BT

InfoQ ホームページ 動的言語 に関するすべてのコンテンツ

  • Android React Ntiveアプリの起動時間とメモリ使用量の大幅な削減が可能なFacebook Hermes

    先頃Facebookがオープンソースとして公開したJavaScriptエンジンのHermesの目標は、Androidデバイス上でのReact Native Appsのパフォーマンス向上にある。特に重視されているのが、起動パフォーマンス、ダウンロードサイズ、メモリ消費量だ。Facebookの主張は、Microsoft Officeと、Slackに代わるオープンソースの代替品であるMattermostを使った最初のベンチマークで裏付けられている。

  • ブラウザ用のAR/VRアプリを開発する

    仮想現実と拡張現実は、いずれもWeb開発者に新しい、エキサイティングなチャンスを提供する技術だ。Doug Sillars氏の講演”Building an ARt Gallery in the Browser”から、JavaScriptによる仮想現実と拡張現実の現状と、AR/VR用JavaScriptライブラリであるA-Frameを使用した導入について追ってみた。

  • FacebookのPyRobotがロボットプログラミングを容易に

    Facebookの主張によれば、ロボットオペレーティングシステム(ROS)上で高度な抽象化を提供するPyRobotを使用することによって、開発者は、ロボットの起動と実行を短時間で行うことが可能になる。

  • Sucrase - 最新JSランタイムのための高速版Babel

    JavaScript/TypeScriptコンパイラのSucraseの目的は、Babelコンパイラよりも大幅に高速な開発ビルドを提供することだ。特に大規模なコードベースでテストする場合、ビルドが速ければイテレーションも速くなる。何件かの実験的な測定では、Babelに対して4倍から20倍という速度の向上が見られている。これにより、開発時の開発者エクスペリエンスの改善を享受しつつ、運用時にはこれまで通りBabelを使用することが可能になる。

  • Chrome 76がPWAのインストール、Stealthierシークレットモード、拡張機能トラッキングを搭載

    Googleは最近Google Chrome 76をリリースした。Chrome76はプログレッシブWebアプリ(PWA)をデスクトップにインストールしやすくし、一般的に使用されるシークレットモード検出技術を無効にし、ユーザが拡張アクティビティを追跡できるようにする

  • ProgressがNativeScript 6リリースを発表

    NativeScript 6リリースでは、Webテクノロジーを使用してネイティブモバイルアプリケーションを作成するためのVue.jsおよびAngular 8のサポートが追加されている。NativeScriptはプログレッシブWebアプリ(PWA)もサポートするようになり、NativeScriptで作成されたWebアプリとモバイルアプリ間のコードの再利用レベルが向上した。

  • Ionic CLI V5がIonic React Betaをサポート

    Ionic Frameworkチームは最近、Ionic CLIの5番目のメジャーイテレーションをリリースした。Ionic CLI v5はIonic Reactサポート(ベータ)を備えているため、開発者はReact JavaScriptフレームワークとIonic UIコンポーネントを使用してIonicアプリケーションを作成できる。Ionic CLI v5には、より優れた開発者エクスペリエンスとさまざまなバグ修正を目的とした機能も備わっている。

  • パッケージバンドリングの複雑さから開発者を開放する@pika/web

    @pikaツールチェーンの一部である@pika/webは、複雑になりがちなバンドリングプロセスを選択操作に転換することで、Webアプリケーション開発者のエクスペリエンスの向上を目指すものだ。@pika/webを使用すれば、最新のnpmパッケージを、ブラウザ内でダイレクトに実行できるようになる。Browserify、Webpack、import mapsといったバンドラは、もはや必要ない。

  • Omitタイプを追加し、ユニオン型チェックを改善したTypeScript 3.5

    TypeScriptチームは、型チェックのパフォーマンスを改善し、新たにOmit型を備えたTypeScript 3.5のリリースを発表した。

  • Polymer Projec、パフォーマンスを重視したWebコンポーネント開発を可能にするLit-HtmlとLitElementをリリース

    Polymer Projectは先頃、lit-html v1.0とLitElement v2.0をリリースした。lit-htmlは軽量で拡張可能なHTMLテンプレート用JavaScriptライブラリ、LitElementは、軽量でパフォーマンスに優れたWebコンポーネントを開発するためのJavaScriptライブラリである。

  • Cloudflareが公式CLIを採用、サードレベルのカスタムドメイン名を発表、無償ティアを導入

    公式CLIとしてWranglerの採用、独自ドメインを必要としないデプロイ機能の提供、無償ティアの提供というCloudflareの一連の発表により、Cloudflareのインフラストラクチャへのデプロイが誰でも可能になる。

  • Adobe FlashをHTML 5で代替するPixi.jsがWebGLを新たにサポート、クロスプラットフォームとインタラクティブアプリに対応

    Adobe Flashの標準ベースの代替品であるPixiJSが、レンダリングを高速化し、CPUの利用率を低減した、5番目のメジャーバージョンをリリースした。このPixiJS v5は、WebGL機能セットを新たなAPIで抽象化すると同時に、必要に応じてHTML5のcanvasにフォールバックする。これにより、WebGL APIを操作したり、デバイスの互換性に配慮する必要なく、リッチでインタラクティブなグラフィックス、クロスプラットフォームアプリケーション、ゲームを開発することが可能になる。

  • Electron 4および5がリリース、セキュリティと新たなWeb APIを追加

    Electronチームが先日、Electronバージョン4およびバージョン5のリリースを発表した。Chromium、V8、Node.jsの最新アップデートに合わせて、アグレッシブなリリースサイクルを維持している。各バージョンにおける重要なアップデートには、リモートとリクエストに対するコントロールの改善などの他、ElectronのコールバックベースのAPIをアップデートしてPromiseを使用可能にするという、現在進行中のイニシアチブも含まれている。

  • JavaによるWebアプリケーション記述 - 代替手法に関する調査

    JavaScriptにコンパイルされる言語の人気が高まったことにより、Java仮想マシン言語に習熟していて、JavaScript開発スタックに悩むことなくWebアプリケーションを開発したいと願う開発者には、JavaScriptに代わる選択肢が増えている。ネイティブなJavaScript Webアプリケーションに対するパフォーマンス上のペナルティも、以前に比べると縮小している。

  • 「npm install」を安全にする

    QCon New York 2019で、Agoricのソフトウェアエンジニア、Kate Sillsが、JavaScriptを使って構成可能なスマートコントラクトコンポーネントを構築する際のセキュリティ上の課題について説明した。npmインストールプロセスにおけるセキュリティ上のリスクに対する解決策として、TC39 JavaScriptの2つの新しい提案、レルムとSecure ECMAScript(SES)が示された。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。