BT

InfoQ ホームページ Domain Driven Design に関するすべてのコンテンツ

  • Eric Evans氏の基調講演より - ドメイン駆動設計を実践するには

    アムステルダムで開催されたDDD Europe 2018で基調講演を行ったEric Evans氏にとって、ソフトウェア開発で重要なのは探求と実践だ。DDD(ドメイン駆動設計)の戦略的パターンに取り組んでいる氏にとって、しかしながら本当の意味で興味があるのは、複雑なドメインに対する新たな思考法、すなわち思考の箱(mental box)から抜け出して新たなコンセプトを見出す方法だ。

  • Eric Evans氏: ドメイン駆動設計は、以前より以上に妥当性を獲得している

    ドメイン駆動設計の著者、Eric Evans氏は、2003年に書いた本のコンセプトは、14年前よりも今のほうがより現実の問題に関連していると言った。様々なツールや技術が拡張されて、そのいくつかは、私たちが過去に持っていたものよりもよりDDDの原則に合っている。「DDDは技術に関するものではないが、技術に無関係な訳でもない」とEvans氏は言った。

  • Vaughn Vernon氏はマイクロサービス内で不確実性をモデリングするためにリアクティブDDDを使用する

    マイクロサービスとリアクティブシステムは順不同な到着順、重複、喪失などのメッセージに関する不確定性をもたらす。これに対する対応の仕方はビジネス上の決断であるとVaughn Vernon氏は述べ、ドメイン駆動設計の概念を用いて対処するのが最善であるとした。

  • イベントアーキテクチャを選択する

    分散システムの設計において、おそらくはマイクロサービスに基づいたイベントアーキテクチャを検討する場合、利用可能なモデルとテクノロジはいくつかある。アーキテクチャの実装方法を選択する時、そのおもな要因は非機能要件である - さまざまなイベントアーキテクチャのスタイルを説明した先日のブログ記事で、David Dawson氏はこのように主張している。

  • ドメイン駆動設計のガイドライン: Capture - Embed - Protect

    ソフトウェア設計と開発のガイドラインとしてドメイン駆動設計(DDD)の中核的な哲学とプラクティスを用いる場合、それはCapture — Embed — Protectという3つの原則にまとめることができる — 今年のDDD eXchangeカンファレンスで行なったプレゼンテーションの中で、Steven A. Lowe氏はこのように主張した。我々は、肯定的な行動を取るに十分な理解を得ることでドメインモデルを捕捉(Capture)し、コードや会話の中にそれを埋め込み{Embed)、他ドメイン、特に技術的なドメインによる改変から保護する(Protect)のだ。

  • イベントベースのシステムにおけるプロセスマネージャー

    ドメインが保持する変更を通知するためにイベントを発行することは、異なるドメイン同士を互いから疎結合に保つが、そこに本当にイベントの論理フローが存在するのであれば、フローは暗黙的なものとなり追跡するのが難しくなってしまう。より良い解法はプロセスマネージャーパターンを用いてプロセスの全てを追跡し続けることである、とBernd Rücker氏は述べた。

  • Susanne Kaiser氏がスタートアップの観点からマイクロサービスジャーニーを語る

    Just SoftwareのCTOであるSusanne Kaiser氏は、QCon New York 2017カンファレンスで自身のチームが辿ったモノリシックアプリケーションアーキテクチャからマイクロサービスモデルへのトランスフォーメーションプロセスについて講演した。

  • microXchgマイクロサービスカンファレンス第1日 - DDD、プラットフォーム、企業への影響

    ベルリンのmicroXchgカンファレンスで、ソフトウェア開発の実務家たちが、マイクロサービスアーキテクチャスタイルに関する最新の実践成果を発表した。論じられたのは、機能サービス設計、DDDとRESTの統合、トランスクルージョン(transclusion)を用いたマイクロサービスによるWebサイト開発、マイクロサービスプラットフォームの選択、企業や個人に対するマイクロサービスの影響などだ。

  • ドメインロジックにおけるIf文の危険性

    多くのプログラミング言語に見られるif文には、2つの大きな役割がある。ドメインを誤ったデータから守るために入力を検証すること、そして、ドメインのビジネスロジックを処理することだ。残念なことに、私達はビジネスやドメインの観点からロジック中にif文を使用するリスクを管理するためにほとんど時間をかけないことを、Udi Dahan氏は先日アムステルダムで開催されたDDD Europe Conferenceにおいてプレゼンテーションのなかで主張した。

  • Qcon LondonにおけるJonas Boner氏による'モノリスからマイクロサービスへ'の講演

    QCon Londonにおいて、LightbendのCTOであるJonas Bonér氏は'モノリスからマイクロサービスへ'という講演を行った。Bonér氏はマイクロサービスを最初の原則から検討し、分散システムの文脈でのアーキテクチャスタイルについて考察した。主題には、モノリスを構築することを避け、代わりに回復力と弾力性を備えたシステムを構築すること、イベントを中心に据えたドメイン駆動設計(DDD)を実践することが含まれる。

  • DDDにおける重要なパターン

    パターンの重要性に関する議論の中で、ドメイン駆動開発以外の部分でも知っておくべき重要なパターンが多く存在し、これらはより良いシステムを設計する支援をしてくれるだろう、とアムステルダムで開催された最近のDDD Europe Conferenceにおける自身の発表の中でCyrille Martraire氏は述べた。

  • ソフトウェア開発に専門分野の重要性を取り戻す

    今日の業界紙を読めば,世界中のビジネス側の人たちがITについて,自分たちの足を引く邪魔者だと考えていることが分かるはずだ。この状況を克服するには,私たちが注目点をマシンからドメインへと移し,従事する分野について書籍から学ぶ必要がある - 先日アムステルダムで開催されたDDD Europe Conferenceでのプレゼンテーションの中で,David West氏はこのような指摘をした。

  • Eric Evans氏はDDDが完璧主義者のためのものではないと述べた

    ドメイン駆動設計(DDD)の当初からの問題は完璧な設計を求める探求行為であるが、DDDは完璧主義者のものではない。この探求を止めるために、完璧ではないがよく設計されたソフトウェアの開発方法に関する発想を得ることが必要であると、Eric Evans氏はアムステルダムで開催された最近のDDD Europe Conferenceにおける発表で述べた。

  • マイクロサービスを構築する際はイベントとDDDから始めよう

    ドメイン駆動設計(DDD)は、私たちが取り組んでいるドメインに設計を近づける優れた技法だが、構造に焦点を当てすぎて、早期に設計を確定してしまうことが多すぎる。これはDDDの意図するところではない。それよりも、Russ Miles氏が「イベント - ファースト」でマイクロサービスを構築する利点を説明するなかで主張したように、ドメイン内のイベントから(設計を)始めるべきである。

  • 個々のマイクロサービスではなくプロセスにフォーカスすること

    分散システムを基にしたマイクロサービスに取り組む際の成功の鍵は、マイクロサービス自体ではなく、総じて分散プロセスにフォーカスすることだ。サービスは重要性が最も低いパートである、とEric Ess氏は主張した。彼は最近ロンドンで行われたMicroservices Conferenceで、jet.comにおける分散プロセスの監視方法についてプレゼンテーションを行なった。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。