BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Continuous Integration に関するすべてのコンテンツ

  • JetBrainsがIntelliJ IDEA 2021.1をリリース

    JetBrainsは、Java 16のサポート、HTMLの変更を即座にレンダリングする新しいプレビュー機能、およびWSL 2のサポートを特徴とするIntelliJ IDEA 2021.1をリリースした。Docker、WSL 2、またはSSH経由でアプリケーションを実行することもできる。その他Docker、Kubernetes、Kotlin、Gitなどのサポートのさまざまな改善が含まれる。

  • JDK 16をサポートするGradle 7.0がリリース

    カスタマイズ可能なオープンソースのビルド自動化ツールであるGradleは、JDK 16をサポートするバージョン 7をリリースした。インクリメンタルビルドの高速化、ビルドの信頼性の向上、Apple Siliconプロセッサを搭載した新しいMacのネイティブサポートが付属している。以前のリリースで導入された依存関係の検証やJavaモジュールシステムのサポートなどのプレビュー機能は、安定した機能として昇格された。

  • EbayオープンソースパッケージがSwiftとXcodeを使ってテストの不安定さを軽減

    Targeted Auto Retryは、テストの不安定さに対処するためのEbayのアプローチである。これは、継続的インテグレーションパイプラインを不安定なテストステップに対してより回復力のあるものにすることを目的としたものである。このアプローチを簡単に使用できるようにするために、Ebayは、Xcodeユニットテストフレームワークで使用できる、Swift言語用の軽量フレームワークをオープンソース化した。

  • Spring BootアプリをSpring Native BetaでGraalVMに変換

    Springは、JavaまたはKotlinで記述された既存のSpring BootアプリケーションをGraalVMネイティブイメージに変換するための新しいツール Spring Native Beta をリリースした。目標は、Spring NativeでSpring Bootアプリケーションをサポートすることだ。GraalVMネイティブイメージは小さく、最適化され、すばやく起動する。ただし、トレードオフとして、JVMと比較して、ビルド時間が長くなり、実行時の最適化が少なくなる。

  • コミュニティでの議論: 継続的デプロイメントの価値とその存在まで

    HoneycombのCTOであるCharity Majors氏の投稿は、人々がCI/CD (継続的インテグレーションと継続的デプロイメント) について話すとき、彼らが継続的インテグレーション (CI) についてのみ話しており、それでは十分ではないと主張し、継続的デプロイメント (CD) に関する議論を再開した。議論では、その重要性だけでなく、実際にそれを使用している組織の数もカバーした。

  • Spotifyが実現した、Paved Pathと共通ツーリングによる生産性向上

    SpotifyのプロダクトマネージャのMaria Jernström氏とJason Palmerが、開発チームの迅速なオペレーションと連携を可能にする方法について説明した。同社のPlatform Developer Experienceトライブ(tribe)はCI/CDツール、プロダクション開発用ツール、共通プロセスの自動化に重点を置いた既定手順(paved path)を構築する部隊である。

  • Eclipse資格情報のリークがスナップショットビルドに影響

    Nexus Repository Managerのデプロイ資格情報がGitHubにリークされた。この問題は、2月中旬に脆弱性レポートが提出されたときに広く注目された。資格情報は暗号化されていたが、マスタパスワードもリークされていた。マスタパスワードはプレーンテキストでは保存されていなかったが、デコードは比較的簡単で、他の資格情報を復号化するために使用できた。

  • GitLab 13.9では、セキュリティアラートダッシュボード、メンテナンスモードなどが導入された

    GitLabの最新リリースでは、60を超える新機能が導入されている。主な目的は、大規模なDevSecOpsのサポートを改善し、自動化の複雑さを大規模な環境下でより適切に処理することである。

  • Javaニュース総まとめ - 2021年4月5日週

    4月5日週のJavaエコシステムのストーリーの総まとめ。

  • JFrogはJCenterとBintrayを閉鎖へ

    JFrogは、GradleやAndroidビルドでよく使用されるJavaリポジトリ JCenterを含むBintrayアセットホスティングサービスを閉鎖すると発表した。 Bintrayへのアップロードは月末にブロックされ、アセットは4月末以降ダウンロードできなくなり、その後すぐに削除される。 これがJavaビルドパイプラインにとって何を意味するかを知るために読んでください。

  • Npm 7がワークスペースと決定論的ビルドをサポートで一般提供

    先頃リリースされたnpm 7には、開発者から要求されたいくつかの機能が追加されている。たとえば、ワークスペースのサポート、ピア依存関係管理のより良いサポート、決定論的に再現可能なビルドだ。npm 7は、開発者エクスペリエンス全体の改善を目的としたいくつかの重大な変更を含む大きなリリースだ。

  • mvnd: Mavenを速くするDaemon、Peter Palaga氏とGuillaume Nodet氏との対談

    ほぼ20歳のMavenは、依然としてJavaの世界ビルドツールであり、最大の市場シェア (60%以上) を誇っている。敏捷性とリリースサイクルの短縮という今日のニーズに適応するため、Maven Daemonは、TakariまたはGradleによって普及した手法を使用して、必要な速度を実現する。

  • AWSがProtonを発表 - パブリックプレビュー版の新しいコンテナ管理サービス

    毎年開催されるAWS re:Invent開発者会議で、パブリッククラウドプロバイダーであるAmazonは、AWS Protonのパブリックプレビュー版を発表した。これは、コンテナーおよびサーバレスアプリケーション向けの新しいフルマネージドデプロイメントサービスである。AWS Protonを使用すると、顧客はサーバレスおよびコンテナベースのアプリケーションに対して、インフラストラクチャプロビジョニングとコードデプロイメントを自動化し、管理することができる。

  • AWSがMac MiniベースのEC2インスタンスの提供を開始

    re:Invent 2020で発表されたAWSの新しいEC2 Macインスタンスにより、Amazon Elastic Cloud ComputeでmacOSを実行して、macOS、iOS、iPadOS、tvOS、watchOS、SafariなどのAppleプラットフォーム用のXcodeアプリケーションを構築、テスト、パッケージ化、署名できる。

  • BazelがAndroidオープンソースプロジェクトの新しいビルドシステムになる

    Googleは、Androidオープンソースプロジェクト(AOSP)が、新しいビルドツールとしてBazelを使用することを発表した。AOSPは、市場で入手可能なすべてのAndroidラベル付きOSおよびより多くの派生OSに対する基盤を提供するものである。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。