BT

InfoQ ホームページ カルチャー&手法 に関するすべてのコンテンツ

  • リーダへのキャリアチェンジ

    チームリーダになるための移行期間をメンタと共に持てたことで、Dan Persa氏は、シニアソフトウェアエンジニアからエンジニアリーダへと、スムーズに移行することができた。Codemotion Amsterdam 2019で氏は、他の開発者にもリーダへのキャリアパス選択を動機付けるべく、自身の経験や学んだことを公開した。

  • SamsungのアジャイルとリーンUXへの旅

    Samsungは、チーム主導のアジャイル移行と、それに続く文化主導のアジャイル移行の適用を通じて、現実のユーザと価値のあるプロダクトにチームを集中させることに成功した。同社のシニアUXデザイナであるJaesung Jo氏は、Lean and Agile ME Summit 2019で行った講演で、製品開発全体を通してチーム主導のユーザーリサーチを実施するための、ペルソナの作成と利用について語った。

  • ThoughtWorksがデジタル・トランスフォーメーションの推進にユーザセンターデザインを適用した方法

    Agile India 2019で、ThoughtWorksはデザイン・シンキングが様々な企業が自身のテクノロジーとビジネスモデルを破壊する方法について講演した。プロダクトとテクノロジーチームは違いに異なった作用をし、新たなカスタマーセントリックスキルを開発する必要がある。ユーザセントリシティがビジネスモデルと組織をどう変えているかに基づき、ThoughtWorksはアジャイル・マニフェストに新しいビジョンを打ち出した。

  • Tuckmanは間違っている!Doc Norton氏のリチーミングモデル

    Agile India 2019で、Doc Norton氏は、Tuckmanチームフォーメーションモデルが機能しない理由について講演し、現在のアジャイルチームにより適合する、新たなリチーミング(reteaming)モデルについて説明した。リチーミングモデルは組織の改革と学習を促進する、と説明するNorton氏は、チームのパフォーマンス向上につながる4つの基準として、自主性(Autonomy)、つながり(Connection)、卓越性(Excellence),多様性(Diversity)の4つを挙げた。

  • アジャイルな見積もりのためのウェブベースのモンテカルロシミュレーション

    モンテカルロシミュレーションを利用した、プロジェクト見積もりを計算するウェブベースのツールが最近公開された。アジャイルチームがそれを使って、過度に甘い見積もりではなく、現実的な成果にフォーカスしつつ、スクラムマスターとプロダクトオーナーの会話を円滑に進められればという願いが込められている。

  • 分散型チームで高品質なプロダクトを開発する

    Intermediaでは、製品とサービスの品質を保証するために、すべての分散型チームが共通のテスト環境と運用準備(pre-production)環境を使用している。同社プロダクトマネージャのLilla Gorbachik氏は、European Women in Techでの講演で、完成度の高いテストプロセスを持つこと、リスクに取り組むこと、そして高品質プロダクトの側面から日々の意思決定を行うことが、高品質のプロダクトを開発する上で重要だ、と述べている。

  • 包括的な視野を持ってJiraを効果的に利用する

    AtlassianのパートナであるDevInitのDzmitry Hryb氏が先頃、Jiraのイシュー中心のモデルが結果として”マクロな視野”を欠いた近視眼的な見方をもたらしているとする,TechCrunchの主張に対する反論を公開した。アーキテクトのEltjo R. Poort氏とDevOpsリーダのMatt Saunders氏も先日,ビジョンとアーキテクチャの方向性を捉える上で最も適した他のツールとJiraを併用するためのパターンを紹介している。

  • 第13回State of Agileレポートが公開

    2019年5月7日に、CollabNet VersionOneは13番目のState of Agileレポートを公開した。 今年のレポートのハイライトには、アジャイル導入のレベルが含まれている。これは、アジャイル開発手法を実践していると回答した組織の97%に達している。アジャイル実践の習熟度はまだ低く、組織のわずか17%しか実践の習熟度が高いと主張していない。

  • アジャイルの世界にAIを適用する

    人工知能(AI)システムとアジャイルの世界の融合は,我々が構築するソフトウェアの開発方法やプロダクトのあり方に破壊的な影響力を持つ,とAidan Casey氏は言う。マシンラーニングとディープラーニングの組み合わせにより,真に人のように学習するアプリケーションの開発が可能になった。一方で,AIシステムの能力はトレーニングに使用したデータセットによって制限されるため,AIバイアスは非常に深刻な問題である。

  • Stack Overflow Developer Survey 2019のサマリー

    2019 Stack Overflowによる開発者調査によると、Javascript、MySQL、およびLinuxは、最も普及しているテクノロジとしての地位を維持している。パブリッククラウドプロバイダ(AWS、Azure、Google Cloud Platform)は、最も人気のあるプラットフォームとて挙げられている。約9万人の開発者を対象とした調査では、人口統計情報が照合され、この業界における性別や民族の不均衡が非常に大きかった。

  • NetObjectivesのAl Shalloway氏が語る,バリューストリーム管理における経営陣とマネージャの役割

    組織がアジャイルに移行する上で,経営陣の取るべき役割は,その文化やパフォーマンスの目標に最も適した効率的な組織のビジョンをデザインし,それについて語ることだ。また,最も効果的な組織においてマネージメントの負う責務は,バリューストリームを妨げる組織的ブロッカを取り除いて遅延コストを削減することだ。

  • アジャイルにおける設計とセキュリティ - QCon London Q&Aより

    セキュリティ分野の専門家による設計書のレビューを行えば,脆弱性スキャンやセキュリティオートメーションでは検出不可能な,潜在的なセキュリティ問題を見つけることができる。このようなレビューでは,アクセストークンの発行や管理,外部サービスへのデータ転送,信頼できないコードの実行といった重要な部分に集中することが必要だ — AppLandの共同創業者でエンタープライズソフトウェアエンジニアのKevin Gilpin氏は,QCon London 2019年でこのように述べた。

  • ElasTestで実現するテスト時の可観測性

    分散アプリケーションでは,非分散アプリケーションで一般的に使用されているデバッグテクニックを使うのは困難である。テスト環境においても運用時のような可観測性を実現すれば,バグの検出が容易になる,とFrancisco Gortázar氏は,European Testing Conference 2019で主張し,可観測性を使って複雑な分散システムのテストと評価を行うツールとして,ElasTestを紹介した。

  • Lynne Cazalyによる手書きの図を使ったセンスメイキングについて

    作家兼グラフィック・ファシリテーターのLynne Cazalayは、最近のAgile on the Beachニュージーランド会議で、グラフィックイメージを通してアイデアを明確にするためのいくつかのテクニックに関するマスタークラスを開いた。それはあらゆる物語の重要な要素を識別し、コンテンツが意味のあるものになるようにそれらを表現できる簡単な図表である。

  • 高等教育におけるアジャイル: オープン大学での経験

    大学はアジャイルとプロダクトのマインドセットを受け入れる必要がある。彼らは自分たちがほとんど理解していない新しい種類のプロダクトやサービスの仮説駆動の開発に取り組んでおり、またユーザの振る舞いやニーズもほとんど理解していないからだ、Matthew Moran氏は述べた。彼はアジャイルのマインドセット、原則、プラクティスをオンライン開発コースに適用することについて、Aginext 2019で講演を行なった。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。