BT

InfoQ ホームページ カルチャー&手法 に関するすべてのコンテンツ

  • Katherine Kirk氏との一問一答 - 不確実な時代のエントロピに対処する

    Katherine Kirk氏と、コントロール喪失下での繁栄について議論した。現在のパンデミックの組織への影響を議論する中で、Kirk氏は、エントロピの影響を理解し、対抗するという、状況対応型戦略の重要性について説明してくれた。

  • 複雑なソフトウェアプロジェクトをナビゲートし、不確実な時代をリードする - InfoQ Live 9/23

    InfoQ Liveには、Red HatのGlobal Transformation Officeでシニアディレクタを務めるJohn Willis氏や、FTでオペレーションとリライアビリティを担当するテクニカルディレクタのSarah Wells氏など、世界クラスの実践家が参加して、ソフトウェアエンジニアリングリーダシップに関する価値ある洞察や実践的アドバイスを提供してくれる。

  • ”守破離”によってチェンジエージェントを組織内に確立する

    守破離(Shu-Ha-Ri)は漸進的な成功を収めるための基本をマスタし、ファンダメンタルを理解することを通じて、アジャイルになるための習得パスを示してくれる。自身のチェンジ・エージェント(Change Agent)を持つことによって企業は、変化する市場ニーズに素早く対応し、競争力を獲得することが可能になる。

  • テスト欄を止めればデリバリは早くなる

    タスクボードに"テスト中(In test)"のような欄があると、進行中の作業の数が多く、実際に完了した作業の数が少なくなることがよくある。このような欄は取り払ってしまった方が、テスタと開発者のコラボレーションが増え、デリバリが早くなる。

  • 社内プラットホームチームを効果的に管理する - Camille Fournier氏の講演より

    Two Sigmaでプラットフォームエンジニアリングの責任者を務めるマネージングディレクタのCamille Fournier氏が先頃、社内のプラットフォームチームエンジニアリングチームのマネジメント経験から自身が得た教訓について講演した。氏が指摘した2つの大きな課題は、カスタマベースが小規模であることと、カスタマがプロダクトをどのように使用しているかを理解することの問題だ。

  • 天国から地獄に落ちたプロジェクトに学ぶ

    Kantegaのプロジェクトリーダで部門マネージャのMaja Selmer Megard氏は、当初はすべての要件に対して完璧にフィットしていると思われながら、最終的には氏が経験した中で最も大変で葛藤に満ちたものになったプロジェクトにおける、自身の経験を公開した。

  • ソフトウェアエンジニアリングリーダーシップによるテクノロジーの提供:近々開催されるInfoQライブイベント

    InfoQ Liveは、現代のソフトウェア実務家向けに設計されたインタラクティブな仮想イベントで、9月23日に新しいトピックにフォーカスして開催される。ソフトウェアエンジニアリングのリーダーシップとチームの能力強化によって、テクノロジーを提供する。Sarah Wells氏、John Willis氏(@botchagalupe)、Holly Cummins氏、Sarah Shewell氏などのワールドクラスの実務家と共に、技術プロジェクトのリード、チームデータダイナミクスの分析、不確実なタイミングにおけるチームのリードのベストプラクティスについて深く掘り下げましょう。

  • 製品開発に態度を活用する

    シニシズム(cynicism、皮肉)、懐疑主義、楽観主義といった態度は、プロダクトを開発する方法に影響する。開発を阻害したり、あるいは誤ったプロダクトの構築に導く可能性があるため、態度を認識することは重要だ。Gwen Diagram氏に、シニシズム、懐疑主義、楽観主義と、開発者が与え得る影響、チームにおける態度への対応などについてインタビューした。

  • "プロダクトオーナ”は最悪の発想だ

    プロダクトオーナという役割の是非に、チームの成熟度、組織の成熟度、組織のタイプ、組織の複雑度、さらにはプロダクトオーナ自身など、多くの要素が関係していることは疑う余地がない。一方で一部の思想的リーダは、特にこのVUCA(不安定性、不確実性、複雑性、不明確性)時代において、その役割の機能には疑いの目を向けている。

  • ”Happiness at Work” 国際週間

    9月最終週の21~27日は、世界中の企業や個人に対して、3回目の"International Week of Happiness at Work"を祝おうと呼びかけられている1週間である。このイベントは世界中の職場での幸福を促進する目的で始められたもので、職場での幸福向上を目標としたイベントを開催するように、企業に対して勧めている。

  • eBay Denmarkにおけるソフトウェア品質保証の取り組み

    品質とは、単に運用環境へバグを流出させないということだけではない。その他にも多くのことがある。品質とは、プロダクトがユーザフレンドリで、アクセスや利用が容易で、高いパフォーマンスと短いロード時間を実現していることだ。コードが安定していて、メンテナンスが容易なことも必要だ。Jette Pedersen氏はSwiss Testing Day 2020で、優れた品質のプロダクトを実現する方法について講演した。

  • アジャイルにおけるビジネスアナリストの役割

    アジャイルな組織においても、ビジネスアナリストにはその役割がある — プロダクトオーナになることも、チームに参加することも、あるいはプロダクトの枠を越えてプロダクトオーナやチームとコラボレーションすることも可能なのだ。フレームワークが代わろうとも、BAの役割には非常に大きな価値があるのだから、自分のスキルに自信を持つことが重要だ。

  • KubeCon EU、CNCFコミュニティ、パンデミックにおけるクラウドの役割 - Priyanka Sharma氏に聞く

    InfoQは新たにCNCFのGMになったPriyanka Sharma氏と、クラウドとオープンソースの役割、予測不可能な現在と将来に向けた同財団の活動について話す機会を得た。

  • PlutoraのJeff Keyes氏に聞く - バリューストリーム・マネジメントの変革的影響

    Enterprise Management Associates(EMA)は先頃、DevOps 2021の調査結果を公開した。その中では、VSMベンダへの市場参入が2020年内に50パーセント近く増加するという予測とともに、それらVSMベンダが期待に応えられていない点が示唆されている。VSM採用に関わるもの、VSMの持つ変革的影響、失敗の可能性などの理解を深めるべく、代表的なVSMプラットフォームプロバイダのPlutoraに話を聞いた。

  • 測定を使用したリモート作業の最適化

    HeadForwardsのDave Longman氏は、ロックダウン中のリモート作業の有効性を示すためにデータを使用することについて書いた。MITの経営学部のMichael Schrage氏は、現在の風土におけるパフォーマンスを改善するためにデータ駆動型の洞察を使用することの重要性についても書いている。London Business SchoolのLaura Giurge氏は、孤立が個人や企業に遠隔効果をもたらす方法を教えていると語った。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。