BT

InfoQ ホームページ カルチャー&手法 に関するすべてのコンテンツ

  • パンデミックプログラミング調査の結果からCOVID-19の変化が悪影響を及ぼすことが判明

    パンデミックプログラミングの調査では、COVID-19によるロックダウンや変化によって開発者の生活にどのような影響が出ているかを調べた。52カ国から2200人以上の人々がアンケートに回答し、自宅で仕事をする前と仕事中の幸福度と生産性を評価した。その結果、一部のグループが他のグループよりも影響を受けており、幸福と生産性が低下していることがわかった。

  • テクノロジ企業大手がリモートワークを長期継続へ

    COVID-19の影響が世界中で感じられ続けて、テクノロジ産業の従業者の多くが自宅で仕事をするようになった中、大手のハイテク産業は社員のリモートワークを長期的に許可および奨励する決定を下しつつある。Facebook、Twitter、Shopifyなどが現在、従業員の大半を恒久的にリモートワークとする計画を立案中だ。

  • アジャイルを納期と連携させるには

    たとえ納期が厳しくても、スプリント作業に優先度を設定したり、日々のスタンドアップでブロッカを管理したり、レトロスペクティブを実施して作業方法を改善することは可能だ。恣意的に決定された納期を交渉によって緩めさせようという場合には、ステークホルダとの関係性が重要になる。事前に対話を始めておくことで、より望ましい期待値を設定し、スムーズな提供を確約することが、不確実性に直面する状況では特に重要だ。

  • パンデミックが浮かび上がらせたZoomコラボレーションのリスク

    COVID-19による自己隔離により、Zoomのデイリーユーザは1,000万から2億に増大した。これに伴ってデータプライバシやセキュリティプラクティス、ミーティング設定に関わる問題が注目されている。Bruce Schneier氏を始めとするセキュリティコメンテータが、これらの問題に対する洞察を提供している。政府機関や主要企業での使用禁止を受け、Zoomでは、前Facebook CSOが参画する90日間のセキュリティ強化期間を開始した。

  • リモートワーカの生産性と満足感に関する調査結果に見える矛盾

    長引くCOVID-19の影響によって、ハイテク産業ではリモートワークが一般的になり、多くの技術系社員がリモートで業務に従事している。このシフトが企業の生産性に与える影響を測ろうとする研究や調査が行われているが、結果の間に見られる矛盾は我々の置かれた時代の複雑さを象徴している。

  • Volkswagenのソフトウェア主導企業への変革

    Volkswagenが同社のソフトウェア開発方法を変革しようとしている。自身の開発スキルを取り戻し、新たなテクノロジとメソッドに基づいた新製品の開発に重点を置いているのだ。使用するテクノロジはチームが独自に決定する。

  • Redgateにおけるジェネレーティブな文化の構築 - QCon London Q&A

    ジェネレーティブ(Generative、生成的)な文化には、明確な目標意識、高度な協調、そして学びがある。ジェネレーティブな文化の中には、学習の時間と新たなアイデアを提案する空間がある。Redgateでプロダクトエンジニアリングの責任者を務めるJeff Foster氏はQCon London 2020で、ジェネレーティブな文化を作り上げることによってRedgateがいかに製品開発の方法を改善したか、というテーマで講演を行う予定である。

  • サーバントリーダの孤立を避けるには

    チームの成功を祝う時、サーバントリーダ(servant leader、奉仕型リーダ)の果たした役割に対する認識あるいは理解のないことが少なくない。彼らの活動が資料に残っていなかったり、他のメンバから見えなかったりする場合があるからだ。このような孤独な状況を避けるには、サーバントリーダをサポートするネットワークを構築して、自分たちの行動を共有し、成功を称え合い、その方法についてブログを書き、自分たちの成果をマネジメントに対してアピールする、という方法がある。

  • リモートワークの普及とビジネス継続性の実現

    Buffer.com and AngelListは先頃、2020 State of Remote Workの調査結果を公開した。この調査は、中国で唐突に発生したリモートワークブームを調査したWall Street Journalのレポートと同時期に行われたものだ。COVID-19ウィルスを原因とする移動制限への対応としてのリモートワークは、Alibabaなどの企業にとってビジネス継続性を実現する手段となっている。

  • 自己組織化チームにおける協調��意思決定

    自己組織化チームにおいて、メンバが持つすべてのポテンシャルを発揮する機会を与えることは、今日の企業が成功を収める上で最良の方法だ、とLorenzo Massacci氏は主張する。Agile Business Day 2019で、氏は、自らを組織化するチームが継続的かつ効率的な意思決定を可能にする方法について講演した。

  • チームをデバッグするには: QCon London Q&A

    Lisa van Gelder氏はQCon London 2020で講演でチームのデバッグ方法(debug your team)について講演し、チームのデリバリペースに関する問題を診断し、対処するためのツールキットを提供した。"問題なのは、チームが専門性、自律性、目的性、心理的安全性を持っているかどうかです"、と氏は言う。チームから賛同を得られる方法でチームを変革するために、氏はそのツールキットを使用している。

  • アジャイル企業と従業員エンゲージメント

    Business Agility Instituteは、企業従業員のエンゲージメント(engagement)調査を要約した白書を公開した。白書では、従業員エンゲージメントレベルの高さが、優秀な人材の獲得、定着率、イノベーション、利益率、生産性の向上などと直接的な相関関係にある、と結論付けている。アジャイル成熟度の高い企業が、Glassdoorでのレートにおいて25パーセント高いことも示されている。

  • 組織トポロジと品質への影響

    August Lilleaas氏は先頃、Microsoftの論文を引用して、組織の複雑性とソフトウェア品質との相関関係に関する記事を書いた。Rapid Software Testing Methotologyを開発したJames Bach氏も先頃、品質のメトリクスの解釈方法について記事を書いている。さらにTeam Topologiesの著者たちは、組織構���がソフトウェアプロダクトの健全性に及ぼす好影響について意見を述べている。

  • COVID-19下でメンタルヘルスと健康をケアする

    COVID-19のような世界を覆う危機の時、不安、恐怖、悲しみ、怒り、フラストレーションを感じるのは普通のことであり、私たちは自分自身に優しくして、これらの感情を小さくしたり否定したりすることなく、受け入れる必要がある。ストレスを克服するためにできることはある。共感的な反応は、私たちが直面しているストレスに積極的に対処するための一つの方法だ。

  • 継続的デリバリの今後10年を予想する

    Dave Farley、Jez Humble両氏が、これからの10年間で継続的デリバリ(CD/Continuous Delivery)に期待するものについて、DeliveryConfで講演した。CDを成功させるためには、技術、組織、文化という、相互に深く関連した3つのパフォーマンス面を注視する必要がある。DORAのレポートには、技術的プラクティスは変革を推進することが可能だが、それだけでは不十分であることが示されている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。