BT

InfoQ ホームページ Concurrency に関するすべてのコンテンツ

  • WorkerDOMはJavaScriptプログラミングにDOM並行処理を加える

    今年のJSConfの大きなニュースはWeb WorkerでDOMを利用可能にするJavaScriptライブラリであり、開発者がマルチコアプロセッサアーキテクチャを活用してWebパフォーマンスを向上させることができるWorkerDOMが紹介されたことである。

  • フェイスブックがRacerDをオープンソースに - Javaの競合状態を検出

    フェイスブックのオープンソースの静的解析ツールであるInferが、RacerDによるJavaコード競合状態検出を追加して公開された。

  • QCon New York 2017: システム内のイベントの順序付け

    Samsaraのソフトウェア技術者であるKavya Joshi氏が、QCon New York 2017で、happens-before原則について詳細に解説した。その中で氏は、分散型キーバリューストアであるRiakがノード間の因果関係の確立にベクトルクロックを使用している方法を解説するとともに、Goの並列処理プリミティブに注目し、それがhappen-before制約を自然に表現できる点について説明した。

  • 並列性と未来の分散プログラミングの関係

    身の回りの全ての世界は並列に進んでおり、非同期でイベント駆動である。最近のQCon LondonでJoe Duffy氏は基調講演を行い、並列性とクラウドは全ての開発者が将来的に取り扱う必要がある概念であると主張した。こ���中心にあるのは通信であり、これは並列性と分散システムの両方にとって必要不可欠なものである。

  • GoogleがGrumpyでCPythonの並列実行性の問題を解決

    GoogleはCPythonに存在するGlobal Interpreter Lockによって引き起こされる並列実行性の制限を、Goで新しいPythonランタイムを作成することで解決した。

  • Netflix Zuulが、非同期なノンブロッキングアーキテクチャに大変身

    Rags Srinivas氏は、マイクロサービス向けのZuulゲートウェイの主要な再構築についてNetflixのエンジニアリングマネージャーであるMikey Cohen氏に話を聞いた。 Cohen氏はその旅路について話し、この重要な試みの動機とチャレンジに話題を進める。

  • Gil Tene氏が講演でハードウェアトランザクショナルメモリを解説

    QCon New York 2016で行なわれたプレゼンテーション “Understanding Hardware Transactional Memory”で,Gil Tene氏は,ハードウェアトランザクショナルメモリ(HTM)について紹介した。概念としては古くからあったものの,やっと今,一般的なハードウェアとして利用できるようになったHTMの目的は,メモリの複数アドレスに対するアトミックな書き込みを可能にして,他のスレッドとの共同動作に矛盾を生じさせないことだ。

  • FacebookのAsyncDisplayKit - iOSアプリ用のスムーズな非同期UIが特徴

    FacebookがAsyncDisplayKitをオープンソースとして公開した。元々は,旧型のデバイス上でもアプリのスムーズな動作と応答性の維持を容易に保証する目的で,同社のPaperアプリのために開発されたフレームワークだったものだ。

  • Contemplate ThreadSafeがデッドロック検出機能を導入

    デッドロック検出ルールを新たに備えた,ContemplateのThreadSafeバージョン1.3.1が公開された。ロックを獲得する順序が原因で,デッドロックする可能性のあるコードを検出する機能を備える。デッドロックを検出すると,どのロック獲得が原因となっているかを報告する。

  • Haxl - Haskellを使った暗黙的な並列データアクセス

    Facebookは,効率的な並行データアクセスのためのライブラリであるHaxlをオープンソースとして公開した。表現力のある型システムや並列性,安全性保証といった,Haskellの従来からの強みに加えて,GHCの持つ実行時のハイパフォーマンスを活用することで,暗黙の並列データアクセスという厄介な問題を解決する。

  • Akka Toolkit 2.3 は Java 8 と Persistence をサポートする

    アクター・モデルの実装である���Akka Toolkitの最新版は、内部状態を永続化するステートフル・アクターを可能にする Persistence が、Java 8 のラムダ式のサポートと共に付属している。

  • スレッドモデルを変更したRust 0.9がリリース

    Rustチームが次世代プログラム言語Rustの最新バージョンをリリースした。今回のリリースで新しいのは,スレッディングシステムが再設計されたことと,1.0リリースに向けて言語としての改良がいくつか加えられたことだ。

  • 実用域に達したJRuby 9K

    JRuby開発リーダのひとりであるCharles Nutter氏は,JRubyのバージョン9000(9K)を2014年中(第2四半期以降)にリリースすると発表した。Ruby MRI 2.0相当の機能セットが目標だが,可能ならば2.1も対象にするという。優れたパフォーマンス,並列性サポート,総合的な可用性やJVMの採用による可搬性などによって,このバージョンはプロダクションシステムに適したものに仕上がっている。

  • Go 1.1が(安全に)前進

    Googleの Goチームが Go 1.1.1のリリースを完了した。このリリースでは言語のライブラリとツールセットの幾つもの新しいフィーチャが製品レベルになっている。言語の後方互換性はもちろん、既存のコードが再コンパイルによって即恩恵を受けることができる。

  • Java 8のリリースが延期,いまだ続くセキュリティ問題のために2014年まで

    OracleでJava Platform Groupのチーフアーキテクトを務めるMark Reinhhold氏は ,OracleがJava 8のリリーススケジュール延期を決定したことを発表した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。