BT

InfoQ ホームページ カルチャー&手法 に関するすべてのコンテンツ

インタビュー

RSSフィード
  • Scala+Liftによる超実用開発

    オブジェクト指向と関数型の機能をすべて提供し、さらにRubyに代表される動的言語の柔軟性と静的型付け言語の信頼性をも兼ね備え、JavaVMの上で開発実行できる新時代の言語がScalaだ。Scalaとその上で使える強力なWebフレームワークLiftを用いた実システム開発が世界的に広がっているが、今回は日本での実システム開発の事例とScala採用の理由をインタビュー+プレゼン形式で語ってもらう。

    Scala+Liftによる超実用開発
    Icon
    13:59
  • Erich GammaによるJazz、Eclipse、JUnit、そしてデザインパターンに関する議論

    このインタビューはQCon ロンドン 2008 でErich Gamma氏と様々なテーマについて議論したものです。議論したテーマは「Jazzプロジェクト」、「Eclipseがなぜ成功しているか」、「Eclipseの厳格なリリーススケジュール」、「JUnit」、「デザインパターン」、「どのようにデザインパターンを見つけるのか」、「デザインパターンとDRY原則について」、「デザインパターンコミュニティ」、「依存性の注入はデザインパターンか、そうではないか」です。(翻訳:近藤 寛喜 - (株)チェンジビジョン)

    Erich GammaによるJazz、Eclipse、JUnit、そしてデザインパターンに関する議論
    Icon
    22:51
  • Kent Beck氏 Implementation Patternsを語る

    OOPSLA 2007の会場にて我々InfoQ取材班はKent Beck氏へのインタビューを行った。その中で氏は、彼の新しい本「Implementation Patterns」についてや、その中に登場するパターンとXPとの関わり、そしてアジャイルを適用する際の問題やデザインパターンの現在の状況について語ってくれた。(翻訳:畠山 貴 - (株)永和システムマネジメント)

    Kent Beck氏 Implementation Patternsを語る
    Icon
    30:15
  • 平鍋氏のGordon Pask Award受賞スピーチ

    Agile2008において、Gordon Pask Awardの授与式が行われ、その一人として、チェンジビジョンの平鍋氏が受賞しました。本賞は、毎年、アジャイルコミュニティで定評のあるリーダーだけではなく、新たなリーダーになる可能性のある者に贈られるものです。InfoQでは、授与式のスピーチを動画にてお送りします。

    平鍋氏のGordon Pask Award受賞スピーチ
    Icon
    03:58
  • Coplien氏とMartin氏、TDDとCDDそしてプロフェッショナルの定義について大いに語る。

    JAOO '07 で「今時、ユニットテストを実施してないコードを納品するのは無責任な開発者だ」というBob Martin氏の主張について、議論が起こった。 このInfoQビデオは、BobとJim Coplien氏がこれに関連する話や、いくつかの他の話題について議論する様子を納めたものだ。TDDと契約による設計(Design by Contract)の比較や、システムとビジネスドメインモデルを調和させるためには、事前にどれくらいのアーキテクチャ設計をしておかなければならないのか、などが議論されている。(翻訳:近藤 修平 - (株)永和システムマネジメント)

    Coplien氏とMartin氏、TDDとCDDそしてプロフェッショナルの定義について大いに語る。
    Icon
    22:48
BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。