BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Business Process Management に関するすべてのコンテンツ

  • AWS Step Functionsが200を超える追加サービスと統合

    Amazon Web Services (AWS) は先ごろ AWS Step Functions が AWS SDK 統合を通じて 200 を超える AWS サービスのサポートを発表した。これにより、サポートされる API アクションの数が 46 から 9,000 を超えて拡張される。新しい統合タイプは、既存および将来のほとんどのサービスと API アクションがサポートされる。

  • AWSがre:InventでAmplify Studioを使った新しいローコード開発ツールのプレビュー版をリリース

    最近のre:Inventで、AWSはAmplify Studioが発表した。これは、Figmaに接続された新しいローコードサービスで、開発者がクラウドに接続されたアプリをすばやく構築できるようにすることを目的としている。この新しいツールは、既存のAWS Amplifyサービスの拡張である。ウェブアプリとモバイルアプリの構築に重点を置いているが、Amplifyの使いやすいドラッグアンドドロップインターフェイスはない。

  • OutStreams、クラウドベースの開発プラットフォーム”Project Neo”のプレビュー版を発表

    OutSystemsは先頃、同社が毎年開催するNextStepイベントの中で、Project Neoという、新たなクラウドネイティブアプリケーションプラットフォームを発表した。OutSystemsが、企業レベルのローコード開発用プラットフォームであるOutSystems 11に続く、第2のプラットフォームをローンチしたのは、同社の歴史の中で初めてのことだ。

  • Node-RED 2.0で新たにフローデバッガーとフローリンターを提供し、開発者エクスペリエンスを向上

    IoT向けのローコードプログラミングツールNode-REDがバージョン2.0に至った。フローデバッガーとフローリンターが提供されており、プログラマがフローのバグを見つける助けとなる。

  • IT運用のための人工知能(AI) - その概要

    IT運用における人工知能(AIOps)の活用は、ディープラーニング、データストリーム処理、ドメイン知識に由来する高度な手法を組み合わせ、内外のソースから取得したインフラストラクチャデータを分析することによって、運用を自動化し、異常(通常と異なるシステム挙動)がサービス品質に影響を与える前に検出しようというものである。

  • AWSはAWS Step Functionsに新しくWorkflow Studioを導入

    先頃、AWSはStep Functionsで提供される新しいWorkflow Studioを導入した。AWSマネジメントコンソールを介して、開発者はビジュアルビルダにアクセスしてStep Functionsワークフローを作成できるようになった。

  • Google CloudはBigtableのSLAを改善し、新しいセキュリティ機能を追加

    Google Cloudは最近、Bigtableインスタンスに対して可用性SLAを99.999%まで引き上げた。これは、FirestoreとCloud SpannerのSLAと一致する。データストレージシステムには、エンタープライズワークロード用の2つの新しいセキュリティ機能、顧客管理の暗号化キー(CMEK)とデータアクセス監査ログが導入された。

  • IBMがタスク自動化のためのWatson Orchestrateを発表

    最近のThink会議で、IBMはWatson Orchestrateと呼ばれるAIを活用した自動化ツールを紹介した。現在、IBM Cloud Paks for Automationでプレビューされており、2021年後半にSaaS製品として一般向けに提供される予定である。

  • GoogleがAppsheetの自動化機能の一般向け提供を発表

    最近、Googleは、AppSheets Automationの一般向け提供を発表した。これは、同社のノーコード開発プラットフォームであるAppSheetへの追加機能である。自動化により、顧客は反復的なタスクとビジネスプロセスを自動化できる。

  • AWS Step Functionsに同期Expressワークフローが追加

    Amazon Web Services(AWS)は先頃、"Webベースのアプリケーション構築と、短時間動作する多数のマイクロサービスのオーケストレーションを容易にする"ために、同期(synchronous)ExpressワークフローをサポートするAWS Step Functionsを発表した。これにより、最大実行時間が5分に制限され、費用対効果とパフォーマンスに優れたワークフロータイプであるExpressワークフローを、Amazon API Gatewayから、ある���はAPIを通じて直接、同期的に起動することが可能になる。

  • ノーコードアプリ開発はデジタルトランスフォーメーションに不可欠

    GoogleのプロダクトマーケティングマネージャーであるJennifer Cadence氏は、最近、ノーコードアプリ開発の現状に関する報告を公開した。Cadence氏は、Google Cloudブログでの投稿で、なぜノーコードプラットフォームがデジタルトランスフォーメーションの不可欠な要素になっているかを説明している。彼女は、スピードと機敏性、生産性とコラボレーション、ガバナンスとセキュリティが、これらのプラットフォームの重要性に関する不可欠な要素であることを示している。

  • MicrosoftがUI Flowsの一般提供を発表し、ロボットプロセスの自動化を可能にする

    先頃のブログ投稿で、Microsoftは4月2日に、世界の顧客向けにUI Flowsの一般提供 (GA) を発表した。UI Flowsは、以前はMicrosoft Flowと呼ばれていたPower Automateに追加されたもので、自動化とワークフローへの民主化されたアクセスを可能にする。この最新リリースでは、MicrosoftはPower Automateサービスでロボットプロセス自動化 (RPA) 機能を有効にしている。

  • CamundaCon Live 2020: ハイライト

    今年の初め、CamundaはCamundaConを主催した。これは、Camundaのオープンソース製品を中心に展開するプロセス自動化に関するオンラインカンファレンスである。このカンファレンスでは、プロセスの自動化に関する複数のユースケースセッション、自動化とデジタルトランスフォーメーションに関するバーチャルパネル、マイクロサービスのオーケストレーションとCamunda製品と他のテクノロジーとの統合に関する技���セッションが取り上げられた。

  • Fathymローコードプラットフォームパブリックベータ版が利用可能に

    パブリックベータとして利用可能になったFathymは、Azureベースのデータ駆動型アプリケーションの作成を可能にすることを目的としたローコードフレームワークである。Fathymは、アプリケーションオーケストレーションと自動インフラストラクチャ管理のサポートも提供する。

  • AWSがコードレスのモバイル&Webアプリビルダーをベータリリース: Amazon Honeycode

    AWSは最近、Amazon Honeycodeのベータリリースを発表した。これは、顧客がコードを記述せずにすばやくモバイルおよびウェブアプリケーションを構築できるフルマネージドサービスである。

BT