BT

InfoQ ホームページ Emerging Technologies に関するすべてのコンテンツ

  • Facebook、PyTorch 1.0のプレビュー版をリリース

    サンフランシスコで開催されたPyTorchデベロッパーカンファレンスで、FacebookはPyTorch 1.0の開発者向けプレビュー版をリリースした。PyTorchはオープンソースのDeep Learningフレームワークで、研究プロジェクトをスムーズにプロダクションへ持っていくのに使われる。PyTorch人気の高まりから、今回のリリースでは、PyTorchエコシステムをよりサポートするために、パブリッククラウドおよびハードウェア企業が多くの投資をしている。

  • 設計レベルでプライバシを実装するHyperledger Indy

    ソーシャルメディアサイトやコンシューマ向けEメールサービスといった集中型IDプロバイダは、ユーザとって便利なものだ。しかしこのアプローチは、プライバシやセキュリティ上のリスクを発生させる。オープンソースのブロックチェーンプロジェクトであるHyerledger Indyは、このようなリスク解消のために‘プライバシ最優先’アプローチを採用し、現在の集中型IDプロバイダに存在する問題に対処する。

  • Hyperledgerが統合性と開発者エクスペリエンスを改善したBurrowの新バージョンをリリース

    先日のブログ記事で、オープンソースプロジェクトのHyperledgerが、Burrow v.0.21.0の次バージョンを発表した。今回のリリースでは、統合性、キー署名、Kubernetes用のhelmチャート、開発者エクスペリエンスが改善されている。

  • インテリジェン��オートメーションの爆発的成長と蔓延する組織的課題

    プロフェッショナルサービス企業のKPMGは先頃、インテリジェントオートメーションの急速な成長を実感させる調査報告書を公開した。報告書によると、この分野での総支出額は、現在の124億ドルに対して、2025年には232億ドルに達する見込みである。一方で、この成長予想には、ツールの成熟度や熟練した労働力、組織の変革管理など、数多くの課題もある。

  • ROS (Robot Operating System) がWindowsに登場

    ロボット開発のためのメタオペレーティングシステム、ROS(Robot Operating System)がWindows 10で利用可能になった。Microsoftの最初の実験ビルドはROS1と名付けられ、Visual Studioと統合され、Core ROSおよび他の複数のモジュールの完全なポートを含んでいる。Microsoftによると、ROS on Windowsは今後も進化し、GPUベースの機械学習とAzure IoT Hubとのフル統合が含まれるという。

  • 監視プラットフォームのPrometheusがCNCF(Cloud Native Computing Foundation)から"卒業"

    Cloud Native Computing Foundation (CNCF)は8月9日、オープンソースの監視ツールキットであるPrometheusが、インキュベーション段階を卒業したと発表した。プロジェクトがこの評価を達成するためには、その成長状況やドキュメント、組織のガバナンスプロセス、コミュニティに対する持続可能性と協調性のコミットメントなどを示す必要がある。

  • Mozilla、ARのための新しいオープンWeb APIとしてWebXRを推進

    FirefoxにWebVRサポートを追加した後、MozillaはWebにMR(Mixed Reality)をもたらす、WebXRと呼ばれる新しいAPIに取り組んでいる。WebXRはもともと昨年に発表されたもので、ゆくゆくはWebVRを置き換え、WebVRの利用者にスムーズな移行を促すことを目指している。

  • Q#を使用した量子コンピューティング体験を支援するMicrosoft Quantum Katas

    Microsoftは、Code KatasのアイデアをベースにしたQuantum Katasという新たなプロジェクトをオープンソース公開した。Q#言語を使った量子コンピューティングへと、より多くの開発者が歩を進めるように支援することが目的だ。Quantum Katasは、学習者にフィードバックを即時に提供しながら、段階的に複雑になるプログラミング課題のセットだ。

  • ブロックチェーンはBPMをいかに変革するか

    先日のHyperledgerの記事で、Jesse Chenard氏は、ブロックチェーンが従来のBPM(Business Process Management)プラットフォームをいかに改革するかを論じている。既存のBPMプラットフォームの課題は、一般的に組織の一部門がデータを所有していることと、取引先企業とのトランザクション交換に問題があることだ。ブロックチェーンソリューションは、機密情報を漏らすことなく、境界を越えた監査の実施を可能にする。

  • Google Cirq:量子計算のためのPythonオープンソースライブラリ

    Cirqは、ノイズが多い中間段階の量子(NISQ)コンピュータのための量子アルゴリズムの作成、操作、最適化を容易にすることを目指している。Cirqはまた、ローカルシミュレータ上でそれらのプログラムの実行を可能にし、将来の量子ハードウェアおよび量子クラウドプロセッサをサポートするように設計されている。

  • EthereumがCasperの最初のリリースをローンチ、クライアントテストを開始

    先日のredditの記事で、Ethereum開発者のDanny Ryan氏は、ethereumのステータスコンセンサスアルゴリズムCasper Friendly Finality Gadget (FFG)の最初のリリースを発表した。今回のソフトウェアリリースでは、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)コンセンサス・ブロックチェーンへの移行を支援するバリデータが導入されている。

  • MITの研究者がBitcoin Lightning Network上でoracleとスマートコントラクトをテスト

    マサチューセッツ工科大学(MIT)は、Bitcoin Lightning Network上でスマートコントラクトを実行したテスト結果を明らかにした。Bitcoinネットワークでスマートコントラクトを実行することに目新しさはないが、oracleと呼ばれる信頼エンティティを使ったことが、Bitcoinブロックチェーン上での氏らのアプローチをユニークなものにしている。

  • 共有エクスペリエンスを導入したARKit 2

    WWDC 2018で、Appleは、iOS用の拡張現実(AR)フレームワークARKitのバージョン2を発表した。共有エクスペリエンス(Shared Experience)、永続的トラッキング(Persistent Tracking)、3Dオブジェクトの検出に加えて、ApplieアプリケーションとのARオブジェクトの相互運用が可能な、新たなファイルフォーマットをサポートする。

  • Enterprise Ethereum AllianceがClient Specification 1.0を発表

    Enterprise Ethereum Alliance(EEA)は5月16日、オープンでクロスプラットフォームな分散元帳フレームワークEnterprise Ethereum Client Specification 1.0をリリースした。このフレームワークが注目するのは、マルチプロトコルのプロプライエタリなアプローチを回避してブロックチェーンアプリケーションを構築するための、標準ベースのエンタープライズ対応アプローチを開発することである。

  • AR世界の共有を可能にするARCore 1.2

    先日のI/O 2018カンファレンスでGoogleが、拡張現実フレームワークARCoreのバージョン1.2を発表した。Cloud Anchorsによる共有ARエクスペリエンス、垂直平面の検出、OpenGLを使用しない3Dアプリの開発が可能なSceneFormsを備える。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。