BT

InfoQ ホームページ HTML5 に関するすべてのコンテンツ

アーティクル

RSSフィード
  • JavaScriptとWeb開発に関するInfoQトレンドレポート

    このInfoQトレンドレポートでは、JavaScript、HTML、CSS、およびWeb開発に関する現在のトレンドを取り上げ、採用がさらに進んでいるテクノロジとオプション、そして寿命が近づいているものについて説明する。新しいJavaScript、CSS、HTML、WebAssembly標準、ならびにフレームワークやその他Webテクノロジの普及は、引き続き大幅に加速している。

  • 「ハードウェア性能を最大限に引き出すソフトウェア開発」に注力するインテル

    現在、組込システムやWeb/モバイルシステムの両方の開発分野では、ハードウェア性能を最大限に引き出すためのソフトウェア開発ソリューションが必要になってきている。そこで、インテルはソフトウェア開発に対する技術・ソリューションとして、2つの製品を開発者へ提供している。 1)IA搭載機器の開発に最適化された「インテル® System Studio 2014」 2)無料のモバイルアプリケーション開発環境「インテル® XDK」 その結果、製品を利用したソフトウェア開発者は、プロセッサーの性能を最大限に引き出し、さまざまなモバイルプラットフォームで動作するアプリケーションを容易に開発できるようになる。インタビューの中で、インテルが今後、組込システムとWeb/モバイルシステムの両方の開発分野において、テクノロジーとナレッジの両面からソフトウェア開発者をサポートする体制を整えつつあることがわかった。

  • hifive: 国産のWebクライアント開発フレームワーク

    hifiveは、HTML5で記述されたWebクライアント開発向けオープンソースフレームワークである。Backbone.jsやKnockout等最近多く出てきているJavaScript向けMV*フレームワークの一種であり、コードにMVC型の構造を与え、多人数で並列開発��行う際の記述の統一・ビュー/ロジックの分離・メンテナンス性の向上などを可能にする。

  • Windows デバイスで開発するタッチユーザーインターフェイス

    スマートフォンを中心としたマルチデバイスにおけるタッチユーザーインターフェイスへの対応は、既に必須の項目となりつつある。また、9月に新しいWindows である Windows 8 が発表され、その環境が” touch first ” となり、圧倒的多数のPCにおいても検討が避けられない状況となっている。本記事では、Windows デバイスにおける UX のベースとなっている「メトロ」というデザイン言語を掘り下げながら、既存環境を意識しつつもどのようにタッチユーザーインターフェイス開発に取り組んでいくべきであるかについて解説していく。

  • HTML 5かSilverlightか?

    HTML5は草案だが、クロスプラットフォームソリューションにおける究極的な役割は既成事実である。HTMLが「すべてにおいて唯一のクロスプラットフォームソリューション」であることは、マイクロソフトも認めている。しかし、多くの場合、Silverlightと比較して、まだ多くの制限がある。 SyncfusionのDaniel Jebaraj氏の将来におけるSilverlightとHTML5の状況について、2つをどうやって選択するかのガイダンスとともに考察した。

  • 本の抜粋とインタビュー: Pro HTML5 Programming

    Peter Lubbers氏、Brian Albers氏、Frank Salim氏によって書かれたPro HTML5 Programmingは、開発者がモダン・ブラウザの潜在能力を活用したHTML5アプリケーションを開発するのを支援することを目的として書かれた本だ。注力している分野は、次のようなものだ。Communication APIs、Canvas API、Geolocation API、Web Sockets API、Web Storage API、Web Workers API、そしてHTML5 Audio and Video。

  • Google Gearsの現状、そして未来を占う

    この記事では、現在Gearsが提供している機能を学び直すとともに、Gearsが将来備える可能性のある機能を紹介することで、Gearsが目指すものを明らかにしていきたいと思います。そして最後に筆者の私見も交えつつ、Web技術の将来像について少し想像を巡らせたいと思います。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。