BT
rss
人のフォロワー

仕事における内向、両向、外向

作者: Shane Hastie フォローする 18 人のフォロワー , 翻訳者 西村 美沙 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年2月22日 午前2時30分

内向と外向はバイナリな性格タイプではない;ヒトはこの2つのタイプの間のどこかに落ち着いている。そのとき身が置かれているコンテキストにより振る舞い方も変わる。事実、人口の大多数は両向型である。これらの違いを理解することは、より効果的なコミュニケーションやチームワークに役立つ。

人のフォロワー

アジャイルになるための勇気

作者: Ben Linders フォローする 23 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年3月16日 午後8時44分

勇敢であるということは、たとえ怖かったとしても、必要なことをする、ということだ。アジャイルの最も重要な点はうまくいっていないことを調査し思い切って変革することだ。小さな実験から始めて、解決策を見つける。もしそれがうまくいかなかったから、それをやめればいい。

人のフォロワー

個人のムードのチームに対する影響についてGerald Weinberg氏に聞く

作者: Ben Linders フォローする 23 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2015年1月2日 午後5時38分

InfoQはチームのムードに影響を与える要因について、調査を進めている。チームのムードはメンバ個々人のムードの統合なので、個々人のムードと、それがチームの働きにどのように影響しているのかを理解することによって、チームのムードについてより理解が高まるだろう。InfoQはGerald Weinberg氏に、個人とチームのムード、個人のムードに影響を与えること、チームのムードについて議論すること、など話を聞いた。

人のフォロワー

DevOps Days Amsterdam 第1日,話題は継続的デリバリとDevOps文化

作者: Manuel Pais フォローする 9 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2013年6月20日 午後9時46分

DevOps Days Amsterdam の初日は,継続的デリバリ (continuous delivery) とオートメーションの側と,組織内の DevOps文化を 促進する側の間で,関心の的が分かれていた。継続的デリバリの話題では,デリバリのパイプラインを自動化する方法に加えて,システム障害時における自動復旧の手法が注目を集めていた。文化に関する側の議論では,文化的変化の導入を成功させる上で個々の性格タイプを考慮する必要性や,企業文化の確立が雇用にもたらす肯定的影響などの成果があった。

人のフォロワー

アジャイルとは誠実であること

作者: Mike Bria フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 畠山 貴 - (株)永和システムマネジメント フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2008年10月28日 午後6時2分

アジャイルに関する話題はプラクティスのような人々が日々行っている形あるもの、「アジャイル開発プロセス」に偏りがちである。しかし、プロセスの中ではなくプリンシプル(原則)の中にこそ本当のアジャイルさは存在する。

人のフォロワー

誠実さはアジャイルにとって価値と言えるか?

作者: Amr Elssamadisy フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 近藤 修平 - (株)永和システムマネジメント フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2008年8月9日 午前12時10分

Declan Whelan氏は示唆に富むブログを書いている。その記事では、Mishkin Berteig氏から学んだという思想に言及し、成功するアジャイルチームには(暗黙の)原則として、「誠実さ」があるという。

人のフォロワー

XPにフィットするかを見極める方法

作者: Vikas Hazrati フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 平田 守幸 - (株)永和システムマネジメント フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2008年7月30日 午前6時10分

多くのアジャイラーたちは、誰もがアジャイルに馴染むわけではないと考えている。人によっては、アジャイルの哲学にうまくフィットせず、否定的な傾向をチームにもたらす。XPグループ上で、人がXPにうまくフィットするかを見極める方法について興味深い議論があった。

人のフォロワー

世界的に有名なオーケストラがスクラムに似た手法を採用

作者: Chris Sims フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2008年7月28日 午後12時38分

スクラムチームには指名されたチームリーダーがいない。チームは自己管理することが望まれる。同様に、世界的に有名なオーケストラは、チームでリーダーシップを共有して決定を行うというプロセスを支持し、指揮者の役割を完全に省いた。その過程で、スクラムチームが利益を享受できるような連携方法とレッスンを身につけた。

人のフォロワー

アジャイルチームで投票によって誰かを島から追放する

作者: Vikas Hazrati フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 沼田 暁子 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2008年7月7日 午後9時45分

アジャイルチームは自己組織化されていてエネルギーがみなぎっていると知られている。彼らは高い仲間意識を示し、その結果、かなりの生産性と効率性がもたらされる。しかし、時々、アジャイルチームの誰かがうまく溶け込めず、チーム全体の速度を落とすことがあるかもしれない。アジャイルコミュニティの何人かのメンバが「投票で誰かを島から追放する」シナリオについて議論している。

人のフォロワー

階層アーキテクチャは開発者と彼らが作るソフトウェアの間にギャップを生むか?

作者: Sadek Drobi フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 岡田 英久 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2008年1月7日 午前6時31分

今日のソフトウェアコミュニティにおける努力の多くは、ソフトウェア開発のプロとビジネスピープルとの間のギャップを解消するための橋渡しを目標としているが、一部のブロガーは問題をすこし異なった視点から見ており、開発者と彼らが作るソフトウェアとの間のギャップを強調している。

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT