BT

InfoQ ホームページ アーキテクチャ評価 に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • システムをマイクロサービスに分解するには

    2年前、Vladik Khononov氏とそのチームはマイクロサービスの導入を決定したものの、数ヶ月後に大きな混乱に陥った。システムをマイクロサービスに分解する方法 - さまざまな機能を配置するためのバウンダリを見つけ出す方法を検討することなく、新しいクールなテクノロジに飛びついたことが原因だった。

  • コミュニティ駆動リサーチ: アーキテクチャレビューで一番の品質基準は?

    InfoQリサーチ活動の9番目の質問「アーキテクチャレビューで一番の品質基準は?」が公開された。このInfoQの新しいサービスが望んでいるのは、エンタープライズソフトウェア開発に影響を及ぼすトレンド、行動、テクノロジに関する最新の偏見のないコミュニティベースの洞察を皆さんに提供することだ。従来のベンダーやアナリストによるリサーチとは違って、このリサーチは皆さんの回答がベースになる。

  • Open GroupがSOAアーキテクト、クラウドサービスプロバイダ向けの標準をリリース

    Open Groupは、IaaSとサービス指向アーキテクチャを構築している組織を支援する3つの標準を最近公開した。一斉に、これらの標準が専門家のアドバイスをベストプラクティス、アンケート、SOAとクラウド規模のインフラ アーキテクチャ用のテンプレートの形で提供する。

  • 第15回 ソフトウェアプロダクトライン会議 (SPLC) プレビュー

    ソフトウェアプロダクトライン国際会議 (SPLC) は,ソフトウェア集約製品におけるプロダクトライン・エンジニアリングの全領域をカバーする,最も重要なイベントだ。 その第15回が8月21日から26日にかけて,ミュンヘンシティセンターで開催される。

  • ソフトウェアアーキテクチャに関する新刊

    ソフトウェアアーキテクチャはソフトウェア技術者にとって重要なトピックのひとつである。ソフトウェア開発プロジェクトの失敗の大部分が不適切な設計を原因とするものだからだ。だからアーキテクチャ上の問題の理論と実際について学ぶのは重要なことだ。最近出版された,あるいは近々出版予定の興味深い新書が大いに役立つだろう。

  • コロラド州ボルダーで開催されるCompArch 2011

    CompArchカンファレンスはコンポーネントベースの開発とソフトウエアアーキテクチャに興味を持っている開発者や研究者が共催するカンファレンスだ。今年は7月20日から7月24日までコロラド大学で開催される。議長はIvica Cnrkovic氏とJudith Stafford氏が務める。

  • Palladioがソフトウエアアーキテクチャシュミレーターのバージョン3.2を提供

    Palladio Benchはアーキテクトや開発者が性能や信頼性、メンテナンス性や開発コストなどのソフトウエアの品質を評価するのをモデルを利用することで支援するツールだ。最新のバージョン3.2のフリーソフトウエアツールは、Eclipse 3.5(Galileo)をベースにしている。さらに、前バージョンを安定化させ問題を修正し、信頼性分析をサポートして、新しいグラフィカルなエディタとワークフローエンジンを導入した。また、仕様を検査するための新しいフレームワークも搭載している。

  • レバレッジ・ポイント:システムで介入すべき場所

    ソフトウェア アーキテクトにとって重要な判断の中には、期待する変化をもたらすために、システムのどこに、どのように変化を取り入れるか、ということがある。レバレッジ・ポイント は、ミクロな変化がマクロな結果をもたらす場所である。レバレッジ・ポイントの12のカテゴリが変化への懸念と共に特定されている。

  • Felix Bachmann氏、ソフトウェアアーキテクチャ評価を語る

    ソフトウェアアーキテクチャを評価してアプリケーションにおけるリスクを特定することは、エンタープライズアーキテクチャ (EA) において重要なことだ。最近、SEIのFelix Bachmann氏は、ソフトウェアアーキテクチャを効果的に評価する方法について語っている。彼はアーキテクチャ評価の原則について、SATURN (SEI Architecture Technology User Network) カンファレンスでセミナーを開いた。また、SEIのATAM (Architecture Tradeoff Analysis Method: アーキテクチャトレードオフ分析方法) フレームワークが、こうした原則をどのように利用しているかについて解説した。

  • 時間結合と挙動結合

    結合(Coupling)とはプログラムモジュールが他のモジュールに依存する度合のことだ。疎結合は設計の優れた実装の典型的な目安で、疎結合な実装では高い可読性と保守性も備える。Ian Robinson氏は新しいブログ記事で、分散システムの設計手法が2種類の結合、つまり時間結合と挙動結合に影響を与えることについて考察している。

  • あなたのアーキテクチャはSOAやBPMにフォーカスすべきか?

    SOA は、バズワード(もったいぶっていて、意味があまりない単語)のタグクラウドにおける大物だった。しかし、BPMはどんどんその存在感を増してきている。「IT投資から利益を得るためには、プロセスを飼いならす必要がある」と組織が気づくにつれ、BPMの重要性は高まり、IT内外での意識共有が広まっている。

  • 大きなアーキテクチャへの先行投資 - スケーラビリティへの投資の場合は是か非か?

    最近blogosphereで浮上した興味深い議論は、スケーラビリティの設計には、前もってどれくらいの時間をかけるべきか、と言うものである。OnStartUpsのDharmesh Shah氏が、"時期尚早なScalaculation"の危険性について書いたことで、この議論は始まった。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。