BT

InfoQ ホームページ HTML5 に関するすべてのコンテンツ

  • Howler.js、モダンなWebのためのオーディオライブラリ

    Howler.jsは、Web Audio APIのサポートとHTML5 Audioへのフォールバックメカニズムを備えたモダンなオーディオライブラリを提供する。このプロジェクトが目指しているのは、JavaScriptによるオーディオを用いたクロスプラットフォーム開発を簡単にすることだ。

  • WorkerDOMはJavaScriptプログラミングにDOM並行処理を加える

    今年のJSConfの大きなニュースはWeb WorkerでDOMを利用可能にするJavaScriptライブラリであり、開発者がマルチコアプロセッサアーキテクチャを活用してWebパフォーマンスを向上させることができるWorkerDOMが紹介されたことである。

  • Next.js 7がリリース、ビルドが40%高速に

    Next.jsチームがオープンソースのReactフレームワークNext.js version 7を発表した。今回のリリースは、全体的な開発者体験の向上にフォーカスしており、開発における起動時間57%高速化およびビルド時間40%高速化、エラーレポートの改善、WebAssemblyのサポートといったものが含まれている。

  • WebhintオープンソースLintingツール

    webhintプロジェクトは、アクセシビリティ、パフォーマンス、およびセキュリティに関する問題をチェックするためのオープンソースのlintingツールを提供する。 WebサイトやWebアプリの作成には、詳細まで完璧なものが増えている。webhintは、開発者がこれらの詳細を覚えておくの���役立つ。

  • Propel:Node.js創設者が提供する科学計算用JavaScriptライブラリ

    Propelは、GPUハードウェアを活用した新しいJavaScript科学計算ライブラリであり、JavaScriptで機械学習やその他の科学計算をサポートする。

  • jQuery 3.3.1が公開、チームは4.0の開発へ

    jQuery 3.3.1がリリースされた。ひとつの新機能と、いくつかの非推奨機能を含む。非推奨はjQuery 4.0に備えたものだ。jQuery 4.0に関する新たな情報は多くないが、完全なリライトが予定されている。

  • Bootstrap 4がリリース、しかしその必要性に疑問も

    3年の開発期間を経て、フロントエンドフレームワークのBootstrap 4がリリースされた。しかしながら、Mark Otto氏が最初にコミットしていた頃とはWebの世界がまったく変わっていることから、その必要性には疑問が持たれている。

  • W3CはHTML 5.2を公式勧告としてリリースした

    2017年12月14日、W3CはHTML仕様の更新版であるHTML 5.2をリリースした。このアップデートでは、dialogエレメントのような新しい機能が追加され、HTMLプラグインシステムのような古いものが廃止され、Payment Request APIやPresentation APIのサポートなどのW3Cコミッティーが統合された。

  • Slackデスクトップは3.0でBrowserViewに移行した

    Slackは先日、多くのパフォーマンス改善とバグ修正をしたバージョン3.0を開発し、ベータチャネルで提供した。その中核は、ElectronコンポーネントであるwebViewから、より新しく、安定したbrowserViewに移行した。SlackのエンジニアであるCharlie Hess氏この変更の概要をブログで公開した。

  • Microsoft、Google、MozillaがWebドキュメントで提携へ

    ブラウザの主要3ベンダが共同で、それぞれのWeb APIリファレンスドキュメントをMozillaのMDNに統一するとともに、今後の取り組みを支援するアドバイザリグループを立ち上げると発表した。このグループではMDNを、Webプラットフォームドキュメントおよびリファレンスのための唯一の正式資料(single point of truth)として運用を開始する。

  • W3CがDRMを勧告として採択

    メンバによる採決の結果、World Wide Web Consortiumは、EME(Encrypted Media Extensions)を正式な勧告として採用し、クローズドソースのDRM(Digital Rights Management)を公式仕様とした。この結果、EFFはW3Cから撤退した。

  • Adobe、2020年でFlashのサポートを終了

    AdobeがFlashを2020年末で終了することを発表した。ブラウザベンダーはそれぞれのブラウザでFlashを段階的に廃止していくタイムラインを公表している。

  • Webドキュメント改善のためMozillaがMDNを一新する

    MozillaはMDN一新計画を発表した。MDNはMDN Web Docsのままではあるが、製品ドキュメントとは分けられる。開発者の間では、MDNは高品質のドキュメントで人気のある場所の1つとして知られている。Mozillaは"MDNがWebのドキュメントでもっともよい唯一のリソース"となることを望んでいる。

  • Safari 11に新機能追加、プライバシー改善

    AppleはWebブラウザの最新バージョン、Safari 11を公開した。これはiOSとmacOSで利用でき、WebRTCとWebAssemblyに対応する。また、Web上を移動するユーザーをサードパーティがトラッキングしにくくするという、新しいトラッキングブロッカーも含まれている。

  • Microsoft EdgeのアップデートはWebVRをサポートして、FlashをClick-to-Runにした

    Microsoftは2017年にWindows 10のビルド15002をエンドユーザー提供し、開発者にはMicrosoft Edgeのマルチプロセスモデルの新しUWPアーキテクチャとFlashコンテンツのclick-to-runを提供する。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。