BT

InfoQ ホームページ 歴史 に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • DevOps考古学でプロダクションを理解する

    Continuous Lifecycle Londonで、Lee Fox氏は、今日の複雑なシステムとインフラを理解するのに役立つツールと手法について語った。彼はこれをDevOps考古学と呼んでいる。

  • Eric Evans氏: ドメイン駆動設計は、以前より以上に妥当性を獲得している

    ドメイン駆動設計の著者、Eric Evans氏は、2003年に書いた本のコンセプトは、14年前よりも今のほうがより現実の問題に関連していると言った。様々なツールや技術が拡張されて、そのいくつかは、私たちが過去に持っていたものよりもよりDDDの原則に合っている。「DDDは技術に関するものではないが、技術に無関係な訳でもない」とEvans氏は言った。

  • 多様性を高めるためにソフトウェア開発者のイメージを変える

    ソフトウェア業界でより高いレベルの多様性に達するため、自分と似た人ばかりを雇うサイクルを打ち破らなければならない、とBirgitta Böckeler氏は言う。彼女によれば、事はゆっくりと変わっているという。組織は段々と多様性の受け入れに目を向けてきている。世の中にはたくさんの素晴らしい、そして幸せなソフトウェア開発者になれるかもしれない人々が大勢いるが、彼らはそれに気付くことすらない。

  • SysAdvent: DevOpsの今年の総括とこれまでの歴史

    毎年12月、SysAdventコミュニティは25の記事をクリスマスまで1日ひとつ公開している。これらの記事はDevOpsトピックに関する幅広い記事を扱っている。話題は、低いレベルのsysadminツールから人やプロセスの問題までさまざまだ。SysAdvent 2014は現在のところ、20本の記事が公開されている。それぞれのSysAdventはその年のスナップショットのようになり、DevOpsの歴史を追跡することも可能だ。

  • Miguel de Icaza 氏の Monospace キーノート

    RedMonk こと Michael Cote 氏は,Miguel de Icaza 氏の Monospace でのキーノートの音声記録を公開している。Miguel はそこで Mono の歴史と将来計画,Silverlight についての講演と Linux アプライアンス構築のデモを行った。

  • デマルコ、ソフトウエアエンジニアリングの40年間を振り返る

    NATOのソフトウエアエンジニアリング会議から40年経ち、トム・デマルコはソフトウエアエンジニアリングの信念の進化において、自身が支持したメトリクス指向の方法論が、"変革を起こすこと。世界を変えるソフトウエアを作ること。"を目的にする現実の開発現場では、本当は邪魔になっていたのではないかと、振り返った。それとも、彼の当初の助言はやはり有効なのだろうか。彼自身は、"有効ではなかった"と、Software Engineering誌の"時代はやって来て、そして過ぎ去ってしまったのか"と題した記事で書いている。

  • ロードオブザリング: Web Style

    BTのPaul Downey氏はFellowship of the RingかもしくはBilboによって使用されているスタイルでWeb用のアドベンチャーマップを作った。それには歴史的観点、標準との関係、他の素晴らしい可視化に関する事項が記載されている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。