BT

InfoQ ホームページ クラウドコンピューティング に関するすべてのコンテンツ

  • Coinbaseにおけるメトリクスコレクションとログアグリゲーションの進化

    CoinbaseのソフトウェアエンジニアであるLuke Demi氏は、2018年半ばからCoinbaseで実施されてきたモニタリングとロギングの変更に関する記事を書いている。Coinbaseは、ログ分析とメトリクス視覚化という2つの目的を果たすセルフマネージドのElasticsearchクラスタから、メトリクスコレクション用のDatadogとログアグリゲーション用のAWSのマネージドElasticsearchへと移行した。

  • Upboundがクラウドコンピューティング用の共通コントロールプレーン”Crossplane”のプレビュー版をリリース

    Kubernetes用のRookストレージオーケストレータを開発したUpboundがCrossplaneをリリースした。"クラウドコンピューティングのユニバーサルAPI"の提供を目指す,オープンソースのマルチクラウドコントロールプレーンだ。Crossplaneは,Kuberenetesおよび既存のクラウドベースのマネージド・サービス上で,ワークロードとリソースを抽象化して公開することにより,クラウドプロバイダ間の高度なワークロードポータビリティの実現を目指している。

  • AWS App Mesh: Envoy Proxy用のサービスメッシュコントロールプレーン

    AmazonはサービスメッシュのAWS App Meshをリリースした。マイクロサービス通信の標準化,マイクロサービス間の通信ルールの実装,さらにはメトリクスやログやトレースを取得して,AWSサービスやサードパーティ製ツールに直接取り込むことが可能になる。実体としては,オープンソースのサービスメッシュデータプレーンプロキシであるEnvoy用に,AWSが独自にホストしたコントロールプレーンである。

  • マイクロサービスを実行しているコンテナのデバッグ: KubeCon NAにおけるツールのレビュー

    2018年12月にシアトルで開催されたKubeCon NAにおいて、コンテナ化されたマイクロサービスをデバッグするためのいくつかのツールが、カンファレンスセッションとスポンサーブースのデモを通じて発表された。市場において「アクティブ」デバッグツールと「パッシブ」デバッグツールの間で、注目すべき分離が発生している。これらのカテゴリのそれぞれの例が、RookoutとSquashである。

  • O’Reillyが“The State of Microservices Maturity”レポートを公開

    マイクロサービスは一時的な流行からトレンドへと進化しつつある – O’Reillyが公開した"The State of Microservices Maturity"調査の結果である。同レポートからは,実践者の間に,全体としてマイクロサービスに対する前向きな姿勢のあることが見て取れる。最も重要な発見のひとつは,DevOpsとマイクロサービスが相互に作用し合っており,一方の成功が他方の成功に大きく貢献する,ということだ。

  • Envoy Proxyのさまざまな顔 - エッジゲートウェイ,サービスメッシュ,ハイブリッドネットワーキングブリッジ

    米国シアトルで開催された第1回のEnvoyConで,Pinterest,Yelp,Grouponのエンジニアたちが,Envoy Proxyの現在のユースケースについて発表した。すべてに共通するメッセージは, 現代のネットワークにおいて,エッジゲートウェイやサービスメッシュ,ハイブリッドネットワーキングブリッジなどの"ユニバーサル [プロキシ] データプレーンAPI"を提供するというビジョンの成就に,Envoy Proxyが近づきつつあるということだ。

  • EnvoyCon 2018: Envoy ProxyとxDS APIの興隆,SquareとAlibabaによる採用事例

    Envoy Proxyの過去,現在,未来を探求する第1回のEnvoyConが,KubeConとCloudNativeConとともに米国シアトルで開催された。初日で注目されたのは,Envoyの成功はコミュニティの熱意と,パフォーマンスや拡張性,詳細に定義された管理APIといった技術的品質によるものである,という主張だ。

  • MicrosoftがAzure FunctionsでのPythonサポートの公開プレビューを発表

    先日のConnect()イベントでMicrosoftは,Azure FunctionsのPythonサポートの公開プレビューを発表した。これにより,オープンソースのFunction 2.0ランタイムに基づいてPython 3.6で構築した関数のConsumption Planへのパブリッシュが可能になる。

  • MicrosoftはAzure Service BusとEvent Hubの可用性を拡大

    Microsoftは最近のブログ記事で、Availability ZonesがAzure Service Bus PremiumとAzure Event Hubs Standardをサポートすることを発表した。このサポートにより、顧客は、アベイラビリティーゾーンがサポートされているリージョンで、これらのサービスに対して高可用性オプションを利用できる。

  • DockerCon EU 2018まとめ - マイグレーションツール,Docker Desktop Enterpriseなど

    DockerCon Europe 2018では、.NETおよびJavaアプリケーションのコンテナベースのマイグレーションツーリングのプレビュー、デジタルトランスフォーメーションとテクノロジインテグレーションプロジェクトのサポート、Docker Desktop Enterpriseのローンチ、Docker Compose on Kubernetesのオープンソース化などの発表と合わせて,MicrosoftとのコラボレーションによるCNAB仕様が発表された。

  • MicrosoftがAzure Pipelinesの新機能と機能統合について発表

    先日のConnect()イベントで、Microsoftは、Azure Pipelinesに関する新機能とインテグレーションについて発表した。その中には、Visual Studio Code用Azure Pipelinesエクステンション、GitHubリリースの管理、IoTプロジェクトのサポート、ServiceNowインテグレーションなどが含まれている。

  • DockerはDocker EnterpriseでWindows Server 2019のサポートを発表した

    erver 2019 Long Term Servicing Channel (LTSC) と1809 Semi-Annual Channel (SAC) リリースをサポートすることを発表した。Server 2019では以前のSACリリースをLTSCに、ingressルーティング、仮想IPサービス探索、名前付きパイプルーティングなど多くの改善が加えられている。このリリースではLinuxノードを並行して、Server 2019と1809コンテナを混在クラスタで実行できるようになった。

  • Amazonが分析のためにサステナビリティデータセットを提供

    Amazon Web Services Open Data (AWSOD) とAmazon Sustainability (AS)は、AWS Simple Storage Service (S3)でサステナビリティデータセットを利用できるようにするために協力して、最適な検索のためにデータセットを前処理することで一様に処理する重い処理を取り除く。持続可能なデータセットは一般に衛星、地質学的研究、気象レーダー、農業研究などからのものである。

  • MicrosoftはAzure API ManagementでOpenAPI仕様V3のプレビューを発表した

    先日Microsoftは、APIのセットアップ、公開、モニタリング、保守を可能にするAzure API ManagementでOpenAPI仕様のv3をサポートすると発表した。OpenAPI仕様のサポートは、OpenAPI.NET SDKを通じて実装されていて、その実装からAPI定義が抽象化できる。

  • HashiCorpがVault 1.0でAuto Unsealをオープンソース化、バッチトークンを追加

    HashiCorpが機密管理ツールVaultのバージョン1.0をリリースした。これに伴い、Vaultサーバを障害や再起動後に継続使用するために必要なAuto Unseal機能がオープンソース公開されている。今回のバージョンでは、バッチと呼ばれる新しいタイプのトークンが一時的ワークロードで使用できるようになった。もうひとつの新機能として、サービスアカウントトークンがKubernetes Authでサポートされたことで、ポッドにトークンを挿入可能になった

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。