BT
前の記事 rss
人のフォロワー

アジャイル採用におけるマネジメントのサポート

作者: Ben Linders フォローする 22 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年6月26日 午前3時37分

ビジネスの運営に関わるすべての人々にとって、ITの日々の業務への影響を理解することが不可欠になっている。上級管理職であれば、サイロやチーム全体を見渡して、システム全体のスループットに影響を与えることが可能だ。ITマネージャや役員は、チームの効率的かつ効果的な活動を、ビジネスマネージャによる積極的な関与に頼っている。マネジメントの関与は、企業全体のアジャイルにおいても重要だ。

人のフォロワー

幸福な文化がハイパフォーマンスを実現する

作者: Rafiq Gemmail フォローする 6 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年6月26日 午前3時5分

ITVのTom Clark氏が2月のDOXLONで講演し、ハイパフォーマンスは幸福なチーム構築の副作用である、という仮説を提唱した。DDO(Deliberately Developmental Organization)の貢献者であるAndy Flemming氏もまた、透明性と学習、個人の成長と幸福を意図的に重視した文化を創造することによる、ビジネスおよび戦略上のメリットの享受について講演している。

人のフォロワー

ハイパフォーマンスチームの文化、心理的安心感、感情的知性

作者: Ben Linders フォローする 22 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年6月19日 午前3時23分

人間性(Humanity)は、私たちの多くが従事する創造的な知的活動の中核である。ハイパフォーマンスなチームの基盤となるのは、自由と自律性を持ち、安心を感じている人々だ。自己認識と関連性をサポートし、安全の上にチームの感情的知性を築くためには、ゲームを有効に利用することができる。

人のフォロワー

コラボレーション開発を実現するVisual Studio Live Share

作者: Thomas Betts フォローする 33 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年6月11日 午前4時21分

Microsoft Buildで新しいVisual Studio Live Shareエクステンションが公開された。現在は公開プレビュー版が提供されている。Live Shareは、開発者間のリアルタイムで双方向のコラボレーションを提供する。どちら側のコンピュータも、リポジトリを共有したり、あるいは開発環境をセットアップする必要はない。VS 2017の他、MacやLinuxマシンを含むVS Codeでも使用できる。

人のフォロワー

優秀な人を見つけ持続可能なチームを作る

作者: Ben Linders フォローする 22 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年5月31日 午前4時21分

ミートアップやハッカソン、カンファレンスは自社の仕事や特性を披露し、優秀な人材と出会うのにうってつけの機会だ。面接の始めに相手に会話をリードさせることで、その人物をより深く知ることができる、という。プロとして成長する余地があるということと心理的安全性があるということが持続可能なチームを作り、協力的で凝集度が高いエンジニアリング文化を確立する上で重要だ。

人のフォロワー

継続的デリバリの基礎としてのトランクベース開発

作者: Rafiq Gemmail フォローする 6 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年5月15日 午前1時53分

pivotalで継続的デリバリに関する書籍を著したDave Farley氏は先頃、トランクベース開発のプラクティスに対する異論について記事を書き、CIと優秀なチームで果している役割を証拠としてそれらの意見に反論した。共著者のJez Humble氏もTwitterのスレッドでこのプラクティスの文化的側面についてコメントし、プログラマ気質との関係について説明している。

人のフォロワー

創造、協力、革新のためのソフトウェアエンジニアリング

作者: Ben Linders フォローする 22 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年5月14日 午前12時50分

ソフトウェアエンジニアリングは、反復的で、フィードバックに基づき、漸進的、実験的で、実証的でなければならない。 C職人技は十分ではない。エンジニアリングは増幅器であり、創造性と協力、発明を強化する。継続的デリバリはエンジニアリングの原則に根ざしている。

人のフォロワー

第12回 State of Agile Reportが公開

作者: Ben Linders フォローする 22 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年5月14日 午前12時32分

2018 State of Agile ReportがCollabNet VersionOneから公開された。報告書の結論からは、顧客満足度の必要性の増大、アジャイルを大規模展開する企業の増加、アジャイルソフトウェア開発における分散型チームの一般化に加え、多くの企業が今後12ヶ月以内にDerOps活動を開始ないし計画していることが確認される。

人のフォロワー

モブプログラミングの観点

作者: Rafiq Gemmail フォローする 6 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年5月2日 午前3時9分

”Mob Programming Guidebook”の著者であるMaaret Pyhäjärvi氏は、自身のモブテスト体験と、氏のチームがクロスファンクションの重要性を理解するに至る上で、それがいかに役立ったかを記事にした。Woody Zuill氏も先日のAgile Uprisingポッドキャストで、ソフトウェアをリリース可能な小ステップで提供する上で、モブプログラミングが効果的なコラボレーションモデルを提供する点について解説した。

人のフォロワー

素晴らしいエンジニアリング文化についてリーダーが語る

作者: Rafiq Gemmail フォローする 6 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年4月23日 午前12時11分

QConLondonのBuilding Great Engineering Culturesと題したトラックで、登壇者が聴衆から質問を受け、パネルディスカッションをした。 Google、Sky Betting、Gaming、ITV、Deliveroo、GlobalSignのリーダーたちが、自分たちがどのようにしてエンジニアリングについての素晴らしい文化を支援し構築してきたかを共有した。

人のフォロワー

Nexus Guideがアップデート、統合性と透明性を重視

作者: Ben Linders フォローする 22 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年4月13日 午前1時4分

メジャーアップデートされたNexus Guideのおもな変更点は、Nexus Integrationチームの役割の明確化、スケールアップ時の透明性に関する説明、2017年版Scrum Guideへの適合などだ。Nexus Guideは、組織がスクラムをスケールアップする際に利用するフレームワークである。

人のフォロワー

学びのためのペアリング

作者: Ben Linders フォローする 22 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年3月26日 午前12時19分

ペアリングを使えば,新たなトピックを学んで職場に持ち帰ったり,成果を目に見えるものにしたり,成功を共に祝ったりすることが可能になる。学習のパートナは,果敢な目標を立てることを互いに促したり,何らかの行動を宣言したり,その実現のために背中を優しく押したりすることのできる存在なのだ。

人のフォロワー

壊れた人間機械に対処する

作者: Ben Linders フォローする 22 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年3月22日 午前2時36分

ソフトウェア開発や何か大規模なものを作ることを本当に推し進めるには、自分の盲点を探り、人々とのやりとりを学ぶ必要がある。自分たちが作る文化は重要だ。高いパフォーマンスのチームと低いパフォーマンスのチームの生産性と品質は桁違いだ。どのようにやるか、は、何をやるかと同じくらい重要だ。

人のフォロワー

チーム感情と成果の関係

作者: Rafiq Gemmail フォローする 6 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年3月5日 午前12時13分

AI企業のDeep Affects社はJiraプロジェクトを調査し、感情面の健康とチームの生産性との関係を示した。彼らの発見はGallup社の2017 State of the Workforce調査によっても示されている。その調査は、感情面で積極的に関与しているチームを持たないことによるコストを示している。

人のフォロワー

アジャイルを用いてソーラーレースに勝利する方法

作者: Ben Linders フォローする 22 人のフォロワー , 翻訳者 高橋 洸 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年2月26日 午前3時36分

Nuon Solar チームはアジャイルとスクラムを使用することで、プロジェクトに最大の価値を与えるための第一のステップを明らかにし、異なる規律の統合、透過性と集中の確保を行い、改善にのための振り返りに取り組んでいる。彼らのゴールはクリーンエネルギーの使用の促進と教育であり、ミッションはイノベーションの力を利用して南アフリカで行われる Sasol Solar Challenge に勝利することである。

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT