BT

InfoQ ホームページ git に関するすべてのコンテンツ

  • GitHubのインシデント分析がサービスの信頼性を改善する方法を示す

    2018年10月21日、GitHubユーザは、日常のメンテナンス作業が原因のインシデントにより、24時間のサービス低下を経験した。古くて一貫性のない情報が表示され、24時間、ウェブフックと他の内部サービスが利用できなくなった。GitHubの事後インシデントレポートは、どこで問題が起きたかを示し、サイト信頼性を改善する解決策を述べている。

  • GitHubが開発者向けのワークフローツールをリリース:Actions、Suggested Changes、.NET/Java向けのSecurity Alerts

    サンフランシスコで開催されたGitHub Universeで、GitHubは、開発者に対して、アクション、推奨される変更、.NETとJava向けのセキュリティアラートなどのワークフローをより効果的にするための、新しい多くのツールを発表した。

  • 新たなGit Submoduleの脆弱性にパッチが当てられた

    Gitコミュニティは、cloneおよびsubmoduleコマンドに影響を及ぼすセキュリティ脆弱性を公開した。これは、脆弱性のあるマシンが悪意のあるリポジトリにアクセスした時、リモートコードの実行を可能にするというものだ。この脆弱性はMitreによってCVE–2018–17456にアサインされ、Git 2.19.1で修正された。

  • GitHubが学習コンテンツを拡大

    GitHub Learning Labは、すべてのスキルレベルの人々がGitHubを使用できるように、今年初めに開始されたイニシアチブである。GitHubは4つの新しいコースをリリースした。新しいコースは、GitHubへのアップロード、GitHubへの移行、Community Starter Kit、HTMLの導入である。

  • GithubエンジニアリングがMySQL高可用性のために新しいアーキテクチャを採用

    Github.comは、API、認証、Github.comのウェブサイトなど多くの重要なサービスのバックボーンとしてMySQLを使用している。Githubのエンジニアリングチームは、以前のDNSとVIPベースの設定をOrchestrator、Consul、Github Load Balancerに基づく設定に置き換え、スプリットブレインとDNSキャッシュの問題を回避した。

  • MicrosoftがGitHubを75億ドルで買収

    Microsoftは、ソフトウェア開発プラットフォームであり、バージョン管理にGitを使用したWebベースのホスティングサービスであるGitHubの買収で合意したことを発表した。契約は年内に締結される予定で、両社は共に、GitHubは今後もオープンなプラットフォームとして存続し、あらゆるツールの使用とあらゆるプラットフォームへのデプロイのサポートを約束すると述べている。

  • GitHub Checks APIにより、アプリは高度な継続的インテグレーションが可能に

    GitHub Checks APIは、コードチェックを継続的なインテグレーションワークフローに統合することを目的としている。たとえば、これはソースファイルを診断し、プルリクエストビューに直接結果を表示することを意味する。フィードバックは、問題の原因となるコード行を示すなど、必要に応じて詳細に記述することができるため、コミットの作成者は問題を修正してコードを改めてチェックすることができる。

  • GitHubセキュリティアラートが400万以上の脆弱性を検出

    昨年10月にリリースされたGitHubのセキュリティアラートは、開発者がRubyやJavaScriptプロジェクトから脆弱性を取り除くために要する時間を大幅に短縮したとGitHubは述べている。

  • OSSライセンスの遵守を簡単にするGitHub Licensed

    GitHub Licensedは、オープンソースのツールであり、GitHub上のプロジェクトの依存物のライセンスの正しさの保証とドキュメント化に関する雑務を単純にしてくれる。

  • GoがGitHubプルリクエストを通してパッチ可能に

    GoogleはGo開発用のGitHub PRから、Goの上流GitサーバであるGerritへのミラーリングを開始した。そのため、開発者がGo開発に貢献しやすくなった。

  • GitHubはコミット時に複数の著者をサポート

    GitHubはコミット時に複数の著者をサポートすることを始めた。この新機能は、同じコミットやプルリクエストで作業するそれぞれの開発者のコラボレーションを改善することを目的としている。すべての著者が、自身のコミットの貢献を、プロファイル貢献グラフや、リポジトリの統計に確実に反映させることができる。

  • GitHubによる2018年の最もホットな技術トレンド

    データ、ワークフロー統合、オープンソースツールが、2018年に企業が成功する鍵を握るトレンドの1つだ、GitHubの技術担当シニアバイスプレジデントであるJason Warner氏は語る。

  • GitHubがセキュリティ警告機能をローンチ

    GitHubは、既知の脆弱性に対してプロジェクトの依存関係をスキャンする新しいセキュリティ警告機能をローンチした。脆弱性が見つかると、自動的にユーザーに警告し、脆弱性の重大度と解決手順を含んだ詳細な情報を提示する。

  • いかにしてGitHubはSpokesでデータセンタ間レプリケーションを実現したか

    GitHubのインフラストラクチャエンジニアであるMicheal Haggerty氏が、同社のレプリケーションシステムであるSpkesを遠隔地で動作させるために、GitHubが実施したエンジニアリングについて解説したブログを発表した。この中には、ラウンドトリップの削減、3フェーズコミットの導入、参照更新パフォーマンスの最適化など、さまざまな調整が含まれている。

  • GitHubが依存性グラフとセキュリティ警告を導入

    GitHubはUniverseカンファレンスで、コードをより安全にするための機能を数多く発表した。その中には依存性グラフと、その上に構築されたセキュリティ警告が含まれている。さらに開発者が関心を持つであろうプロジェクトの発見を支援するリコメンダや、コレクションやトピック、その他リソースのキュレーションが可能な新しいExploreエクスペリエンスも提供される。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。