BT

InfoQ ホームページ Emerging Technologies に関するすべてのコンテンツ

  • 新しいコンセンサスアルゴリズムとWebAssemblyスマートコントラクトを加えたHyperledger Sawtooth 1.1

    2月の最初のGAリリースに続いて,HyperledgerプロジェクトがSawtoothのバージョン1.1をリリースした。新たなコンセンサスアルゴリズムをより簡単に追加できるようにすることと,WebAssemblyスマートコントラクトの導入が主眼だ。

  • Hyperledger Ursaを使ってブロックチェーンのセキュリティを簡単にする

    先日のブログ記事で,Hyperledgerプロジェクトは、最新プロジェクトのHyperledger UrsaがTechnical Steering Committee (TSC)の承認を得たことを発表した。Ursaのおもな目的は、暗号化ライブラリを簡素化して集約することにより、分散台帳テクノロジプロジェクトで使用するための信頼性と利便性を実現することにある。

  • AmazonがマネージドブロックチェーンとQuantum Ledger Databaseを導入

    Amazonは、ブロックチェーンネットワークの構築と管理を行う、新しいマネージドサービスを発表した。現在はHyperledger Fabricプロジェクトをサポートしており、近日中のEthereumをサポートする予定だ。Amazonはさらに、不可変のトランザクションログを格納するマネージド台帳データベースのQuantum Ledger Database(QLDB)という、補完的なブロックチェーンサービスも導入している。

  • Unity AR Foundationによるクロスプラットフォーム拡張現実アプリ

    ゲームエンジンと同名のメーカーであるUnityは、AR Foundationプロジェクトの推進を続けている。これは、開発者がiOSとAndroidの両方で動作するARアプリを簡単に作成できるようにすることを目的としている。その最新リリースはARKitのARWorldMapとUnityのLightweight Render Pipelineのサポートを追加している。

  • ビジネス課題と新技術を結びつける

    Caragh O’Carroll氏はWomen in Tech Dublin 2018において、ブロックチェーン、ロボットによるプロセス自動化、人工知能と機械学習という3つの新技術について語った。そして、ビジネスが直面している課題に対して、これらの技術がどのように解決策を提供するか説明した。

  • Googleが精度92%の話者ダイアリゼーションAI技術をオープンソース化

    最近のブログ記事で、Googleは彼らの話者ダイアリゼーション技術をオープンソース化したと発表した。それによって人々の声を高い精度で区別することができる。Googleは、複数の参加者を含むオーディオストリームを参加者ごとの同種のセグメントに分割することでこれを実現できる。

  • 米国商務省がAIを含む新興技術の輸出管理に関する規制案を提示

    米国連邦政府の官報である連邦広報(Federal Register)に掲載された“Review of Controls for Certain Emerging Technologies”と題する記事に、バイオテクノロジや人工知能、ロボット工学を含む、幅広い分野の“新技術”を輸出管理するための法制化提案の概要が示されている。

  • Googleが自然言語処理トレーニング技術のBERTをオープンソース公開

    先日のブログ記事で、Googleは、自然言語処理(NLP)のための最先端のトレーニング技術であるBERTのオープンソース化を発表した。同社がこの決定を下した理由のひとつは、開発者が利用可能な公開データセットが不足していることにある。さらにCloud TPUも最適化され、NLPのトレーニングに要する時間も短縮されている。

  • 小規模量子回路における量子優位性が公式に証明

    IBM T. J. Watson Research Center、カナダのウォータールー大学、ドイツのミュンヘン工科大学の研究者らが、量子コンピュータが特定の問題を古典的コンピュータよりも早く解けることを理論的に証明した。彼らが考案したアルゴリズムは現在の量子計算プロセッサの制限にも適合しており、実験的な証明が間もなく実施される可能性がある。

  • EmoPy: 表情認識のためのオープンソースツールキット

    先日のブログ記事で、Angelica Perez氏は、インタラクティブなフィルム体験のための新たなオープンソースプロジェクトに関する情報を公開した。EmoPyと呼ばれるこのプロジェクトは表情認識(FER)に焦点を当てており、サービスに渡されたイメージに基づいて、感情を正確に予測するツールキットを提供する。

  • Facebook、PyTorch 1.0のプレビュー版をリリース

    サンフランシスコで開催されたPyTorchデベロッパーカンファレンスで、FacebookはPyTorch 1.0の開発者向けプレビュー版をリリースした。PyTorchはオープンソースのDeep Learningフレームワークで、研究プロジェクトをスムーズにプロダクションへ持っていくのに使われる。PyTorch人気の高まりから、今回のリリースでは、PyTorchエコシステムをよりサポートするために、パブリッククラウドおよびハードウェア企業が多くの投資をしている。

  • 設計レベルでプライバシを実装するHyperledger Indy

    ソーシャルメディアサイトやコンシューマ向けEメールサービスといった集中型IDプロバイダは、ユーザとって便利なものだ。しかしこのアプローチは、プライバシやセキュリティ上のリスクを発生させる。オープンソースのブロックチェーンプロジェクトであるHyerledger Indyは、このようなリスク解消のために‘プライバシ最優先’アプローチを採用し、現在の集中型IDプロバイダに存在する問題に対処する。

  • Hyperledgerが統合性と開発者エクスペリエンスを改善したBurrowの新バージョンをリリース

    先日のブログ記事で、オープンソースプロジェクトのHyperledgerが、Burrow v.0.21.0の次バージョンを発表した。今回のリリースでは、統合性、キー署名、Kubernetes用のhelmチャート、開発者エクスペリエンスが改善されている。

  • インテリジェントオートメーションの爆発的成長と蔓延する組織的課題

    プロフェッショナルサービス企業のKPMGは先頃、インテリジェントオートメーションの急速な成長を実感させる調査報告書を公開した。報告書によると、この分野での総支出額は、現在の124億ドルに対して、2025年には232億ドルに達する見込みである。一方で、この成長予想には、ツールの成熟度や熟練した労働力、組織の変革管理など、数多くの課題もある。

  • ROS (Robot Operating System) がWindowsに登場

    ロボット開発のためのメタオペレーティングシステム、ROS(Robot Operating System)がWindows 10で利用可能になった。Microsoftの最初の実験ビルドはROS1と名付けられ、Visual Studioと統合され、Core ROSおよび他の複数のモジュールの完全なポートを含んでいる。Microsoftによると、ROS on Windowsは今後も進化し、GPUベースの機械学習とAzure IoT Hubとのフル統合が含まれるという。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。