BT

InfoQ ホームページ Contract First Development に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • .NET CoreのPure属性

    Pure属性が.NETのバージョン4に追加された。これは開発者が他のコードからの副作用のないコードを区別するのに役立つCode Contractsイニシアチブの一部である。Code Contractsプロジェクトが終了した後も、Pure属性は.NET Coreで活躍し続けている。

  • API設計の人的側面: ApiaryのJakub Nesetril氏とのインタビュー

    API設計とAPI記述はマシン間の単なるインターフェイス規約以上のものだ。Apiaryの共同創業者でCEOのJakub Nesetril氏は、API記述の真の消費者は、課された取り決め、ユーザビリティ、コミュニケーションに関心を持っている開発者である、と指摘する。API設計と新たなAPIツールおよびワークフローに対するApiaryのアプローチについて、Jakub氏から話を聞いた。

  • RESTと巡回セールスマン設計

    このころ、CapGemini社のMark Baker氏はgithub上のNokia REST APIプロジェクトについて記事を書いた。その記事で、彼はREST基板サービスの設計とAPIドキュメント作業はもう必要ないこととHATEOASで十分であることを示した。Steve氏は以前、IT価値化は技術より思考力だと言及した。これは、その悪い事例である。

  • 進捗の思わしくない Code Contracts

    Code Contracts の製品開発利用への展開が進んでいない。当初からあった数多くの技術的目標は今も有効だが,目前にある問題や障害のために,現在の形式での実現は遠からず断念せざるを得なくなる。

  • 角括弧がコントラクトファースト開発に関係する?

    ThinktectureのChristian Weyer氏は、WCFを使ったWebサービスで、コントラクトファースト開発を可能にするVisual StudioアドインであるWSCF.blueのリリースを発表した。

  • Code Contractsの使用に関する詳細

    以前InfoQは.NET向けのCode Contractsの可用性について取り上げた。今回、 .NETへの重要な追加である、Code Contractsの使用に関するさらなる詳細を提供する。

  • 「古典派」TDD 対 「モック派」TDD、これは本当の対立軸だろうか?

    先日のTest-Driven Development(テスト駆動開発)Yahoo groupsでの議論で関心を集めたのは、TDDに対するいわゆる「古典派」のアプローチと「モック派」のアプローチとのつながりについてだ。

  • .NET向けのCode Contractsがダウンロードで利用可能

    Code Contractsは、Design by Contract概念の.NET実装である。.NET 4.0で提供されることになっていたが、Code ContractsはすでにDevLabsからダウンロードで利用可能である。Contractsは、APIの使用にある制限を課すので、プログラミングがより安全になり、検証が厳しくなるので、実行時に予期せぬエラーの数が少なくなる。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。