BT

InfoQ ホームページ Functional Programming に関するすべてのコンテンツ

  • AWS Lambda LayersとRuntime API:公式にサポートされているランタイム以外もサポート

    AWS re:Invent 2018では新しい機能とサービスが多数発表された。機能間で共有されるコードとデータを一元管理するLambda Layerや、LambdaをJavaScript以外のあらゆるプログラミング言語に拡張するLambda Runtime APIなどである。

  • IntelliJ IDEA 2018.2、Java 11やMacBookタッチバーのサポートなど

    JetBrainsはIntelliJ IDEAのバージョン2018.2をリリースした。このバージョンは次のJava 11のサポートやブレークポイントインテンション、MacBookのタッチバー、Spring BootやScalaプラグイン、Dockerプラグインの強化といったものを提供する。

  • エラー処理、ログ、テスト機能を改善したElixir 1.7

    Elixir 1.7が重視するのは、日常作業の品質の向上だ – 作者のJosé Valim氏は、このように記している。その中には、スタックトレースを取得するための新たな__STACKTRACE__構造、Erlangの新しい:loggerモジュールへの統合、ユニットテストライブラリExUnitの改良、ドキュメント内のメタデータのサポートなどが含まれる。

  • Haskellの採用とユーザ満足度が向上

    2018 Haskell User SurveyではHaskellのセキュリティ、品質、信頼性、保守性、高度な機能に対して非常に高い満足度が示されていると、FP CompleteのCEOであるAaron Contorer氏は記している。InfoQは今回、Haskellの現状と将来への展���について、氏と議論する機会を持つことができた。

  • F#の2017年を振り返る

    2017年、F#はバージョン4.1に到達した。.NET Core 2.0リリースと時を同じくしたことを大きな理由に、ユーザコミュニティは拡大し、ツーリングとカンファレンスでの存在感も増している - MicrosoftプログラムマネージャのPhillip Carter氏は、このように記した。

  • Racket 6.11で篩型(refinement type)と依存関数型(dependent function type)が安定機能に

    Racket 6.11では、Typed Racketに篩(ふるい)型(refinement type)と依存関数型(dependent function type)が追加されている。

  • 開発者エクスペリエンスを改善したElixir 1.5

    先日リリースされたElixir 1.5は、開発者エクスペリエンスに数多くの改善点がある。開発者兼メンテナのJosé Valim氏に話を聞いた。

  • IntelliJ IDEA 2017.2: より賢く、より的確に、そしてより早く

    JetBrainsはIntelliJ IDEA 2017.2をリリースした。フラッグシップであるJava IDEの3ヶ月ごとのリリースだ。Trisha Gee氏はこのリリースノートについてブログに投稿した。多くのユーザビリティに関する向上がある。空のコレクションや文字列配列を作った場合や配列で添字が範囲外になる場合の警告の新しいクラスといったものがある。またnullに関する解析を改善した。

  • Enterprise Conference 2017に見る新たなテクノロジ - 第2日目まとめ

    第12回Emerging Technologies for the Enterprise Conferenceカンファレンスの第2日がフィラデルフィアで開催された。この2日間のイベントは、Blair MacIntyre氏(拡張現実の第一人者)とScott Hanselman氏(ポッドキャスタ、Microsoftプリンシパル・プログラムマネージャ)の基調講演に始まり、Kyle Daigle(GitHubエンジニアリングマネージャ)、Holden Karau(IBMプリンシパル・ソフトウェアエンジニア)、Karen Kinnear(Oracle JVMテクニカルリーダ)各氏による講演が行われた。

  • Enterprise Conference 2017に見る新たなテクノロジ - 第1日目まとめ

    第12回Emerging Technologies for the Enterprise Conferenceカンファレンスの第1日が4月18日(火)、ペンシルバニア州フィラデルフィアで開催された。2日間にわたるこのイベントを企画したのは、同州フォートワシントンにあるITコンサルティング会社のChariot Solutionsだ。カンファレンスではBlair MacIntyre氏(拡張現実の先駆者)の他、Monica Beckwith氏(Oracle JVMパフォーマンスコンサルタント)、Andrea Goulet氏(Corgibytes CEO)、Yehuda Katz氏(Ember.js開発者のひとり), Jessica Kerr氏(Atomist リードエンジニア)ら招待講演者による基調講演が行われた。

  • 依存型言語Idrisが1.0に

    アルファ相当になったことを報告して数ヵ月、Idrisの作者で英国セント・アンドルーズ大学のコンピュータサイエンス講師であるEdwin Brady氏が、Idris 1.0のリリースを発表した。

  • LightbendがOpsClarity買収について語る

    BoldRadiusを9ヶ月前に買収したLightbendが、リアクティブアプリケーション監視を専門とする企業であるOpsClarityの買収を発表した。InfoQはLightbendの社長兼最高経営責任者であるMark Brewer氏と、OpsClarityの共同創立者で現在はLightbendのクラウドサービス担当VPであるAlan Ngai氏に、今回の新たなパートナシップについて詳しく聞いた。

  • Idrisが間もなくバージョン1.0に

    依存型(dependent type)ベース言語のIdrisが間もなくバージョン0.99に到達する。Idrisチームによると,1.00のアルファ版として見ることができるものだ。Idris 1.0のリリースは2017年2月頃と予想される。

  • Javaの型推論は変更可能性の仕様をサポートしない

    Javaの型推論は、 ミュータブルな変数とイミュータブルな変数の区別をサポートしない予定である。ミュニティ内でこれをどのように実装すべきであるか合意を欠いているためだ。また、込み入ったケースに長く議論することを防ぐために、このようなケースのいくつかは簡潔にするために除外される予定である。JEPは対象バージョンを示していないが、Java 10の可能性が高いだろう。

  • Javaslang 3.0への道

    Javaslangは、Java 8以降に対して永続データ型と関数型制御構造を提供するオープンソースの関数型ライブラリであるが、不必要、非推奨な機能を削除するためにライブラリに重要な変更を加える見込みであるメジャーリリースバージョン3.0へのロードマップを公開した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。