BT

InfoQ ホームページ Closures に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • Java 10でラムダが強化される可能性あり

    新しいJEPには、より明確な曖昧さ回避、未使用パラメータのアンダースコアの使用、外部変数のシャドウイングなど、ラムダ機能の強化が提案されている。これらの変更によって、Javaのラムダが他の言語のラムダに近づくことになるが、現状、コミュニティの意見が分かれているようである。このJEPは、Java言語を改善するための、他の一連の提案を補完しており、ローカル変数型の推論と拡張された列挙型を含む。

  • Java 8のリリースが延期,いまだ続くセキュリティ問題のために2014年まで

    OracleでJava Platform Groupのチーフアーキテクトを務めるMark Reinhhold氏は ,OracleがJava 8のリリーススケジュール延期を決定したことを発表した。

  • GoogleがLeak Finderをオープンソース化

    GoogleはJavaScriptアプリケーションのヒープを調べてメモリリークを検出するLeak Finderをオープンソースにした。

  • Google+ 技術詳細

    Googleが提供するソーシャルネットワークであるGoogle+(Googleプラス)はほとんどがJavaとJavaScriptで構築されている一方、Google+のビデオ会議フレームワークであるHangoutsはクライアントサーバアプローチを用いている。

  • Java ラムダ式のシンタックスの第一バージョンが議論に火をつける

    数日前に、 Oracleの Maurizio Cimadamore氏は、最初のラムダ式の実装を OpenJDK のMercurial リポジトリにアップした。これで新しいシンタクスを初めて見ることができるが、コミュニティで議論を巻き起こしている。

  • Mark Reinhold氏、Javaのクロージャについて語る

    SunがクロージャをJavaに追加するというDevoxxにおける突然の公表に続いて、Mark Reinhold氏は決定に至る経緯をブログで公開した。

  • JDK 7が、突然"単純な"クロージャをサポート、しかしリリースは、2010年の終わりに。

    Mark Reinhold氏は、Devoxxコンファレンス開催中、JDK7がクロージャをサポートすることを公表した。この非常に議論されたフィーチャをサポートするために、JDK7のリリースは、2010年の9月ごろまで延びる。

  • アップデートされたJava 7ロードマップへの反応

    Devoxx開催中、Java SE Chief EngineerのMark Reinhold氏は、2010年上旬のリリース日を見越して、Java 7の最新の方向性についてプレゼンテーションを行った。Mark氏はこのプレゼンテーションを暫定案と表現し、決定事項ではないとしたが、コミュニティからは、特にクロージャの切り捨てに関して多くの反応が寄せられた。

  • クロージャーでAPI設計および使用法を改善

    複雑な構文解析を実行するAPIによっては、イベントを通じて中間結果を公開するものがある。Eric White氏が実証するように、クロージャーを使用すれば、これらのAPI呼び出しを大幅に簡略化することができる。

  • Java 7におけるFork/Joinとの並列性

    最新のハードウェア上で利用可能なプロセッサコアの数が増えるにつれて、新しいハードウェアを最大限活用するような方法で開発者が開発することが一層重要になっている。

  • クロージャとJavaらしさの維持

    過去2,3年間に渡ってJava SE 7の一部としてかもしくは将来行われる何らかのリリースにおいてJava言語にクロージャを付加することに関して広いディスカッションが行われてきた。Javapolisにおいて、Joshua Bloch氏はその問題における自身の意見と、なぜCICEがより適したアプローチであると感じているのかを述べた。

  • Javaデベロッパ用のActionScript Virtual Machineを理解する

    ActionScript Virtual Machine 2(AVM2)はActionScript 3.0(AS3)バイトコードをFlash Player 9ランタイム内で実行する。Action Script 3はオブジェクト指向のプログラミング言語で、Adobe FlexとAIR内でFlashベースのアプリケーションを構築する際に使用されている。

  • クロージャー提案の合意に到達

    Neal Gafter氏は、Javaのクロージャに対する提案の合意を発表した。3つの主要なクロージャの提案(BGGA, FCM, CICE)の作成者の一人を除いて、JSRをサポートしていくことに合意した。

  • Javaクロージャーのプロポーザルを比較する~JCAのポジションペーパーが公開

    Javaのクロージャーに関する提案書であるC3Sを書いたHoward Lovatt氏が、よく知られた4つの提案(C3S, FCM, CICE, and BGGA)の比較をした。同時期に、FCM提案書の作成者が、FCM上での制御文の抽象化に関する新たなポジションペーパー公開した。Ricky Clarkson氏は、CICEは不十分なもので、それには、Googleでの内部的な政策が影響しているのではないかと考えている。

  • Javaのクロージャに迫る

    Neal Gafter氏は最近Jazoon'07にてJavaのクロージャと名付けたプレゼンテーションを行った。・・・また言語進化(プレゼンテーション、mp3オーディオ、同時プレゼン/オーディオ)に関するプレゼンもまた行われた。そのプレゼンは難解なものではなくクロージャへの比較的に全体的な入門知識、目的、現在あるソリューションの問題等に関するもので入りやすい会話スタイルで行われた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。