BT

InfoQ ホームページ Java+.NET に関するすべてのコンテンツ

アーティクル

RSSフィード
  • SilverlightとJavaのインターオペラビリティ

    マイクロソフトのRobert Bellが、SilverlightとJavaを使用したインターオペラビリティのシナリオを紹介し、サンプルコードを例にとってアーキテクチャの手引きを提供します。

  • Javaを使ってOffice2007をクラックする

    最近の連載、「Officeのリッチクライアントアプリケーション」で、我々は、基準としてOffice2007プラットフォームを使い、様々な異なる方法でJavaテクノロジーと相互運用するリッチクライアントアプリケーションをどこから構築するかについて議論しました。その際にカバーされなかった OfficeとJavaの相互運用性の1領域は恐らく最も古びた方法になっているでしょう。

  • 事例研究:合併後の統合アーキテクチャへの新しいアプローチをLawsonに見る

    本事例研究では、Lawson Software, Inc.がIntentia International ABと合併した際に開発担当者が直面した課題に対するアプローチを研究するとともに、ソリューションとシステム全体のアーキテクチャに関するいくつかの興味深い面を技術的な観点から詳細に見ていきます。

  • クレイジーなWebサービス標準の全てを理解する

    Michele Leroux Bustamanteが、現在使われているWS-*の標準の中で、Webサービスプラットフォーム(Javaと.Netにフォーカスしています)に共通した実装や、採用や準備の度合いなど、関連性の高いものについて説明しています。

  • Rich Officeクライアントアプリケーション

    知恵のあるJava開発者をずっと避け続けている、興味深い一面に、別のクライアントプラットフォームがあります。これは、すでにユーザのデスクトップのほぼすべてに存在し、ユーザインターフェイスオプションとして驚くほどの量の能力と柔軟性を提供し、リリースされたすべてに集中的な研究を経た親しみやすいユーザ対話型形式を提供しています。もちろん、Microsoft OfficeプラットフォームのWord、Excel、Outlook、PowerPoint、InfoPathのことを話しています。

  • JMSとSpring.NETを使用したメッセージ連携

    Mark Pollack氏が、SpringとSpring.Netを使って、Javaと.Netのインターオペラビリティのデモンストレーションをお見せします。内容としては、.NETとJavaの間のコミュニケーションの基盤としてMOMを使用し、ローカルLANで動作する単純な株取引アプリケーションの中で、.NETクライアントとJavaの中間層が連携するというものです。

  • 進行中の相互運用

    あまり知られてはいませんが、非常によく使用されている2つのマネージド環境(JVMとCLR)は実際には、共有ライブラリセットにすぎません。それぞれが実行コードにメモリ管理やスレッド管理、コードコンパイル(JIT)などのサービスを提供しています。このため、同じオペレーティングシステムプロセス内でJVMとCLRの両方を用いることは大きな問題にはなりません。どのプロセスでも、ほぼすべての共有ライブラリをロードできるためです。

  • リッチクライアントテクノロジーとしてのWPF

    この記事では、WPFとその他のテクノロジー、たとえばAjax/DHTML、Swing、そしてFlashを比較します。そして、Javaをベースとしたバックエンドのサービスを例として用いて、WPFフロントエンドを構築してリッチクライアントとして役立たせるいくつかのシナリオをお見せしたいと思います。

  • 事例研究:IPテレフォニー統合

    2回目となるInfoQの事例研究では、テレフォニー分野の興味深いソリューションに目を向けます。本事例研究では、LiteScapeのソフトウェアソリューションの内容に注目し、まず要求事項から始め、Javaおよび .NET実装のアーキテクチャ面の概要に触れ、WebEX/LiveMeetingと電話との統合、Java/.NET統合の相互運用性、同じマシンにインストールされたシステム間の通信におけるHTTP通信とIPC通信の比較といったプロジェクトの興味深い技術的側面をいくつかクローズアップしながら、最後にプロジェクトから学んだ総括的な教訓について説明します。

  • Java、.NET、でもなぜ一緒に?

    歴史的に、Java/.NET間の相互運用性についての議論は、.NETとJavaのシステムのどちらも持ち、対話させることが必要な特定の企業においてのみ発生する、"必要なときのみ"の相互運用性という見出しの元でしか行われてこず、アーキテクチャの話題の二の次とされていました。しかし、それらの議論から抜け落ちているものがあります。それは、開発者には「必要だから」という場合でなくともJavaと.NETをともに動作させたい場合があり、その動機についての議論です。

  • シンプルな JAVA と .NET SOA の相互運用性

    この記事では、単純なテクノロジーと文書を中心としたアプローチを組み合わせることによって、独自のミドルウェアや複雑なWebサービススタックを利用せずに、価値の高いビジネスサービスを実現する方法について説明します。この発想は、RESTのアーキテクチャ様式や HTTP上でXMLを移動する機能から生まれたものです。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。