BT

InfoQ ホームページ 継続的な改善 に関するすべてのコンテンツ

アーティクル

RSSフィード
  • より良いチームを作るためのエクササイズ

    一員になりたいと思えるほど素晴らしい成果をあげるチームに出会ったことはありますか。そのようなチームの価値を調べてみると、メンバと成果の方向性のバランスが完璧であることを見つけるかもしれません。自分のチームがこの状態からどのくらい離れているか調べようとするなら、この記事を読んでエクササイズを実施してみてください。

  • 「かんばん」をソフトウェア開発に適用する: アジャイルからリーンへ

    このInfoQの記事において、平鍋健児氏は、日本の製造業者と共に学んだことを適用する。多くのアジャイルチームはバリューストリームの一部だけを最適化するが、平鍋氏は、リーン生産のかんばんによる視覚的なトラッキングシステムから学んだことを適応させるシンプルな方法を提案する。このかんばんシステムは、多くの企業でプロセスを見える化し、よりよいコミュニケーションとプロセスの改善をもたらすものだ。

  • ソフトウェアのリーン思考入門

    これは、InfoQ Chinaのアジャイル編集者、Jacky Li氏によるリーン思考とリーン思考をどのようにソフトウェア開発に適用するかについての入門です。

  • レトロスペクティブのプライムディレクティブに対する問い

    この記事の始まりは、知的で思慮深い人たちの魅力的なグループが食事会を終えて話をしているところです。話はレトロスペクティブ(振り返り)プロセスの要であるプライムディレクティブ(最初の指示)に及んでいます。

  • 高い生産性を生み出すソフトウェア開発の秘伝

    何について学ぶのか?お互いのこと、テクノロジ、ドメイン、顧客など、すべてについてである。速く学習するチームは成功する。チームのパフォーマンスを妨げる目に見えない「学習ボトルネック」について詳しく知りたいのなら続けて読んでほしい。

  • 3つのM - リーンの3要素

    リーン主義をソフトウェア開発に適用することについての議論では、主にムダ(無駄:Muda)なものを特定して排除することに関心が向けられてきました。リーン思考は同様に、ムリ(無理:Muri)とムラ(ばらつき:Mura)を削除することも目指しています。ムダ、ムリ、ムラは「3つのM」と呼ばれています。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。