BT

InfoQ ホームページ データバインディング に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • ModelMapper: オブジェクト間マッピングライブラリ

    ModelMapperはオブジェクトを別の表現にコピーするコードの繰り返しをなくしてくれる、オブジェクト間マッピングライブラリだ。プロパティ名を見て自動マッピングを実行できたり、マッピング処理を正確に記述したヒントを定義することができる。これは.NETにある同様のライブラリ、AutoMapperからインスパイアされたものだ。

  • マルチスレッドとWPF 4.5

    WPF 4.5ではマルチスレッド・データバインディングのサポートが改善されたが、このテクニックには依然としてリスクがある。この記事では、それがどのように動いているか、安全に使うには何が必要かについて説明する。

  • WPF 4.5 での バインディング強化

    これ以上の注目を浴びるものではないが、WPF は現在も Windows にけるリッチクライアント開発の要旨で有り続けている。.NET ライブラリとオペレーティングシステムの根幹すべてが利用可能であり、他のHTMLや.NETベース UI 技術では釣り合わない。WPF の重要性を認識しているため、Microsoft は WPF に投資し続けており、特に WPF のバインディングについては顕著だ。

  • String から Java オブジェクトへの変換ライブラリのまとめ

    Joda Timeで有名なStephen Colebourne氏が、アノテーションを使って、基本的なオブジェクトとString 間で変換するライブラリである、Joda Convertをリリースした時に彼のブログで少々議論を巻き起こした。InfoQは、あるフォーマットから別のフォーマットに変換する時の、オプションについて調査した。

  • WPF/Silverlightのデータバインディング問題を修正する

    WPFとSilverlightのデータバインディングは、あらゆる面ですばらしい。パワーと柔軟性は他の追随を許さない。しかし残念なことに、従来型のデバッグ手法の問題は、誤った理由で印象的だ。データバインディングのプロセスに手立てがなかったが、私たちは、開発者の役に立つであろういくつかのテクニックを集めた。

  • サービス指向には、データ指向が必要。

    どのようなSOAの実装もサービスによって使われる企業データに非常に依存している。新しい記事のシリーズで、Informaticaのリアルタイム製品のブレインであるAsh Parikh氏は、SOAにおけるデータ指向がなす役割を議論し、その実装方法について、いくつかの実際的な推奨事項を提示している。

  • ADO.NET Entity Frameworkが呼んだ白熱した議論

    Microsoft ADO.NETデベロッパであるDanny Simons氏によって書かれたADO.NET Entity Frameworkに関する最近のブログ記事が、それぞれのトピックについて一連の反応を呼び起こした。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。