BT

InfoQ ホームページ C# に関するすべてのコンテンツ

  • .NET Core 2.0 Previewリリース、Visual Basicをサポート

    Microsoftが.NET Core 2 Preview 1のリリースを発表した。.NET Standard 2準拠になり、はじめてVisual Basicをサポートする。

  • .NETの将来: 型クラスと拡張

    将来の.NETの新機能として検討されているのが型クラスだ。shapeと拡張の提案で“shapes”として言及されるように、これによって.NETジェネリクスの可能性は飛躍的に向上する。

  • C#の将来: 読み取り専用ローカル変数

    読み取り専用ローカル変数の提案が復活したのは遠い昔ではない。これは読み取り専用参照型の提案よりもはるかに控えめな機能だが、これら2つは相補的だ。

  • C#の機能: Null許容参照型

    いや、見出しはタイプミスではない。C#の新しい提案のひとつは、既定で全ての参照型変数をNull非許容型とみなすというものだ。この新しい文法のもとでは、値型と同様に、参照型変数がNull許容であることを明示的に指定する必要がある。

  • .NETの将来: 多重継承

    .NETへの新しい提案に関する論争は、抽象インタフェイスを通じての多重継承の限定された形式の導入を示唆している。この機能はJavaのデフォルトメソッドに触発されている。

  • C# をフルサポートした .NET Core Tools 1.0 がリリース

    .NET Core Toolsは初めて1.0のリリースがなされた。C#に焦点が置かれ、.NET Core開発者は.NET CoreとASP.NET Coreのアプリケーションが簡単にビルドできるようになる。リリースはVisual Studio 2017のローンチと同時だったが、これはWindows、Linux、そしてMac OSシステムをサポートするマルチプラットフォームツールセットだ。

  • .NETの将来に関するMicrosoftの計画

    MicrosoftはC#、Visual Basic、F#といった人気の言語の開発をGitHubで公開しているが、今後の計画は必ずしも共有されているわけではない。これらの言語の将来に関するMicrosoftの計画について、Mads Torgersen氏がいくつか指針を与えた。

  • Microsoft Project SpringfieldチームによるF#利用の勧め

    Project Springfieldは,ソフトウェアのセキュリティ上重要なバグを見つけるためのファズテスト(fuzz testing)サービスだ。Microsoft ResearchでSpringfieldチームのソフトウェアエンジニアリングマネージャを務めるWilliam Blum氏が,クラウドサービス構築でF#を使うことのメリットについて説明する。

  • JetBrains Rider: IntelliJとReSharperをベースとした新しい.NET IDE

    JetBrains Riderは、今年の1月に提供されたが、今年の大部分をプライベートの早期アクセスプレビュー(Early Access Preview)に費やしてしまった。現在、EAPはIntelliJプラットフォーム上での .NET開発に向けたものがなにであるかを見たい人が誰でも利用可能になっている。一版リリースされるまでに修正されるべき問題がいくつか残っているが、ツールは非常に安定している。

  • Google、Google Cloudのための.NET APIsをリリース

    最近、GoogleはGoogle Cloud APIsの.NETサポートを発表した。これには、C#バインディング、PowerShell cmdletが含まれている。またVisual Studio拡張では、Google CloudリソースのブラウズとGoogle Compute EngineへのASP.NETアプリケーションのデプロイが可能になる。

  • Androidのリードが強固に

    VisionMobileの最近の調査「Developer Nation Q3 2016」によると、主要プラットフォームおよび開発者マインドシェアとしてのAndroidのリードはより強固になっているようだ。また、Windows開発者はクラウドでC#を使うのを好み、Linux開発者はJavaに留まっている。

  • Aaron Stannard氏とのAkka.NET 1.1に関するQ&A

    Akka.NET 1.1が最近リリースされ、新機能を提供しパフォーマンス改善を行った。InfoQは、Akka.StreamsとAkka.Clusterについてさらに学ぶために、Akka.NETのメンテナであるAaron Stannard氏に連絡を取った。Stannard氏は、AkkaのJVM実装に関連して、ロードマップがどのように計画されているかを説明している。

  • C# 7と将来のC#についてMads Torgersen氏が語る

    C#のプログラムマネージャであるMads Torgersen氏がQCon New York 2016でC# 7について語った。また、C#の進化と将来のバージョンの機能についても簡単に説明した。

  • C#でシステムプログラミング

    システムプログラミングの定義はあいまいだが、ビット、バイト、インストラクション、CPUサイクルレベルで考える必要があるものだと言えるだろう。システムプログラミングには、性能と信頼性が暗に要求される。QCon New Yorkにおいて、Microsoftでエンジニアリングディレクターを務めるJoe Duffy氏がC#のシステムプログラミング戦略について紹介した。彼はまた落とし穴と移行方法についても語った。

  • Windowsと.Net環境での継続的デリバリ

    "Continuous Delivery with Windows and .Net" (ダウンロード無料)はMatthew Skelton氏とChris O'Dell氏による短い本で、Jez Humble氏とDave Farley氏の"Continuous Delivery" の内容に対するWindowsと.Net環境向けの優れた補論と見ることができるだろう。InfoQはWindowsと.Net環境での継続的デリバリについて著者に話を聞いた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。