BT

InfoQ ホームページ 補完実践 に関するすべてのコンテンツ

アーティクル

RSSフィード
  • 「かんばん」をソフトウェア開発に適用する: アジャイルからリーンへ

    このInfoQの記事において、平鍋健児氏は、日本の製造業者と共に学んだことを適用する。多くのアジャイルチームはバリューストリームの一部だけを最適化するが、平鍋氏は、リーン生産のかんばんによる視覚的なトラッキングシステムから学んだことを適応させるシンプルな方法を提案する。このかんばんシステムは、多くの企業でプロセスを見える化し、よりよいコミュニケーションとプロセスの改善をもたらすものだ。

  • アジャイルなプロジェクトにおけるアナリストの役割

    多くのアジャイルソフトウェア開発プラクティスの文献にあるものと、アジャイルチームが実際に直面するものにはギャップがある。このギャップを埋めるべく、その役割と価値を担い、状況を変えていくことが、アジャイルなプロジェクトにおけるアナリストの役割だ。この記事では、ありがちな状況として、開発チーム寄りではなく業務寄りになるような場合でも、ビジネスアナリストはアジャイルなチームワークと実用的な連携を行うことができる、ということを主張していく。

  • 短いイテレーションの事例

    Valtech Technologies社のアジャイルコーチであるDave Nicolette氏は、短いイテレーションは長いものよりも良いのかという質問に、取り組んでいる。Dave氏は、短いイテレーションは、変更に対しより素早く対応し、より多く問題を発見し、修正する機会があることをデモしている。また、短いイテレーションがバーンアウトや他の問題を招きかねない懸念材料についても対処している。

  • AgileEVM: 製品ライフサイクル全体で費用対効果を計測する

    AgileEVMは、出来高管理の指標を使用した基準計画と比較し、コスト、スケジュール及びスコープの実際の値を計測する伝統的なプロジェクト管理手法を適応したプロジェクト管理手法です。

  • 3つのM - リーンの3要素

    リーン主義をソフトウェア開発に適用することについての議論では、主にムダ(無駄:Muda)なものを特定して排除することに関心が向けられてきました。リーン思考は同様に、ムリ(無理:Muri)とムラ(ばらつき:Mura)を削除することも目指しています。ムダ、ムリ、ムラは「3つのM」と呼ばれています。

  • 「コンサルティング」契約

    Michael Spayd氏が「コンサルタント」に関する、契約者と非契約者について語ります。身近なシステム開発シナリオの中での一般的なITナレッジワーカーの役割を展開し、仕事の開始と合わせたその行動をたどってみましょう。途中、クライアント (内部または外部を問わない) との契約の要素と、計画的な関係への取り組みを開始することの重要性について検証します。

  • コミュニケーションの失敗のスパイラルをコントロールせよ

    私たちは毎日コミュニケーションに失敗している。失敗は取るに足りないものから悲惨な結果をもたらすものまで様々だ。残念なことに、私たちには口論やケンカやもっとひどいことになるまで、コミュニケーションの失敗の本質について注意を向け自分たちのやりとりを分析しようとしない傾向がある。コミュニケーションの失敗はチームワークが重要な今日の世界のビジネスにおいて競争上の優位を得るための最も大きな障害である。この記事では J. B. Rainsberger 氏が祝日の挨拶を例に、効率的なコミュニケーションと信頼の構築、そしてチーム作業を行うための秘密兵器のひとつを教えてくれる。

  • レガシーコードのユニットテスティングにロギングの継ぎ目を利用する

    ロギングを使用して、レガシーコードのユニットテストを簡単にすることができます。また、クラスのロジックを変更したり、振る舞いを変えることもありません。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。