BT

InfoQ ホームページ 動的言語 に関するすべてのコンテンツ

  • 新しく改良されたパーサを備えたGroovy 3.0への長い道

    Apache Foundationは、Groovyのバージョン3.0をリリースした。これには、新しいパーサ、パッケージ名の変更、拡張されたエルビス演算子、do/whileループ、配列の初期化、ラムダ、メソッド参照などのJava構文のサポートが含まれる。Object Computing (OCI) のプリンシパルソフトウェアエンジニアであり、GroovyコミッターであるPaul King氏は、この最新リリースについてInfoQに話した。

  • JavaScript Open Source Awards 2020の6個の影響力のあるプロジェクト

    2018年以降、JavaScript Open Source Awardsは、毎年4個のカテゴリ ( Breakthrough of the Year、The Most Exciting Use of Technology、Fun Side Project of the Year、The Most Impactful Contribution to the Community ) で影響力のあるオープンソースプロジェクトを区別している。2020年は、6個のオープンソースプロジェクトに贈られた。

  • Rustで書かれた新しい高速JavaScriptリントツール、RSLint

    D'ambrosio氏は先頃、完全にRustで記述されたJavaScriptのリントツールであるRSLintをリリースした。RSLintは、可能な限り高速で、カスタマイズ可能で、使いやすいように努めている。RSLintはまだ開発の初期段階にあり、基本的なVisual Studio Code統合を備えている。

  • Node.jsアプリにRustコードの組込みを可能にするNeon

    Neonは、Rustを使用してネイティブNodeモジュールを作成できるようにするライブラリおよびツールチェーンである。これは、CおよびC++でできることと似ているが、Rustの安全性の保証が追加されるという利点がある。

  • リソースパーシャルとYAMLサポートのChef Infra 16 がリリースされた

    Chefは、Chefポリシーの作成、カスタマイズ、および更新を改善するための多くの新機能を備えたChef Infra 16のリリースを発表した。このリリースには、レシピのYAMLサポート、コードの重複を減らすための新機能、Chef Infraが混合カスタムリソースを処理する方法の改善が含まれている。

  • UberとOpenAIが分散型機械学習用の新しいライブラリであるFiberを発表

    UberとOpenAIはFiberをオープンソース化した。これは、ユーザがコンピュータークラスターに大規模な機械学習計算を実装できるようにすることを目的とした新しいライブラリである。ライブラリの主な目的は、様々な種類のコンピューティングハードウェアを活用し、アルゴリズムを動的にスケーリングし、クラスターに複雑なアルゴリズムを実装するエンジニアの負担を軽減することである。

  • GoogleのMediaPipe機械学習フレームワークがWebAssemblyでWeb対応に

    Googleは最近、WebAssemblyによって実現され、XNNPack ML推論ライブラリによって高速化されたブラウザ用のMediaPipeグラフを発表した。以前にモバイル(Android、iOS)で示されたように、MediaPipeグラフを使用すると、開発者は機械学習(ML)パイプラインを構築して実行し、複雑なタスクを実行できる。

  • AirbnbがReact Testing LibraryであるEnzymeの所有権を譲渡

    Airbnbは、ReactテストライブラリであるEnzymeの所有権を、新しい組織であるenzymejs GitHubに譲渡した。Airbnbは引き続きEnzymeを使用し、貢献する予定である。

  • Reactive Angularライブラリ NgRx v10がコンポーネントのローカル状態管理パッケージを追加

    RxJSに基づくAngularのリアクティブ拡張機能のセットであるNgRxは、ローカル状態管理用の新しいコンポーネントストアパッケージとともにv10が出荷された。新しいパッケージは、アプリケーション全体の状態管理に使用されるNgRx Storeを補完する。新しい実験的なNgRxコンポーネントパッケージは、開発者がAngular Ivy機能を活用してパフォーマンスを向上させるAngular Zonelessアプリケーションを作成することもサポートする。

  • Vest、新しいJavascriptフォームバリデーションフレームワーク

    Vestは、フレームワークに依存しない新しいフォームバリデーションライブラリであり、MochaやJasmineと同様の単体テスト構文スタイルを使用しながら、検証ロジックを機能ロジックから分離する。

  • Snowpack 2.0がO(1)ビルドシステムを発表してWeb開発をスピードアップ

    pikaチームはSnowpackの2番目の大きなイテレーションをリリースした。Snowpack 2.0は、最新のWebのビルドシステムとして自称し、大規模なプロジェクトでも起動時間が50ミリ秒未満であると主張している。Snowpack 2.0は、開発中のバンドルを回避することでその速度を実現する。バンドルは引き続きプロダクション用に生成される場合がある。

  • Node.js 14.0は診断と国際化を改善し、Web Assembly System Interfaceを追加

    Node.jsプロジェクトは先頃Node.js バージョン 14.0.0をリリースし、診断レポート、国際化、実験的な非同期ローカルストレージ、ネイティブN-APIモジュールの改善、ESモジュールの改良、およびNode.js バージョン 12リリース以降のその他の多数の更新を追加した。このリリースでは、実験的なWeb Assembly System Interfaceのサポートも追加されている。

  • React 17では、将来のReactバージョンへの移行の問題を緩和

    Reactチームは、React 16の2年後にReact 17(最初のリリース候補版)を最近リリースした。React 17は、2つの同時バージョンが共存できるようにすることで、Reactの将来のメジャーバージョン間の移行が簡単になるよう努めている。React 17には、イベントシステムとスケジューリングに関連するいくつかの重大な変更が加えられている。

  • ESLint 7.0, 7.1, 7.2 Releases Improve Developer Experience and ES2020 Support

    最近のESLint 7.0、7.1、および7.2リリースでは、開発者エクスペリエンスが大幅に改善され、Node.jsバージョン8のサポートが削除され、ES2020機能のサポートが追加されている。typescript-eslintには、ESLintリリースおよびTypeScriptの更新に合わせて、いくつかの最近のリリースもある。

  • Vanilla JSの108の一般的なDOMタスク:HTML DOMプロジェクト

    オープンソースプロジェクトのHTML DOMは、一般的なDOM操作タスクを実行する100を超えるvanilla JavaScriptのスニペットを提供する。タスクの難易度は、些細なもの(要素のクラスを取得する)から高度なもの(サイズ変更可能な分割ビューを作成する)までさまざまである。このプロジェクトは、教育目的や、低レベルのDOM処理を自分で行う必要があるコンポーネント開発者にとって有益である。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。