BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ゲーム開発 に関するすべてのコンテンツ

  • CocosSharp: XamarinがCocos2D-XNAをフォーク

    Xamarinは、PCLプロジェクトに含めることができるクロスプラットフォームライブラリを作成する、2D/3Dゲームの開発フレームワークであるCocos2D-XNAをフォークした。

  • MicrosoftがTools for Unityをリリース

    約束通り、Microsoftは新しく買収したVisual StudioプラグインのUnityVSを有償のVisual Studioエディションを利用する開発者に対して、無料で提供した。このプラグインはUnityゲーム開発システムを使用している開発者の作業を大幅に向上させる。

  • Googleがオープンソースの2D物理エンジンLiquidFun 1.1をリリース

    GoogleがLiquidFun 1.1のリリースを発表した。流体シミュレーションを備えた,オープンソースの2D物理エンジンだ。ゲーム開発者とUIデザイナの両方に対して新たな可能性を開くものだ,とGoogleは述べている。またAndroid, Linux, OS Xに加えて,iOSが公式にサポートされている。

  • Google Play Games - EventとQuest, Saved Games

    Google Play Gamesサービスが先月,EventとQuest,そして新たにSave Game APIを導入した。C++とiOS SDKではすでに,これらの機能がサポートされている。

  • Google、FlatBuffersをオープンソース化: 効率の良いクロスプラットフォームのシリアライゼーションライブラリ

    Google "Fun Propulsion Labs" チームがFlatBuffersをオープンソース化した。FlatBuffersは特にゲーム開発者のパフォーマンス要求をサポートするために作られており、シリアライズされたデータをバッファに格納する。バッファはパースのオーバーヘッドなしに、ファイルに格納したり、そのままネットワークに伝送したりすることができる。

  • Splitforceがモバイル向けA/Bテストツールをアップデート

    多くの企業にとってモバイルアプリケーションの振る舞いテストはますます重要になっている。ほとんどの企業がまだ本当の"モバイルファースト"を実現できていないものの、モバイルアプリはビジネスの一部を動かしている。Splitforceは2013年にA/Bテストを使ったモバイルアプリケーションの最適化ツールを発表した。そして、同社は近頃、このツールの最新バージョンの提供を始めた。ユーザインターフェースの改善に加え、新しいバージョンでは新しい機能を提供する。ユーザーターゲティングや振る舞いデータに基づいたテスト、自動最適化などだ。

  • MozillaとUnityが協力してウェブのゲームを変える

    MozillaとUnityは協力してWebGLとMozillaのasm.jsを使���て、Unityのゲームエンジンとウェブの世界に持ち込むことを発表した。

  • Google Play Services 4.1がドライブサポートを追加

    GoogleはPlay Servicesをアップデートして,ドライブやターンベースのマルチプレイヤゲーム,新たな広告ネットワークのサポートを追加した。

  • モバイルアプリケーション向けA/Bテストを提供するSplitforce

    企業のIT戦略でモバイルアプリケーションがますます重要になるにつれて、アプリケーションをテストし分析することがより重要になってきた。ユニットテストを使ったテストなどコードの機能的なテストはすべてのソフトウエアプロジェクトで実施されているだろうが、ユーザの振る舞いを分析しコンバージョン率を最大化するのはモバイル分野ではまだ未開拓だ。

  • Apportable、AndroidにObjective-Cを持ち込む

    ApportableはiOS開発者がAndroid向けソフトウェアを配布する可能性をもたらす。Apportable SDKとコマンドラインツールを使うことで、プログラマはObjective-Cのコードに大きく手を加えることなく、アプリをクロスコンパイルすることができる。また、Apportableはアプリ変換サービスも提供する。

  • クロスプラットフォームのソーシャルスコアボードを提供するOpenKit

    2012年後半にOpenFeintがサービスを停止したとき、多くのiOSとAndroidゲーム開発者は、作品にソーシャルネットワークへの接続できる機能を搭載できなくなってしまった。Fruit Ninja、Fieldrunners、Pocket Godというような人気のゲームが影響を受けた。そして今、OpenFeintの共同創業者がOpenKitをリリースした。これはOpenFeintの後継のAPIであり、クロスプラットフォームのソーシャル機能を提供する。

  • RubyでiOSゲームを開発する

    Barcelona Ruby Conferenceにおいて、Integrallisの創業者であるBrian Sam-Bodden氏が、RubyMotionとオープンソースの2Dグラフィックライブラリを使って、Objective-Cの知識なしにRubyでiOSの2Dゲームをすばやく作る方法についてデモをした。

  • DNN Social :ゲーミフィケーション,アナリティクス,アイディエーション,ブログ,フォーラムでユーザインタラクションをシンプルに

    DNN Socialはブログやディスカッションフォーラム,FAQなどのサイトインターフェースによるユーザインタラクションを実現するプロダクトだ。ゲーミフィケーションやアナリティクス,アイディエーション,アクティビティストリームといった機能を提供すると同時に,サイト管理者によるインタラクションの有効性評価も可能にする。

  • KeyboardJS 0.4.1 リリース

    KeyboardJS は JavaScriptによるキーボード処理を容易にするために開発されたライブラリだ。先月リリースされた0.4.1では多くのバグフィックスと新たな機能が提供されている。

  • Unity 3.3がAndroidのサポートを追加

    Unity technologiesは、3/1に、人気のゲーム開発ツールであるUnityがAndroidをサポートするアナウンスした。価格モデルは、iOS用と同じで Unity Androidが400ドルで、Unity Android Proが1500ドルだ。

BT