BT

InfoQ ホームページ クラウドコンピューティング に関するすべてのコンテンツ

  • Production Identity FrameworkのSPIREがCNCFインキュベーターに

    Cloud Native Computing Foundationは、インキュベーションレベルのプロジェクトとしてSPIFFEとSPIREを受け入れた。SPIFFEは、プラットフォームに依存しない暗号化IDを使用してソフトウェアサービスを認証するための標準を定義する。SPIREは、本番環境に対応したSPIFFE APIの実装である。

  • ScalewayがKubernetes Kapsuleをリリース

    ベアメタルクラウドソリューションプロバイダーであるScalewayはKubernetes Kapsuleをリリースした。Kubernetes Kapsuleは、Kubernetesプラットフォームをベースとしたコンテナ化されたアプリケーションオーケストレーションソリューションであり、Cloud Native Computing Foundation(CNCF)によって認定されている。Kubernetes Kapsuleサービスは、フランス内外のIT組織がKubernetesのベアメタルインスタンスにアクセスできるように設計されている。

  • Microsoft、Bridge to Kubernetesをリリース

    今週初め、MicrosoftはBridge to Kubernetesをリリースした。Kubernetes環境から依存関係を参照して、マイクロサービスコードをローカルで記述、テスト、デバッグすることの可能な、Visual Studio用のエクステンションである。その目的は、DockerfileやKubernetesマニフェストといった外部アセットのニーズを低減することによる、マイクロサービス開発の簡略化にある。

  • Google、Windows Server VMの管理を簡略化する新機能を発表

    Googleは先頃、起動画面診断、Windows Serverの自動アップグレード、新しい診断ツール、ライセンスレポートの改善など、いくつかの新機能を発表した。大部分はベータ版で、Google Cloud (GCP) 上で動作するWindowsワークロードに関する問題のトラブルシュートやアップグレード、必要なライセンスの管理の簡略化を目的としたものだ。

  • サーバレスバックエンドでWebアプリ開発のイテレーションを迅速化する

    AWSは先頃、3編からなる技術記事シリーズを公開して、Webアプリの反復開発の頻度と製品要件変更への対応能力を向上する、サーバレスバックエンド構築のアドバンテージについて説明したこれらの開発方法論とアーキテクチャによって、開発のフレキシビリティが向上する反面、クラウドベンダサービスへの結合度は高くなる。

  • RancherLabsがLonghornを一般提供

    Kubernetes管理プラットフォームの作成者であるRancher Labsは、クラウドネイティブのブロックストレージソリューションであるLonghornを一般提供している。Longhornは、Kubernetes内のステートフルアプリケーションの開発をサポートするベンダー中立の永続ストレージソリューションを提供する。Longhornは、マイクロサービスを使用して構築されたオープンソースの分散ブロックストレージである。

  • Docker、AWS ECSおよびMicrosoft ACI用Composeのオープンソース化を発表

    Dockerは、Amazon ECSおよびMicrosoft ACIのComposeインテグレーションのベータ実装をオープンソース化すると発表した。Dockerは初めてComposeをクラウドで利用可能にした。

  • テーマは可観測性 - CNCFが最新のTechnology Radarを公開

    CNCFは、季刊であるTechnology Radarの第2刊リリースした。今回のテーマは可観測性である。Radarの目標は、クラウドネイティブテクノロジの導入時に"エンドユーザが積極的に使用するツールは何か、推奨するツールは何か、使用パターンはどのようなものか、といった情報を共有"することにある。

  • Synkが改良された脆弱性優先順位付け機能をリリース

    Snykは、セキュリティ脆弱性の優先順位付けを簡略化する、一連の新機能のリリースを発表した。この中には、特定したイシューを評価してスコアを提供する、同社独自のアルゴリズムが含まれている。このアプローチでは、エクスプロイトの完成度(maturity)を考慮し、影響されたコードがアプリケーション実行を通じて到達可能かどうかを分析することが可能である。

  • AmazonがECSでEC2 Inf1インスタンスのサポートを発表

    先頃のブログ投稿で、Amazonは、顧客がAmazon Elastic Container Service (ECS)でAmazon EC2 Inf1インスタンスを使用できるようになったと発表した。同社は、インスタンスのパフォーマンスが高く、予測可能なコストが低いことを約束している。

  • Grafana LabsはCortex v1.0のGAの発表とアーキテクチャ変更について説明

    人気のあるオープンソースモニタリングプロジェクトGrafanaとLokiの背後にある会社であるGrafana Labsは、Cortex v1.0の一般提供を発表した。Cortexは、水平スケーラビリティ、マルチテナンシー、耐久性、長期ストレージなどの機能を含むクラスタ化されたPrometheus実装である。

  • MicrosoftがAzure Communication Servicesを備えた新しいコミュニケーションプラットフォームを発表

    Microsoftは、年次開催のIgnite Conferenceで、フルマネージド通信プラットフォームであるAzure Communication Services(ACS)を発表した。このサービスは現在公開プレビュー中である。

  • AWS無料利用枠は本当に無料ですか?

    The Duckbill GroupのクラウドエコノミストであるCorey Quinn氏は、AWSの無料利用枠は壊れているため、AWSはそれを変更する必要があると主張している。メインクラウドプロバイダーの無料モデルとは異なり、初心者がクラウドデプロイメントのベストプラクティスに従うのに役立たないようだ。

  • AWSがより高い耐久性とIOPS/GiBを備えた新しいEBSボリュームio2を発表

    AWSは先頃、99.999%の耐久性と、ストレージのGiBごとに最大500 IOPSをプロビジョニングする機能を提供する、高性能データベースとワークロード用の新しいプロビジョニングされたIOPSボリュームタイプ (io2) を導入した。

  • DevSecOpsに共に国防総省が歩んだ道

    Cloud Native Computing Foundation(CNCF)は、DevSecOpsに対するDoDのアプローチの新しいケーススタディをリリースした。これは、Kubernetesクラスタやその他のオープンソーステクノロジーを使用してリリースを高速化する方法を示すものである。ほとんどの情報はすでにDoDとそのプレゼンテーションから入手できたが、CNCFは1か所にまとめることを試みた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。