BT

InfoQ ホームページ 動的言語 に関するすべてのコンテンツ

  • Angular 9.1がTypeScript 3.8のサポートと高速なビルドを追加

    Angular 9.1リリースはTypeScript 3.8のサポートを追加し、Angularアプリケーションの構築にかかる時間を短縮する。

  • FacebookのCSS-in-JSアプローチ - Frank Yan氏のReact Conf 2019での講演より

    Frank Yan氏がReact ConfでFB5、すなわち、新しいfacebook.comで使用されているテクノロジやストラテジについて講演し、FacebookのCSS-in-JSへのアプローチなどについて論じた。

  • W3CがWeb of Things(WoT)勧告を完成

    W3Cは先日、新たなW3C勧告(recommendation)を発表した。IoTプラットフォームとアプリケーションに関わるWebインテグレーションを対象とした、Web of Things (WoT) ArchitectureとWeb of Things (WoT) Thing Description (TD)の2つである。

  • Hegel,新しいJavaScript型チェッカ

    JavaScriptに新たな型チェッカが誕生した。HegelはJavaScriptで高度な静的型���ェックを実現しようという試みだ。強い型推測と完全な型システムを提供するという。現在はまだアルファ版だが、専用のオンライン・プレイグラウンドで動作を確かめることができる。

  • CSS ContainmentがWeb標準に

    CSS Working Groupは先頃、新たなWeb標準としてCSS Containment Module Level 1を公開した。このCSSモジュールでは、サブツリーがいくつかの形式でページの他部分から独立している要素を示すために使用する、containプロパティについて述べている。この独立性は、ページのレンダリング時にサブツリーをスキップすることで、ユーザエージェントがWebページをより速くレンダリングするために使用される。

  • プライベートフィールドとトップレベルawaitを追加したTypeScript 3.8

    TypeScriptはTypeScript 3.8のリリースを発表した。型のみのインポートとエクスポート、プライベートフィールド、トップレベルawaitなどが導入されている。

  • tenko ES2020 JavaScriptパーザ

    Tenkoは100パーセント仕様準拠のJavaScriptパーザだ。ES6からES2020までの構文解析と言語機能をフルサポートする。

  • Airbnbのデザインシステムを(再)構築する - React Conf 2019

    AirbnbのエンジニアであるMaja Wichrowska、Tae Kim両氏は、同社が直面したビジネスおよび技術的な課題に対応するために、同社のデザインシステム(design system)のアーキテクチャと実装が発展した状況について解説した。

  • 開発者調査を調査する - Javaに関する結果を中心に

    JRebelとSynkは先頃、Java/JVMテクノロジレポートを公開した。CodingameとTiobeは、言語の使用と採用に関するレポートを発表している。これら報告書の現状と、Javaを含むエコシステムで現在何が起きているのかを調査した。

  • face-api.jsによるJavaScript顔検出

    face-api.jsは、畳み込みニューラルネットワークを実行して顔および顔のランドマークを検出・認識するJavaScriptモジュールだ。TensorFlow.jsを利用し、デスクトップおよびモバイルウェブ用に最適化されている。

  • JSX代替のHTM 3.0がリリース、静的サブツリーのキャッシュとTypeScriptをサポート

    1KB未満でトランスパイラ不要なJSX代替であるHyperscript Tagged Markup(HTM)ライブラリが、3度目のメジャーバージョンをリリースした。テンプレートの静的セクションの自動検出とキャッシュにより、テンプレートのレンダリングが最適化されている。TypeScriptタイピングファイル(typing file)の追加とドキュメントアップデートも提供される。

  • V8がWebAssembly SIMDをサポート

    WebAssembly SIMDプロポーザルが、実験段階としてではあるが、GoogleのJavaScriptエンジンであるV8に提案された。V8がSIMD(Single Instruction, multiple data)をサポートするのは、データの並列処理を活用することによる、音声処理やビデオ処理、マシンラーニングといった計算集約的なタスクの促進が目的だ。

  • Node、React、HTML、MDX、Vue、Svelte、PythonファイルからWebアプリを生成するZero Serverフレームワーク

    Zero Serverフレームワークを使えば、サーバサイドレンダリングを備えて、設定のほとんど不要なWebアプリケーションの生成、構築、開発が可能になる。新バージョンではNode.js、React、HTML、MDX、Vue、Svelte、Python、静的ファイルの混在が可能になり、TypeScriptもサポートされた。

  • 純粋関数のプロパティを記述するには - John Hughes氏のLambda Days 2020での講演より

    HaskellとQuickcheckの共同設計者のひとりであるJohn Hughes氏が、先日のLamdba Days 2020���、プロパティ(property/特性)ベースのテストについて論じた。講演の中で氏は、プロパティを導入するための5つの戦略を紹介し、それぞれの効率性を比較した上で、結論としてメタモルフィック(Metamorphic)プロパティとモデルベースプロパティが高い効率性を見せたことを報告した。

  • 高速なWebのためのAdaptive Loading

    Google Chromeチームは、ネットワーク速度、CPU、メモリ、その他ウェブプラットフォームシグナルに基づいて、コンポーネントの最適なバージョンをロード・レンダリングするためのAdaptive Loadingを発表した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。