BT

InfoQ ホームページ フレームワーク に関するすべてのコンテンツ

アーティクル

RSSフィード
  • ドメイン・フレームワークのススメ(第2回)

    簡単なゲームを題材として、ドメイン・フレームワークの考え方を数回の記事に分けて解説。第2回はドメイン・フレームワークの抽出と、ドメイン・フレームワークを利用して再構築されたモデル(分析モデル)のイメージを解説。

  • 実証済みのアイデアの融合: S#arp Architectureの裏側

    この記事では、Web開発における多数の成熟傾向と、クライアントに価値を提供することに対するそれらのメリット、およびS#arp Architecture(最善の手法と技術を活用しようとするASP.NET MVCをベースとしたフレームワーク)内でのそれらの使用について取り上げます。

  • Spring 2.5の新機能を使ってアプリケーションを作る(その2)

    Spring Frameworkのバージョン2.5がリリースされました。このバージョンでは、様々な拡張が加えられています。そこで、この記事では、その新しい機能を使ってアプリケーションを作ることにより、どのような機能があるかを紹介しています。

  • Spring 2.5の新機能を使ってアプリケーションを作る(その1)

    Spring Frameworkは、コンテナによってBeanのインスタンスの生成や関連付けを管理するDIコンテナです。当初のSpring Frameworkでは、XML以外に設定を記述する方法がなかったのですが、Spring Frameworkのバージョンも2.0、2.5と進むうちに様々な設定を、アノテーションを用いて記述できるようになりました。ここでは、XMLを用いて設定をしていたアプリケーションを、アノテーションを用いた方式に書き換えることにより、どれだけXMLの記述量を減らせるか、どのようなところをアノテーションで記述し、どのようなところをXMLで記述する必要があるかといったポイントを検証していきます。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。