BT

InfoQ ホームページ aws-lambda に関するすべてのコンテンツ

  • AWS Step Functionsに同期Expressワークフローが追加

    Amazon Web Services(AWS)は先頃、"Webベースのアプリケーション構築と、短時間動作する多数のマイクロサービスのオーケストレーションを容易にする"ために、同期(synchronous)ExpressワークフローをサポートするAWS Step Functionsを発表した。これにより、最大実行時間が5分に制限され、費用対効果とパフォーマンスに優れたワークフロータイプであるExpressワークフローを、Amazon API Gatewayから、あるいはAPIを通じて直接、同期的に起動することが可能になる。

  • BBC Online は超高速なスケールのためにサーバレスを使用

    先頃公開された一連のブログ投稿で、BBC Onlineの主要なテクニカルアーキテクトが、BBC Onlineがサーバレスを使用する理由とその最適化方法について説明している。著者によると、BBC Onlineは、超高速にスケールする能力のため、コア実装のほとんどにAWS Lambdaを使用している。ニュース速報が発生すると、トラフィックは1分間に3倍に増加し、その後も増加し続けることがある。

  • re:InventからのAWS Lambdaアップデート: コスト削減、メモリ容量の増加、コンテナイメージのサポート

    年次のre:Inventで、AWSはFunction-as-a-Serviceを提供するLambdaのいくつかのアップデートを発表した。これらの新しく発表された機能は、課金、メモリ容量、およびコンテナイメージのサポートを中心とした進化だ。

  • BBC Onlineがサーバレス化

    先頃の記事で、BBCエンジニアリングチームは、BBC Onlineをクラウドおよびサーバレスデプロイメントに移行するために行われた作業について説明している。BBCのWebサイトの半分がAWS Lambdaでサーバレスによってレンダリングされるようになった。

  • サーバレスバックエンドでWebアプリ開発のイテレーションを迅速化する

    AWSは先頃、3編からなる技術記事シリーズを公開して、Webアプリの反復開発の頻度と製品要件変更への対応能力を向上する、サーバレスバックエンド構築のアドバンテージについて説明したこれらの開発方法論とアーキテクチャによって、開発のフレキシビリティが向上する反面、クラウドベンダサービスへの結合度は高くなる。

  • Serverless Days 2020 サーバーレスアーキテクチャの将来を展望する

    6月18日のServerless Daysのオンラインイベントでは、UCバークレー、serverless.com、TencentCloud、Google Cloudの専門家を含むクラウドコンピューティング業界のリーダーが集まり、サーバーレスコンピューティングの最新のイノベーション、使用例、および将来の方向性について話し合った。

  • Amazon���AWS LambdaでElastic File System (EFS) をサポートすることを発表

    最近Amazonは、AWS Lambdaのお客様が機能を有効にしてAmazon Elastic File System(Amazon EFS)にアクセスできるようになったことを発表した。 EFSのサポートにより、関数呼び出し間でデータを共有し、大きな参照データファイルを読み取り、永続的で共有されたデータストアに関数出力を書き込むことができる。

  • AtlassianがForgeを公開、サーバレスクラウドアプリの新たな開発方法の提供

    先日のブログ記事でAtlasssianは、Forgeという名称のサーバレスクラウドプラットフォームを新たに発表した。ファンクション・アズ・ア・コード(FaaS)ベースのアプリケーション構築が可能で、Atlassianによるホスティングと運用が提供される。柔軟性のある宣言型UI言語であるForge UIを使うことで、開発者は、Webおよびモバイルデバイスを対象としたインタラクティブなエクスペリエンスを、ローコード(low-code)アプローチで開発することができる。

  • AWS Lambdaがネットワーク処理を変更し、VPCユーザのコールドスタート時間を削減

    AWSは、 Lambda関数をVirtual Private Cloud(VPC)内のリソースに接続する方法を変更すると発表した。この変更 — 関数の実行毎にネットワークインターフェースを生成するのではなく、事前に生成されたネットワークインターフェースを使用する — によって、サーバレス関数の"コールドスタート"の主要要因が排除される。

  • WeaveworksがIgniteをリリース - Firecrackerを使用してコンテナをVMのように実行するソフトウェア

    ソフトウェアスタートアップのWeaveworksは創立5周年を、Weave Igniteと呼ばれるオープンソースプロジェクトのリリースで自ら祝福した。同プロジェクトは自身を、"コンテナUXを備えたGitOps管理の仮想マシン(VM)"と称している。この斬新なソフトウェアには、AWS Lambdaを支えるAWS オープンソースプロジェクトであるFirecrackerが使用されている。プロジェクトの詳細をさらに知るべく、InfoQは、同プロジェクトの開発チームに話を聞くことにした。

  • クラウドネイティブアプリケーション開発サポートが強化されたMicronaut 1.1

    先日のGoogle Cloud Nextカンファレンスで、Object Computing、Inc.(OCI)は、Micronaut 1.1のリリースを発表した。gRPC、GraphQL、Google Cloud Platform(GCP)、RabbitMQ、Amzon Web Services(AWS)をサポートする。JDKのIntrospectorに代わる新しいBean Introspection API、Micronaut Testプロジェクト用の新たなテンプレートなどが新機能だ。

  • AmazonがAWS Step Functionsによる新たな統合機能を発表

    Amazonは、同社のコンピューティング、データベース、メッセージング、アナリティクス、マシンラーニングの各サービスをAWS Step Functionsとして新たに統合し、ステートマシンワークフローのステップとして利用可能にすることを発表した。AWS Step Functionsによって、アクティビティを接続しコーディネートし、高度にスケーラブルなランタイムを活用するための抽象化の手段が提供される。

  • AWS re:Invent 2018での発表を振り返る

    もしあなたが、Amazon Web Services(AWS)はローンチすべきサービスを使い果たしてしまったのではないかと心配していたのなら、今年のre:Inventがそれを安心に変えてくれただろう。先日終了したイベントで、AWSは、さまざまなカテゴリにわたる発表を立て続けに行なった。re:Inventの発表に“テーマ”があることはめったにないのだ。それでも大きな注目を集めたのは、マシンラーニングやデータベース、ハイブリッドクラウド、アカウント管理といったものだった。

  • AWS Lambda LayersとRuntime API:公式にサポートされているランタイム以外もサポート

    AWS re:Invent 2018では新しい機能とサービスが多数発表された。機能間で共有されるコードとデータを一元管理するLambda Layerや、LambdaをJavaScript以外のあらゆるプログラミング言語に拡張するLambda Runtime APIなどである。

  • サーバレスプラットフォームの性能比較

    主要なクラウドプロバイダのほとんどがFunction as a Service(FaaS)を提供するサーバレスプラットフォームを提供している。最近のベンチマークでは、ランタイム、コールドスタート時間、依存関係、およびリソース割り当てに対するパフォーマンスの違いを検証しているものがある。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。