BT

InfoQ ホームページ クラウドコンピューティング に関するすべてのコンテンツ

アーティクル

RSSフィード
  • Kubernetes時代のマイクロサービス

    マイクロサービスアーキテクチャは現在もなお、分散システムにおける最もポピュラーな設計方法です。しかしながら、Kubernetesとクラウドネイティブのムーブメントは、アプリケーション設計と大規模開発をある面で再定義しようとしています。現代の開発者はビジネス機能を実装するためにプログラム言語に精通するだけでなく、クラウドネイティブテクノロジにも同じように習熟しなくてはなりません。

  • サーバレスにおけるセキュリティ - 一体何を守るのか?

    この記事の目的は、サーバレスの世界におけるセキュリティに関して、広範な情報を提供することです。サーバレスによってセキュリティが向上する部分、セキュリティの変化する部分、そしてセキュリティの低下が懸念される部分を検討します。

  • Kubernetes 効果

    Kubernetes でのアプリケーションを設計、実装、運用を上手くこなすにはプリミティブな知識、設計原則と実践的な認識が必要となる。本記事では Kubernetes の概要と最適な使用方法のガイダンスを提供する。

  • 書評:Microservices on Azure

    "Microservices on Azure"(翔泳社)は、Bob Familiar氏の"Microservices, IoT, and Azure"(Apress)の邦訳である。 この記事は、訳書の書評である。

  • 【QCon Tokyo 2015 講演レポート】ビジネス価値を創造するハイブリッド・クラウド マイクロ・サービス指向のBluemixでアプリケーションを革新

    ハイブリッド・クラウドは、オンプレミスからパブリック・クラウドへの全面移行を目指した途中プロセスではない。多様なデータとサービスの柔軟かつ適材適所の組み合わせによってビジネスに革新を起こす、価値創造の基盤となるものだ――。日本IBMの浦本直彦氏は、ハイブリッド・クラウドの本質をこのように示唆するとともに、マイクロ・サービス指向のアプローチによって次世代のPaaSを体現するBluemixの特長を紹介した。

  • Azure対応Cloud Design Patternsを活用したエンタープライズクラウドシステム構築の「基礎と実践」

    エンタープライズのクラウドシステム構築を大きく前進させた要素の1つに、クラウドデザインパターンの進展がある。2014年1月には、米マイクロソフトがWindows Azureに対応した「Cloud Design Patterns」の正式版を公開して注目を集めている。一般社団法人Azure Council Experts(ACE)会員企業として活動するFIXERとネクストスケープのセッションでは、前後編の形で、エンタープライズクラウドシステム構築におけるクラウドデザインパターン活用の基本スタンスと実践事例が語られた。

  • 【QCon Tokyo 2014 講演レポート】“DevOpsな開発テスト” を実現する「サービス仮想化」とは?

    開発途上のアプリケーションの欠陥が尾を引いて、運用チームがその対応に膨大な労力を費やす問題においては、開発工程の極力早い段階で欠陥を検出できるかが鍵となる。日本CAのセッションに登壇した同社 LISA事業部 プリンシパルコンサルタントの西野寛史氏は、DevOps(運用と開発の一体化)の観点から問題解決を図るためのアプローチとして、「サービスの仮想化」技術を採用したアプリケーションテストを紹介し、その効能を説いた。

  • Docker: Linuxコンテナを使ってアプリケーションの配置を支援する

    DockerはLinuxコンテナの内部でアプリケーションを動かすためのオープンソースツールで、軽量な仮想マシンの一種です。アプリケーションを実行するだけでなく、コンテナ化されたアプリケーションをDocker indexという独自のDockerレジストリを通じて配布するツールも提供します。複雑なアプリケーション配置作業を単純化できるのです。

  • 無料で使えるWindows Azure Webサイトはどこまで活用できるか

    前回は、Windows Azure Webサイトの構成変更やログ出力設定、モードやスケールの変更方法について紹介した。最終回となる今回は、「無料モード」でWebサイトを活用する際の注意事項をまとめる。また、簡単なアクセステストを行って、実際にどの程度の利用に耐え得るのかを検証してみたい。

  • 無料で使えるWindows Azure Webサイトの構成変更

    前回は、Windows Azure Webサイトの編集・展開方法とデータベースへの接続方法について紹介した。今回は、管理ポータルから行うWebサイトの構成変更やログ出力設定、モードやスケールの変更方法について紹介する。

  • 無料で使えるWindows Azure Webサイトの編集と展開

    前回はWindows Azure Webサイトの無料モードによるWordPressサイトの立ち上げを紹介した。今回は、作成したWebサイトの編集・展開方法とデータベースへの接続方法について紹介する。

  • 「Google App Engine」開発の落とし穴(要件定義編)

    著者が実際に経験したGoogle App Engineによる初めての開発プロジェクトでの経験に基づき、全く経験のなかった環境やツールに戸惑いながらも開発を進めた成果をまとめたものです。 GAEを使った開発は私自身も初めてであり、実際は困難の連続でした。特に今までのWEBアプリ開発とは、全く違うプラットフォーム特性に大変苦労をいたしました。そうした苦労の数々を皆さんと共有出来れば幸いです。 さて今回は「要件定義編」ということで書かかせて頂きますが、この間にもGoogle App Engine(以下「GAE」のバージョンもかなりアップしております。 当時は課題と考えられていたものでも今は既に解決されていたり、満たす機能が提供されている部分もありますのでそのあたりも書いていこうと思います。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。