BT

InfoQ ホームページ Groovy に関するすべてのコンテンツ

アーティクル

RSSフィード
  • Groovy 2.0の新機能

    新しくリリースされたGroovy 2.0は、この言語に静的型チェックや静的コンパイルといった重要な静的機能を導入します。Project Coinのシンタックス拡張や新しいJVM命令"invokedynamic"のサポートといったJDK 7対応の改良も取り入れられ、また、以前に比べよりモジュール化されています。この記事ではこれらの新機能をより詳しく見ていきます。

  • 「Groovy & Grails eXchange 2011」in London 参加レポート(1/3)

    2011年12月8日~2011年12月9日に、ロンドンのSkills Matter eXchangeにて開催された「Groovy & Grails eXchange 2011」の参加報告を、日本Grails/Groovyユーザーグループのメンバーが3回に渡って紹介します。

  • GroovyServ - 高速起動Groovy -

    GroovyServは、筆者が所属しているNTTソフトウェア株式会社において、Apache License, Version 2.0に基づき開発・公開しているオープンソースソフトウェアです。現在、Mac OS X、Linux、Windows版で動作確認を行い、これらの環境用のバイナリ版も公開しています 本記事ではGroovyServを紹介します。GroovyServの基本的なアイデアの説明に始まり、実際の効果を示した上で、導入方法と簡単な使い方、応用例などについても説明します。

  • Groovy 1.6で注目の新機能 - Groovyの開発リーダーによる解説

    SpringSource社におけるGroovy開発トップのGroovyプロジェクトマネージャであるGuillaume Laforge氏が新しくリリースされたGroovy 1.6の注目の新機能について概要説明をおこなってくれます。

  • GrailsとFlexによるJEEアプリケーション作成

    GrailsとFlexは、ソフトウェアスタックのさまざまなパーツで大きな利点があります。この新しい記事では、お互いの強みを利用するために、どのように結びつくのかを考えます。

  • Acegi SecurityでセキュアなGrailsアプリケーションを作る

    本稿では、Grailsのサンプルアプリケーションを通じてgrails-acegiプラグインの統合について説明します。この統合には、Groovy、Grails、Acegi Securityの3つの主要コンポーネントがあります。

  • Groovy 1.5の新機能

    今日では、あらゆるメジャーなエンタープライズフレームワークはアノテーションやEnum、ジェネリックスと言った機能を必要としており、それらが使用される範囲は最大限広げられつつあります。幸運なことにGroovy 1.5ではこうしたJava 5の機能が全てサポートされ、開発者はプロジェクト内においてそのメリットを享受することができます。アノテーションやEnum、ジェネリックスが Groovyでどのように使われているかを見ていきましょう。

  • 書籍からの抜粋・書評

    The Groovy language is bringing many of the features that have become popular in Ruby to Java and the JVM. Groovy in Action by Dierk Koenig, Andrew Glover, Paul King, Guillaume Laforge and Jon Skeet provides a guided tour to learning the language and places it can be put to use. . InfoQ is excited to present an excerpt of the book of along with a review by Grails team member Jason Rudolph.

  • Groovyを使ってAOPを簡単に

    Javaに似たシンタックスを持つJVM動的言語のGroovyは、AOPの模倣を容易にする見事なほど強力な機能を誇ります。今回の記事はGroovyに焦点を合わせ、またRubyとの比較を行います。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。