BT

InfoQ ホームページ クラウドコンピューティング に関するすべてのコンテンツ

  • 最新のTeamTNT IRCボットがAWSとDockerの認証情報を盗み取る

    サイバー犯罪グループTeamTNTのインターネットリレーチャット(IRC)ボットは、暗号マイニング向けのリソース盗難以外にも、機能を拡張してきた。Docker API、Amazon Web Service、セキュアシェル(SSH)資格情報の盗難も対象とするためである。研究者は、侵入後の振る舞いについて、最近の多くの変更を特定した。犯罪グループはそれを「Dockerガトリングガン」に例えている。

  • AWS Step Functionsに同期Expressワークフローが追加

    Amazon Web Services(AWS)は先頃、"Webベースのアプリケーション構築と、短時間動作する多数のマイクロサービスのオーケストレーションを容易にする"ために、同期(synchronous)ExpressワークフローをサポートするAWS Step Functionsを発表した。これにより、最大実行時間が5分に制限され、費用対効果とパフォーマンスに優れたワークフロータイプであるExpressワークフローを、Amazon API Gatewayから、あるいはAPIを通じて直接、同期的に起動することが可能になる。

  • Docker Engine 20.10リリース:cgroups v2とデュアルロギングをサポート

    Dockerは、Docker Engine 20.10の次のリリースを発表した。コマンドラインインターフェイス(CLI)の改善とデュアルロギングのサポートと共にcgroups v2のサポートを追加した。これは、2019年7月22日にリリースされたDocker Engine 19.03に続く最初のメジャーリリースである。

  • Docker HubとJFrogのパートナシップにより、Artifactoryユーザのイメージ pull 制限を解除

    Docker HubとJFrogは、JFrog ArtifactoryユーザがDocker Hubイメージの pull レートと保持制限を回避できるようにするパートナシップを発表した。

  • GoogleがWebSocket、HTTP/2、gRPC双方向ストリーム向けのCloud Runサービスサポートをアップデート

    Cloud Runはマネージドコンピューティングプラットフォームである。これにより開発者はWebリクエストまたはPub/Subイベントを介して呼び出し可能なステートレスコンテナーを実行できるようになる。サーバーレスであるため、すべてのインフラストラクチャ管理が抽象化され、開発者はアプリケーションの構築により集中できるようになる。

  • BBC Online は超高速なスケールのためにサーバレスを使用

    先頃公開された一連のブログ投稿で、BBC Onlineの主要なテクニカルアーキテクトが、BBC Onlineがサーバレスを使用する理由とその最適化方法について説明している。著者によると、BBC Onlineは、超高速にスケールする能力のため、コア実装のほとんどにAWS Lambdaを使用している。ニュース速報が発生すると、トラフィックは1分間に3倍に増加し、その後も増加し続けることがある。

  • MicrosoftがAzure Health Botの提供を開始

    Microsoftは先頃、Microsoft Healthcare Botを発展させて、新たな機能を備えたAzureサービスとしたAzure Health Botを発表した。仮想的な医療アシスタントの開発を目的とするAzure Health Botには、自然言語機能を備えた医療データベースが組み込まれている。

  • AWSがプレビュー版としてHealthLakeとRedshift MLを発表

    AWSは、12月のre:Invent 2020中に、Amazon HealthLakeサービスのプレビューリリース版とRedshift MLと呼ばれるAmazon Redshiftの機能を発表した。Amazon HealthLakeは、ヘルスケア、健康保険、製薬会社がNLP(Natural Language Processing)を利用してデータから価値を引き出すためのデータレイクサービスである。Redshift MLは、SageMakerへのゲートウェイをRedshiftユーザーに提供するサービスである。

  • HashiCorpがHCP Vaultのパブリックベータ版を発表

    最近のブログ投稿で、HashiCorpはクラウドプラットフォーム(HCP)で提供されるHashiCorp Vaultのパブリックベータ版を発表した。Vaultを使用すると、顧客はマネージドクラウドサービスを活用して、シークレットの管理および暗号化機能を使うことができるようになる。

  • "Wasmer" WebAssemblyランタイムを一般提供

    Wasmerは先頃、サーバサイドWebAssemblyランタイムのバージョン 1.0をリリースして、現在一般提供されている。Wasmerは、WebAssemblyに基づく超軽量コンテナを可能にする。バージョン 1.0は、2年以上前���バージョン 0.1.0で始まったジャーニーの重要なマイルストーンを示している。これは、サーバサイド Wasmへの関心が高まっていることを示している。

  • Generics Enter Go Change Proposal Process

    Go開発者が最も多く望んできた機能のひとつであるジェネリクスが、数年間にわたって進化を続けたドラフト設計に基づいて言語に導入されることになり、言語変更提案プロセスが開始された。

  • ノーコードアプリ開発はデジタルトランスフォーメーションに不可欠

    GoogleのプロダクトマーケティングマネージャーであるJennifer Cadence氏は、最近、ノーコードアプリ開発の現状に関する報告を公開した。Cadence氏は、Google Cloudブログでの投稿で、なぜノーコードプラットフォームがデジタルトランスフォーメーションの不可欠な要素になっているかを説明している。彼女は、スピードと機敏性、生産性とコラボレーション、ガバナンスとセキュリティが、これらのプラットフォームの重要性に関する不可欠な要素であることを示している。

  • Cockroach Labs 2021クラウドレポート:GCPがAzureとAWSを上回る

    Cockroach Labsは最近、年次クラウドレポートをリリースした。そこで、Google Cloud Platformを総合でベストプロバイダーとしている。2021 Cloud Reportでは、重要なアプリケーションとワークロードを表すベンチマークでAWS、Azure、GCPを比較されている。

  • ElasticがElasticsearchとKibanaのライセンスを変更、AWSは両者をフォーク

    Elasticは先頃、ElasticsearchとKibanaのライセンス変更を発表した。同社は、Apache 2.0から移行し、サーバサイドパブリックライセンス (SSPL) とElasticライセンスを採用する。Amazonは、以前のライセンスの下でElasticsearchとKibanaの両方のフォークを保守する計画で反応した。

  • CloudflareのOrigin CA Issuer:K8s cert-managerの拡張

    CloudflareはOrigin CA Issuerをリリースした。ネイティブのKubernetes証明書管理コントローラーであるcert-managerの拡張機能である。この拡張機能はCloudflareOrigin CAと統合することで、Cloudflare Origin証明書の作成と更新が簡単になる。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。