供される前にフィルタするためには、入力のサニタイズが有効だ、とKatharine Jarmul氏は2018年のGoto Berlinで説いた。我々はモデルや、モデルに提供するトレーニングデータに関するセキュリティ侵害の可能性を考え始めるべき時に来ている、���氏は言う。

  • Facebookが自然言語処理開発を促進するPyTextをオープンソース公開

    先日のブログ記事でFacebookは、自然言語処理(NLP)システムで使用されているモデリングフレームワークのPyTextを、オープンソースとして公開すると発表した。PyTextはPyTorch上に構築されたライブラリで、実験レベルにあるプロジェクトの効率を改善し、大規模な実用システムとして展開可能にする。

  • Baidu、オープンソースのエッジコンピューティングプラットフォームOpenEdgeを発表

    Baidu Inc.は、中国初のオープンソースのエッジコンピューティングプラットフォームOpenEdgeを発表した。これを使うことで、開発者は軽量でスケーラブルなエッジアプリケーションを構築できる。OpenEdgeプラットフォームは、スマート家電やウェアラブルといった「エッジデバイス」に処理能力をもたらすものだ。

  • Amazon、インテリジェントなロボットアプリケーション構築のためにAWS RoboMakerを発表

    AWS re:Invent 2018において、AmazonはAWS RoboMakerを発表した。これはインテリジェントなロボットアプリケーションの開発、テスト、デプロイを簡単にするサービスだ。RoboMakerにはROS(Robot Operating System)の拡張機能が含まれており、AWSへクラウド接続することで、機械学習、認識、監視、分析サービスが利用できるようになる。

  • 未来の仕事は女性である

    Agnieszka Walorska氏によると、今日の一般的な女性の仕事は、適応性、即効性、感情的な知性、暗示的な知識が中心であり将来的に優位になるという。人工知能とロボティクスは、主に男性が行っている高度な技術のある仕事を自動化する。

  • ビジネス課題と新技術を結びつける

    Caragh O’Carroll氏はWomen in Tech Dublin 2018において、ブロックチェーン、ロボットによるプロセス自動化、人工知能と機械学習という3つの新技術について語った。そして、ビジネスが直面している課題に対して、これらの技術がどのように解決策を提供するか説明した。

  • 業界におけるAI応用について、Christoph Windheuser氏とのQ&A

    ハードウェア能力の増大と膨大なデータにより、パターン認識、自然言語処理、強化学習など既存の機械学習アプローチが実現可能になった。人工知能は開発プロセスに影響を与えており、バージョン管理、CI/CD、テストなどは複雑さを増している。

  • MicrosoftがAzure Cognitive Services用のコンテナサポートを発表

    MicrosoftはCognitive Servicesのコンテナサポートを発表した。これにより、クラウド、エッジ、オンプレミスなど、どこでも機械学習機能を利用できるようになる。Azure Cognitive Servicesを使用すると、組織は、熱心なデータ科学者がいなくとも、視覚、音声、テキスト処理などのさまざまな認知機能を��い始めることができる。

  • Googleが精度92%の話者ダイアリゼーションAI技術をオープンソース化

    最近のブログ記事で、Googleは彼らの話者ダイアリゼーション技術をオープンソース化したと発表した。それによって人々の声を高い精度で区別することができる。Googleは、複数の参加者を含むオーディオストリームを参加者ごとの同種のセグメントに分割することでこれを実現できる。

  • QCon.ai San Francisco 2019: トラックを発表

    InfoQとQConによるソフトウェアエンジニアのためのAIとMLのためのカンファレンス、QCon.aiが2019年のトラックを発表した。

  • Googleが自然言語処理トレーニング技術のBERTをオープンソース公開

    先日のブログ記事で、Googleは、自然言語処理(NLP)のための最先端のトレーニング技術であるBERTのオープンソース化を発表した。同社がこの決定を下した理由のひとつは、開発者が利用可能な公開データセットが不足していることにある。さらにCloud TPUも最適化され、NLPのトレーニングに要する時間も短縮されている。

  • EmoPy: 表情認識のためのオープンソースツールキット

    先日のブログ記事で、Angelica Perez氏は、インタラクティブなフィルム体験のための新たなオープンソースプロジェクトに関する情報を公開した。EmoPyと呼ばれるこのプロジェクトは表情認識(FER)に焦点を当てており、サービスに渡されたイメージに基づいて、感情を正確に予測するツールキットを提供する。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。