BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ カルチャー&手法 に関するすべてのコンテンツ

  • DevOps変革をリードする - 協調的エンジニアリングアプローチ

    DevOps変革をリードする時、チームをチャンスに引き込む上で有用なのは透明性と可視性だ。ひとたび参加すれば、開発者は知識のマルチプライヤ(増幅器)として機能し、変革活動に貢献してくれる。頻繁に発生する問題の解決、複雑な問題への対処、変革の進捗状況の提示を組み合わせることで、ステークホルダの関与を維持することが可能になる。

  • Microsoft、フルマネージドなAzure Load Testing Serviceのプレビュー版を公開

    Microsoftは先頃、Azure Load Testingのプレビューを発表した。フルマネージドなこのロードテストサービスを使うことにより、カスタムApache JMeterスクリプトを使ったハイスケールなロード生成が可能になり、運用時のパフォーマンス上のボトルネックを把握し、修正する上で有益な洞察を得ることができる。

  • リモートファーストSREとして非同期で働くには

    Netlifyのリモートワークにおけるコアプラクティスは、非同期コミュニケーションを優先すること、リモートコミュニティ構築において意図的であること、ワークライフバランスの保護を推奨することである。サスティナブルなリモートワークは、サスティナブルな業務時間から始まる。その中には、時間外の連絡に関する明確な境界とプロトコルによって、自分自身を"ほぼ"連絡不可能な状態に置くことも含まれる。

  • ハイブリッドワークアプローチの”大きなパラドックス”は今後10年の課題となるか?

    パンデミックはオフィスを自宅へと移動させた。医療システムがそれを根絶して元の生活を取り戻そうとしている一方で、我々もニューノーマルがどのようなものになるかを理解する必要がある。可能になればすぐオフィスに戻るという一部のリーダや、メインアプローチとして完全リモートアプローチを採用する人たちもいるが、ハイブリッドアプローチが多くの人たちにとってのニューノーマルになるだろう。

  • ゼロバグポリシを使ってバグを解決する

    ゼロバグポリシ(zero bug policy)を採用すると、バグの優先順位付けが容易になり、チームの可視性とバグへの対応性を向上することができる。ただし、過激な変革なので、意思決定とバグの修正時間に関して、自分自身の状況に合わせることが必要だ。

  • AWSがWell-Architected Framework向けのカスタムレンズ機能を発表

    最近、AWSはAWS Well-Architected Custom Lensを発表した。AWS Well-Architected Toolの新機能だ。この新機能により、顧客は、自身の業界、運用計画、内部プロセスに基づいて、既存のフレームワークを補完する独自のベストプラクティスを実現できる。

  • ソフトウェア開発における認知バイアスに対処する

    認知バイアス(cognitive bias)は、思考を速くする上で有効だ。しかしその結論は、我々が思うほど合理的ではない。バイアスを認識し克服することにより、問題を防止し、ソフトウェアチームのパフォーマンスを向上することができる。

  • マシンラーニングがセキュリティにできること

    マシンラーニングは、マルウェアの分析、予測の実施、セキュリティイベントのクラスタリングなど、さまざまな方法でセキュリティに適用できる。シグネチャの確立されていない、未知の攻撃を検出するために使用することも可能だ。

  • モブプログラミングの集団的習慣は技術品質を高めるための土壌になり得る

    モブ(mob)プログラミングは、プロダクトをアジャイル手法で開発する上で、古い習慣を新しく効果的な習慣に変えるための有効な手段だ。周りを人に囲まれた環境において集団で培われた習慣は、簡単に忘れることはない。モブプログラミングは各メンバに対して、新たな習慣を定常的に実践させることによって、それらを取り入れやすくする。チームは同じ作業の繰り返しを容認しない。仕事を行うためのよりよい方法を探しているのだ。

  • 企業文化と心理的安心感が創造性を育む

    企業が将来にわたってその関係性と競争力を維持して存続するためには、創造に適した環境と文化を作り上げることが求められる。燃え尽き症候群(バーンアウト)への依存や生産性への固執は、創造性を阻害する可能性がある。必要なのは心理面での安心感、インクルージョン、実験、成長の思想、思考時間の許容なのだ。

  • MicrosoftがAzure Chaos Studioをパブリックプレビューで発表

    最近開催されたIgniteで、MicrosoftはAzure Chaos Studioのパブリックプレビューを発表した。これは、フルマネージドの実験サービスだ。カオスエンジニアリングをコントロールして障害を追跡、測定、軽減されるように顧客をサポートし、クラウドアプリケーションの復元力を向上させることが目的だ。

  • AIを有効にしたトラブルシューティングにより、リカバリ時間を短縮

    異常検出の機械学習アルゴリズムは、一般化された ML モデルをトレーニングし、隠れたパターンを検出して疑わしい動作を特定するために適用し、日常業務の中でDevOpsを支援する。IT運用 (AIOP) に適用される機械学習は、企業の研究環境からプロダクション環境に移行し始めている。

  • ”セーフ・トゥ・フェイル”アプローチによってチームに心理的安全性を確立する

    企業は、従業員の中に"心理的安全性(psychological safety)"の文化 — 失敗が非難の対象ではなく、誰にも起こり得るものとして受け入れられる文化を確立することができる。"セーフ・トゥ・フェイル(safe-to-fail)"を企業文化の一部にするべきである。成功に対するイメージの転換は、失敗の所在をより深く理解することを可能にし、恐れを克服する勇気を我々に与えてくれる。

  • 支持の高まる週4日勤務

    最近になって、週4日勤務への移行に必要な変更や影響を検討した論文やレビューが数多く公開されている。共通しているのは、克服すべき課題がいくつかあるものの、一般的には週4日勤務に移行することでスタッフの幸福度や熱意が向上し、結果として生産性の向上が実現する、という認識だ。

  • SlackにおけるAPI設計の原則とプロセス

    Slackが採用するAPI設計の原則とプロセスを解説した記事が先頃、Slack Engineeringブログ上で公開された。記事にはSlackが、簡潔性、安全性、拡張性、開発者エクスペリエンスを念頭においてAPIを設計する上で使用する、6つの設計原則について説明されている。これらの原則を実践する方法として、4ステップのレビューとテストのプロセスが存在する。ただし、ある程度の融通は認められている

BT