BT

InfoQ ホームページ Business Process Modeling に関するすべてのコンテンツ

  • IBMのBPM Zero Project:RESTfulワークフロー管理

    Christina Lau氏が、BPM-as-a-Serviceに対するIBMの展望を紹介している。それは、RESTfulサービス向け軽量BPMNベースのスクリプト記述エンジンである。このビジョンは、現在発売中の製品と合致している。製品はProject Zeroでインキュべートされ、最終的にWebSphere sMashでデプロイされる予定である。

  • Microsoftの新しいワークフロー、サービス、モデル

    Cappell & AssociatesのDavid Chappell氏の新しいレポートが、Microsoftの最新技術ーWF 4.0、Dublin、Osloーについていち早く伝えている。

  • SOAガバナンスのためのビジネスプロセス

    IBMの顧問アーキテクトPrabhakar Mynampati氏は先日、SOAガバナンスのビジネスプロセス6つを詳述した論文を発表した。

  • OracleのBPMロードマップが明らかに

    BEAを買収したOracleは先月のOracle Open Worldで、来年の11gアプリケーションサーバーのリリースに向け、BPMSプラットフォーム��統一を目的としたBPM戦略とロードマップを固めた。

  • ベールを脱いだOracleのSOA製品戦略

    先月Oracle Integration担当製品管理バイスプレシデントのDavid Shaffer氏がOracle-BEA製品の戦略とSOA/BPM(ビジネスプロセス管理)のロードマップを示した。氏によるとOracleはSOA市場で先んじていることが3つあると考えているという。

  • BPMN 2.0に関する議論は続く

    BPMN 2.0の将来に関する議論が続いている。OMGのBMIタスク・フォースの副委員長であるFred Cummins氏は、BPMNとBPDMの違いの解消とBPDMの複雑さに関する問題に焦点を当てた最近のBPMNに関連する提案について語った。

  • AlphaWorksでObject Lifecycle Explorerがリリース

    Object Lifecycle(またの名をState Machine)は大半、デベロッパ、アーキテクトおよびビジネスプロセスを扱う人びとに一様に無視されてきた。IBM Zurichの研究家集団が、実行可能なビジネスプロセスモデルを補完し、関連付けるオブジェクトライフサイクルモデリングツールをリリースした。

  • 私たちはBPMN 2.0に何を期待できるか?

    Process Modeling Notation(BPMN)は今日のプロセスデザインツールのすべてに普及している表記法である。BPMNはOMGによって採択された一般標準であり、たとえばAquaLogic BPM 6.1など、新しい実装で市場に参入し続けている商用およびオープンソース両方のBPMSツールベンダーに広く受け入れられている。

  • プロセス仮想マシンについてTom Baeyensに訊く

    jBPMプロセス仮想マシンにおける最新のアルファリリースで、JBossは「複数の定義言語をサポートしたプロセス実行エンジン」と言うビジョンの現実に近づいた。

  • BPMNの学習:6部構成のeラーニングシリーズおよびEclipse STPチュートリアル

    先日、業界におけるBPMNの導入について、興味深い統計を発表した。もはやBPMとSOA間の関係は問題となっていないのだが、この記事内で BPMNおよびSOAのスタンダードであるWSDL、WS-BPELおよびSCAの考えられる関係を提起した。

  • BPTrendsおよびBEAの調査が「The State of BPM in 2008」を検討

    数週間前、BPTrendsおよびBEAによって「The State of BPM in 2008」に関する2件の重大な報告書が発表された。その報告書は、主要なSOAインフラストラクチャーベンダー主導の急成長市場、BPMNの導入の大幅な伸び、およびBPELの安定した成長についてまとめている。BPMアプローチ導入の要因は、コストのセーブからエンタープライズアプリケーションで、なくなった機能性の相殺に及ぶ。

  • Article: プロセスコンポーネントモデルは次世代のワークフローか?

    JBoss jBPMの創設者であるTom Baeyens氏が、BPM / ワークフローの世界の状況における彼の見解について説明し、プロセスコンポーネントモデルという新しいタイプのワークフロー技術を紹介しています。

  • なぜ Java 開発者は BPM を嫌うのか?

    John Raynolds 氏は最近疑問を投げかけた。なぜ Java 開発者は BPM を嫌うのか?彼は、彼自身や他の人たちの経験から結論を出した。

  • Intalio|BPMS 5.0 リリース – 本格的なオープンソース BPM システム

    Intalioは先日、BPMNエディタとBPELサーバエンジンを含むオープンソースベースのBPMシステムIntalio|BPMS 5.0を発売した。この製品については Community Edition と Enterprise Edtition の2つのエディションが販売されている。Intalio|BPMS 5.0のリリースは、IntalioがBPM 2.0の構想の完全なソリューションの実現をめざす上で画期的なイベントである。

  • サービス指向アーキテクチャ (SOA) へのテクノロジー非依存アプローチ: SOA の原点に戻る

    サービス指向アーキテクチャ (SOA) は、エンタープライズソフトウェア開発の主流の1つとなりつつある。しかし、Dan North氏によれば、SOAの採用をこれまで決定してきたのは、「SOA の複雑性を強調した上で、タイムリーに、利益になるソリューションを提供する」ことに関心を寄せるソフトウェアベンダである。結果として、多くの SOA アーキテクトが行う決定はテクノロジーに関する考慮事項に左右され、SOA という手法の真髄である、コアビジネスシナリオのマッピングとモデリングに焦点をあてることができていない。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。