BT
前の記事 rss
人のフォロワー

Atlassian、インシデント管理ソリューションを発表

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 sasai _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年11月12日 午前8時39分

9月4日、AtlassianはJira Opsと呼ばれる新プロダクトのローンチと、彼らがOpsGenieを買収することを発表した。Jira Opsを使うことで、組織はインシデントを解決し、そこから学ぶためのポストモーテムを実施できる。OpsGenieはJira Opsに迅速かつ信頼できるアラートを追加する。

人のフォロワー

分散チームの同調を保つには

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年9月24日 午後11時13分

分散チームの最大の課題はコミュニケーションである。コミュニケーションは、コラボレーションの基本ルールを確立する上で不可欠なものだ。お互いの連絡に都合のよい勤務時間へのシフトやチームリエゾンは、コミュニケーションと作業同期を行なう上で有効な手段である。信頼と尊敬とオープン性に立脚したチームは、組織全体の人々を積極的に支援し、チーム間の同調を維持する文化を育む。

人のフォロワー

反省会での心理的安全性

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年9月18日 午前12時32分

インシデントが発生すると感情が前面で出てくる。学習プロセスの中で非難なしの心理的に安全な反省会は重要だ。反省会は穏やかに行い、なるべく部外者が参加し、非難なしで皆に話す機会を与えるべきだ。本当に何が起きたのかを明確に理解するまでは、インシデントの分析を開始してはならない。

人のフォロワー

Spark the Change Paris 2018: 才能を解き放つ

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年9月9日 午後9時12分

好奇心を最優先にする、いつどのように仕事が生じるべきかを問う、テクノロジによる断片化を肯定してタスクベースの社会を実現する、採用において真の人間関係の可能性を最大化する、質問によって変化を促す、労働力として難民を取り込む方法を模索する – これらはいずれも、人々の才能を解き放つための提案と結論の一部である。

人のフォロワー

宇宙空間のディジタルディスラプション - 人工衛星による高速インターネットアクセス

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年9月5日 午前2時27分

人工衛星は農村部や航空機からのインターネットアクセスを可能にし、インターネットサービスプロバイダにコアネットワークを提供する。電気推進(electric propulsion)やディジタル化といった宇宙技術のイノベーションはテレコミュニケーションに革命を起こし、SpaceXのような新規参入企業は打ち上げコストを低減する。これらの開発によって、新たなサービスの提供と既存サービスのコスト低下が可能になるのだ。

人のフォロワー

セレンデピティとネットワークの力

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年8月6日 午前12時55分

新たな出会いは、あなたの新しい一面を引き出してくれる。プロジェクト外部からの視点を得て、新たな見方をするためにはよい方法だ。まったく違う分野で働く人々との会話は、会社を変えるアイデアを閃かせる可能性がある。価値観や関心事を同じくする人々に会うことに重点を置いて、ネットワークを日々の習慣に組み込むことが大切だ。

人のフォロワー

ハイパフォーマンスチームのためのゲームを開発する

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年7月25日 午前1時53分

ゲームストーミング(Gamestorming)モデルは、ゲーム作成のプロセスを述べたものだ。組織環境の中で魅力的な学習体験を創造するために、ゲームスペースやバウンダリ、ルール、アーティファクト、目標などの概念を提供する。作成されたゲームは、チームが実験し、成果に集中し、破壊的なパターンを試すために使用することができる。

人のフォロワー

アジャイル採用におけるマネジメントのサポート

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年6月26日 午前3時37分

ビジネスの運営に関わるすべての人々にとって、ITの日々の業務への影響を理解することが不可欠になっている。上級管理職であれば、サイロやチーム全体を見渡して、システム全体のスループットに影響を与えることが可能だ。ITマネージャや役員は、チームの効率的かつ効果的な活動を、ビジネスマネージャによる積極的な関与に頼っている。マネジメントの関与は、企業全体のアジャイルにおいても重要だ。

人のフォロワー

幸福な文化がハイパフォーマンスを実現する

作者: Rafiq Gemmail フォローする 8 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年6月26日 午前3時5分

ITVのTom Clark氏が2月のDOXLONで講演し、ハイパフォーマンスは幸福なチーム構築の副作用である、という仮説を提唱した。DDO(Deliberately Developmental Organization)の貢献者であるAndy Flemming氏もまた、透明性と学習、個人の成長と幸福を意図的に重視した文化を創造することによる、ビジネスおよび戦略上のメリットの享受について講演している。

人のフォロワー

ハイパフォーマンスチームの文化、心理的安心感、感情的知性

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年6月19日 午前3時23分

人間性(Humanity)は、私たちの多くが従事する創造的な知的活動の中核である。ハイパフォーマンスなチームの基盤となるのは、自由と自律性を持ち、安心を感じている人々だ。自己認識と関連性をサポートし、安全の上にチームの感情的知性を築くためには、ゲームを有効に利用することができる。

人のフォロワー

コラボレーション開発を実現するVisual Studio Live Share

作者: Thomas Betts フォローする 53 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年6月11日 午前4時21分

Microsoft Buildで新しいVisual Studio Live Shareエクステンションが公開された。現在は公開プレビュー版が提供されている。Live Shareは、開発者間のリアルタイムで双方向のコラボレーションを提供する。どちら側のコンピュータも、リポジトリを共有したり、あるいは開発環境をセットアップする必要はない。VS 2017の他、MacやLinuxマシンを含むVS Codeでも使用できる。

人のフォロワー

優秀な人を見つけ持続可能なチームを作る

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年5月31日 午前4時21分

ミートアップやハッカソン、カンファレンスは自社の仕事や特性を披露し、優秀な人材と出会うのにうってつけの機会だ。面接の始めに相手に会話をリードさせることで、その人物をより深く知ることができる、という。プロとして成長する余地があるということと心理的安全性があるということが持続可能なチームを作り、協力的で凝集度が高いエンジニアリング文化を確立する上で重要だ。

人のフォロワー

継続的デリバリの基礎としてのトランクベース開発

作者: Rafiq Gemmail フォローする 8 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年5月15日 午前1時53分

pivotalで継続的デリバリに関する書籍を著したDave Farley氏は先頃、トランクベース開発のプラクティスに対する異論について記事を書き、CIと優秀なチームで果している役割を証拠としてそれらの意見に反論した。共著者のJez Humble氏もTwitterのスレッドでこのプラクティスの文化的側面についてコメントし、プログラマ気質との関係について説明している。

人のフォロワー

創造、協力、革新のためのソフトウェアエンジニアリング

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年5月14日 午前12時50分

ソフトウェアエンジニアリングは、反復的で、フィードバックに基づき、漸進的、実験的で、実証的でなければならない。 C職人技は十分ではない。エンジニアリングは増幅器であり、創造性と協力、発明を強化する。継続的デリバリはエンジニアリングの原則に根ざしている。

人のフォロワー

第12回 State of Agile Reportが公開

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年5月14日 午前12時32分

2018 State of Agile ReportがCollabNet VersionOneから公開された。報告書の結論からは、顧客満足度の必要性の増大、アジャイルを大規模展開する企業の増加、アジャイルソフトウェア開発における分散型チームの一般化に加え、多くの企業が今後12ヶ月以内にDerOps活動を開始ないし計画していることが確認される。

BT