BT

InfoQ ホームページ Delivering Quality に関するすべてのコンテンツ

  • 持続可能なソフトウェアとアジャイル

    持続可能なソフトウェア(Sustainable software)は、変更をより短期間で顧客に提供するとともに、バグ可能性の低減、アプリケーションの総所有コストの削減、ビジネスアジリティの向上を可能にする。ソースコードの自動解析、専門家による技術的アーティファクトのレビュー、ベンチマークデータの比較を組み合わせることで、ソフトウェアの持続性を検証することが可能になる。

  • 10%の自主タイムで学習を向上させる

    学習のためにチームで10%の時間を自主的に使えるようにすると、納品までの時間が減少し、品質やモチベーションが向上する。10%ルールでは、自分たちが重要だと思うことに取り組むために、チームに完全な自主性を与える。これにより、チームメンバの創造性を解放し、チームは潜在能力を成長させられるようになる。

  • AtlassianのQA

    AtlassianでクラウドQAマネージャを務めるMark Hrynczak氏は同社の今年のサミットで高い価値のQAチームはどのように振舞うかについての氏のビジョンを語った。氏は、QAチームの価値を、第一に企業の戦略的目的と完全に足並みを揃えること、と定義している。足並みを揃えることで、企業が特定のタイミングで直面するかもしれない重要な問題の解決に貢献するのだ。

  • 高品質のソフトウェアを開発するには

    Tarcio Saraiva氏とAdam Crough氏が,オーストラリアのメルボルンで開催された第1回のカンファレンスで,品質の高いソフトウェアの開発について講演した。InfoQは両氏に,ソフトウェアの品質についての見解とビジネス上のメリット,品質を管理する方法,テストの持つ役割や継続的インテグレーションが品質に持つ意味,さらには高品質のソフトウェア製品についてのアドバイスなどを聞いた。

  • 月へ(To the Moon) - 宇宙計画とソフトウェア開発の共通性

    Russ Olsen氏がGOTO Berlin 2015カンファレンスで“To the Moon”と題した基調講演を行った。InfoQは氏にインタビューして,期限に間に合わせるためにすべてを同時に実行する方法の問題点,失敗や成功から学ぶということ,ソフトウェア開発において些細なことがいかに命取りになるか,複雑な作業において各詳細に集中して対処するにはどうすればよいか,などを聞いた。

  • 形式的手法を用いた正当性立証可能なソフトウェアの開発

    ソフトウェアプログラム内の中核的なコミュニケーションと状態管理が論理的に100%正しいことを証明する手段として,コンピュータチェックモデルを利用する方法がある。同じようなモデルは,100%正確なソースコードの作成にも応用できる。このような形式的手法を利用することにより,市場提供のためのコストと時間を削減し,より信頼性の高いソフトウェア製品の提供が可能になる。

  • Exercism.ioでプログラムスキルを向上する

    Exercism.ioは,フィードバックとディスカッションを通じて,プログラム言語における開発者のクラフトマンシップ向上を支援する。コードを書き,議論することによって,自身の問題解決能力を強化することができるコミュニティとツールである。InfoQでは,Exercismを生み出したKatrina Owen氏と,C++言語トラックで貢献したRichard Thomson氏にインタビューした。

  • アジャイルチームでソフトウェア品質を改善する

    アジャイルチームが納品するソフトウェアの品質は、労働時間の長さや納期、チームのプレッシャーによって、強い影響を受けることがある。ソフトウェアの品質がこれらのことに影響されずに、チームがソフトウェアの品質を向上させるにはどうすればよいだろうか? 私からの提案は、作業範囲と納期に余裕を持たせ、プルシステムを採用し、チームメンバがあせらずに、ゆっくりと眠れるようにすることだ。

  • アジャイルで開発速度を上げるには

    企業がソフトウェア開発へのアジャイル導入を望む理由として挙げられるのが,提供までの期間の短縮だ。開発速度を向上するためには,アジャイルをどのように使えばいいのだろうか?

  • 組み込みシステムのソフトウエアに対するテストの重要性

    Chip Design Magazine誌は記事で、組み込みシステムに搭載されているソフトウエアと連携した携帯無線システムの普及により、新しい課題が生まれていると指摘している。それは、とりわけセーフティクリティカルシステムにおいて、品質に特別な注意を払う必要があるということだ。同誌が指摘するように、テストツールが今後ますます重要になるだろう

  • ソフトウェア品質入門

    Chappell & Associatesの代表であるDavid Chappell氏は、最近発表した2つのホワイトペーパーにおいて、ソフトウェア品質のさまざまな側面(機能的、構造的、プロセス的)と、品質に直接関心のあるグループ(ユーザ、開発者、スポンサー)、外部向けもしくは内部向けソフトウェアが時間とともに直面する欠陥の結果について説明している。

  • 個人の生産性

    Tony Wong氏(プロジェクトマネジメントのブラックベルト)は個人の生産性にとって実践的なポイントをいくつか挙げている。この記事では、これらをいかにソフトウェア開発に適用するかを考え、彼のリストと他のリストを比べる。

  • 応用心理学はソフトウェア技術者に役立つか

    11月1日,ソフトウェア技術者で著作者である John R. Fox 氏が "アナログ世界におけるデジタルワーク (Digital Work in an Analog World)" という著書を出版した。副題の "応用心理学によるソフトウェア工学改善" が示すようにこの書籍は,実はソフトウェア工学を考察したものではない。本書が注目しているのはむしろ,技術者の心理学的側面や実務に関連する部分なのだ。

  • Facebookはどのようにコードを出荷しているか

    Facebookは今日おそらくもっともホットな企業であり、大きな興味を駆り立て、詮索の対象となっている。高度なセキュリティに守られている中、SkypeのプロダクトマネージャYee Lee氏はFacebookでどのようにコードが出荷されているかの詳細を書いたメモの膨大なコレクションをまとめた。

  • バグを残さずにストーリーを完成させるには

    受け入れられないほど多くのストーリーが"完了"になっているにも関わらず、品質に多くの問題がある場合、どうしたらいいだろうか。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。