BT

InfoQ ホームページ カルチャー&手法 に関するすべてのコンテンツ

  • Airbnb:ガードレールを使ってチーム全体に悪影響を与える変更を特定

    Airbnbは、内部のExperiment Guardrailsシステムを展開して、さまざまなチーム間での変更による潜在的な悪影響を特定した。提案された変更がガードレールを通過しない場合は常に、影響を受けるチームと利害関係者によるさらなる分析のためにエスカレーションされる。このように、AirbnbのデータサイエンティストのTatiana Xifara氏は説明する。

  • リモートワーク時代の会議

    バーチャル会議に多くの人が参加すると、一部にだけ出席する人や参加できない人が出てくる可能性がある。誰が会議に出席すべきかを質問し、会議から取り残されることへの恐れを減らすために、出席しないことにした人が会議からの情報を利用できるようにする必要がある。

  • プレッシャーの下での心理的安全性の維持

    リーダーがプレッシャーにさらされているとき、ダークサイドの行動に陥る可能性がある。それによって、組織文化と心理的安全に深く永続的な害を引き起こす可能性がある。リーダーは、プレッシャーがかかった状況に対する反応と対応を慎重に管理することに非常に意識する必要がある。強いキャラクターが頻繁に出てしまい害になってしまう可能性を回避するためである。

  • メンタルヘルスのための個人的アジャイルの導入

    高い品質の成果物を高い完成度で、常に提供しなければならないという意識は、ストレスを生み出し、燃え尽き症候群(burnout)の原因になる可能性がある。何よりもまず、燃え尽き症候群に陥るのを避ける問題を自分が抱えている、ということを受け入れなければならない。個人レベルでアジャイルを適用することが、ストレスを低減し、燃え尽き症候群の可能性を低めながら、高い目標を達成する上で一助となるはずだ。

  • 意図的組織を構築するための総体的アプローチ

    意図的組織(intentional organization)の構築には、組織を構築するブロックのすべてを総体的に把握する考え方が求められる。重要なのはリーダシップだ。マネージャの行動に伴って生ずる組織的な結果は、組織がその目的を達成できるためのデザインに沿ったものでなければならない。

  • テストツアーのペアリングと学習で学んだこと

    チーム唯一のテスタ(solo tester)であるParveen Khan氏は、他のテスタや開発者たちとリモートでペアを組んでトピックを調査するという、テストツアーを行うことにした。このツアーは氏にとって、パフォーマンステスト、ALとML、可観測性、スケッチノーティング(Sketchnoting)といったテストトピックを探求する、学びのテスト体験になった。これらのセッションを行う中で、ペアリングや共有が自分自身の成長に有益なものであることも経験した。

  • GitHubのモノリスからマイクロサービスへの旅: QCon Plus Q&A

    GitHubは、チームがテーブルにもたらしたさまざまな文化、規範、テクノロジースタックのすべてのために、ソフトウェア開発をどのように行ったかを根本的に再考する必要があった。彼らは、さまざまなチーム、システム、テクノロジーが調和して連携できるようにするマイクロサービスアーキテクチャに移行している。

  • QCon Plus: リモートワーキングトラックのまとめ

    QCon Plusカンファレンスは2020年11月に3週間にわたって開催された。Travis McPeak氏は、従業員、顧客、組織全体の利益のためにリモートワークを活用する方法について世界クラスのリモート企業から学んだことを共有することを目的とした Best Practices for Remote Work トラックを主催した。

  • 確率論的データサイエンスモデルのテストから学んだこと

    データサイエンスモデルは統計的なブラックボックスだ — そのテストには、アルゴリズムや乱数性、統計学といった数学的テクニックの理解が必要になる。データサイエンスモデルの検証で有効なのは、しきい値を用いた出力差異の処理だ。

  • チームレベルのアジャイルアンチパターン - なぜ起こるのか、どう対処すべきか

    優秀なスクラムマスタやコーチは、チームベースのアンチパターンに対処することができる。例えば、理想的でない結果になる原因は何か、アンチパターンに対処���ない場合にはどうなるのか、といったことを説明してくれる。

  • フィードバックを解析してユーザから学ぶ

    ユーザがフィードバックを容易に提供できて、そのフィードバックを自動収集可能にすれば、より多くのフィードバックを短期間に得られるようになる。AIを導入することにより、大量のフィードバックを解析して洞察を得ることや、トレンドを視覚化することも可能になる。こうして得た情報の共有が、プロダクトの拡張やユーザの抱える問題の解決といったアクションを広範にサポートするのだ。

  • ノスタルジアの利点: Linda Rising氏とのQ&A

    過去を思い出すことは利益をもたらすことができる。ノスタルジックな反省は私たちをより楽観的にすることができる。振り返りは、私たちの生活に意味と目的があると感じさせ、未来をよりよくナビゲートし、前進するのに役立つ。

  • QCon Plus: テクニカルフォークの非テクニカルスキルトラックの概要

    Qcon Plusは2020年11月に開催された。トラックの1つは、テクニカルフォーク向けの非テクニカルスキルに焦点を当てていた。eBayのRandy Shoup氏が主催するこのトラックは、チーム内外の効果的なコミュニケーションとコラボレーションに必要な重要な人材スキルの一部に焦点を当てていた。

  • QCon Plus: Inclusion & Diversity in Tech トラックのまとめ

    QCon Plusは、11月に3週間にわたって開催される。初日のトラックの1つは、テクノロジーにおける包含性と多様性に焦点を当てる。このトラックは、DEIに対する認識を変え、会話を進めるために設計された。3つの講演で、聴衆に具体的なツールや難しい質問を提供し、深い自己探求に招待する。

  • 安全で迅速なデプロイを世界規模で - QCon Plus Q&A

    Uberは、ハイブリッドクラウドモデルを使って、サービスのデプロイメントを自動化した。すべてのサービスを同じロールアウトテクニックとワークフローを使ってデプロイすることにより、デプロイメントの安全性を保証し、問題の軽減を図る。さらに、クラウド間の差異を抽象化することで、任意のプラットフォーム上で動作するサービスの構築が可能になる。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。